女性漫画

速水社長は今日も好きって言わせたい【ネタバレ4話】嫉妬して欲しい!

『速水社長は今日も好きって言わせたい』 容姿端麗、頭脳明晰で将来は大企業の次期社長の速水。今まで女性から誘われることばかりだったのに、最近政略結婚した女子大生の妻・史華は嫌がる素振りしかしないのでイライラしていて・・・?

旅館で目を覚ました史華は、二日酔いで昨夜の記憶が全然ありません。好きと言えば昨夜のことを教えてやると速水は言いますが、史華は頑なに言いません。するとますます速水の闘争心に火がついて・・・!?

『速水社長は今日も好きって言わせたい』4話のネタバレを紹介します!

『速水社長は今日も好きって言わせたい』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/ \画像クリックで無料試し読み/

『速水社長は今日も好きって言わせたい』4話 ネタバレ!

速水はあの日、

恋を自覚した日から、

史華が可愛く見えて仕方ありません。

史華は洗面所で、なかなか消えない首のキスマークを見て顔を赤くします。

その様子を見ていた速水は、キスマーク如きでそこまで赤くなれるの可愛くないか?

あの夜のことは本当に覚えてないみたいだけど、そんな首筋なんかよりもっと深いところまで触れたこと・・・もし知ったら、お前はどんな反応するんだろう・・・?

速水は背中も見てやろうか?と言って、後ろから史華の服をたくしあげます。

やらしいな、コソコソとキスマーク確認なんてと速水が言います。

史華はそんな変な意味はなくて・・・とさらに顔を赤らめます。

コレつけられた時のこと考えてた?それとも消えるのが名残惜しかった?と言いながら、エプロンのリボンをシュルッと解くと、首筋にキスをしながら、胸を揉みます。

んんっ、あっ・・・そこはダメでっ・・・史華は感じてしまいます。

あの日から、速水さんは変わった気がします。

キスが・・・

触れる手が・・・

囁く声が優しくて、

まるで好かれているようで、ドキドキします。

これが気のせいじゃなかったらいいのにな・・・と史華は思います。

一方、速水はキスに抵抗がなくなってきていることに気づきます。

正直、今すぐ抱きたいけど・・・俺を好きだと言わせて、俺への想いでいっぱいになった史華をドロドロに甘やかしてやりたいのでした。

そのためにどうするか・・・考えていると玄関のチャイムが鳴ります。

ピンポーン!

トモ君!好久不見(久しぶり)!仍然是好男人(相変わらずかっこいい)!

そう言って黒髪の美人の女性が入って来るなりすぐに速水に抱きつきます。

・・・蓮花!と速水が名前を呼びます。

ねぇ蓮花大人になったでしょ?もう子供とは言わせないよ。と蓮花が言います。

史華は彼女が一体誰なのか気になります。

速水は妻を紹介するよと言って、史華においでおいでをします。

どうしよう・・・まだ掃除してた格好のままです。

史華、おいでと速水が呼びます。

自分の名前を呼ばれた史華は胸がキュンとしました。

蓮花は社長令嬢で、速水とは昔からパーティーで顔を合わせる仲でしたが、妙に速水には懐いているのでした。

史華が幼馴染みたいな感じですか?と訊くと、蓮花は速水にぎゅーっと抱きついて、幼馴染より濃いわよ!だって婚約者だもん!と言いました。

速水のおじい様に反対されてしまいましたが、それさえなかったら史華なんて選ばれるはずない!といきなり蓮花は敵意を剥き出しにします。

格好もダサいし、田舎臭いし、蓮花の方が100万倍可愛いし!と言われた史華は返答できません。

蓮花が史華をいじめてる様子を見ていた速水はあることを思いつきました。

この状況使えるんじゃないか!?

蓮花をダシにして史華の本音を聞き出せれば・・・

「蓮花さんに取られたくない!速水さんが好きだから!」

となったら最高じゃね?

ジェラシー作戦を立てました。

早速、蓮花を誘います。

リビングで話そうか?そう言って蓮花の腰に軽く手を回します。

二人はソファーに並んで座ります。

蓮花が中国でモデルを始めたという話で盛り上がっています。

蓮花はさりげなく速水の手に自分の手を重ね、速水は蓮花の肩を抱き込むように腕を広げて座ります。

すごく仲良しだな・・・というかまるで恋人同士みたい・・・と史華は感じました。

ちょっと優しくされて思い上がってしまいましたが、やっぱり気のせいのようです。

別に私にだけ優しいわけではないと史華は思うのでした。

最近浮かれていました。

この恋に見返りを求めちゃいけないってことを忘れていました。

一方、速水は隣にいる蓮花の話もろくに聞かず、キッチンにいる史華のことが気になって仕方ありません。

おいおい史華、

全然動かねぇじゃないかよ。

家事じゃなくて嫉妬しろよ。

本当に俺のこと好きなのか?

もっと分かりやすくイチャついた方がいいのか?

史華の心を揺さぶるくらいの衝撃を与えてみようと速水は企みます。

俺の部屋行こうか?と蓮花を誘います。

蓮花は胸がキュンとしました。

う、うん!トモ君と二人でいっぱい話したいことあるし!と蓮花が言います。

速水は蓮花の肩を抱き、部屋の方へと歩き出しました。

キッチンでお皿を洗っていた史華の手が止まります。

二人きりで何話すんだろう・・・

急に史華は不安になります。

蓮花さんにも私と同じように優しく触れたりするのかな・・・?

史華の抑えていた感情が涙となって溢れ出します。

・・・っ・・・っ

必死にこらえようとししても、我慢した分だけ嗚咽となって表われます。

・・・っ・・・うっ

その声に気づいた速水は、自分の部屋に蓮花を押し込むと、バタンとドアを閉めロックします。

部屋の中からえ?トモ君?なんあのもぉー!と状況を理解できない蓮花か叫びますが、速水は気にせず史華を優しく抱きしめます。

史華の心臓が早鐘を打ちます。

ドクン、ドクン、ドクン・・・

あの、速水さん、なんで・・・と史華が言うと、ごめんと速水が謝ります。

速水はまさか史華が泣くなんて思ってもみませんでした。

揺さぶるだけで、傷つけるつもりはありませんでした。

・・・史華のいる前で軽率な行動だった。嫌な思いさせた。他の女と何かしようなんて思ってないからと速水はぎゅっと胸に史華を抱きしめたまま話します。

史華は目に泡が入っただけだと嘘をつくと、史華と速水は名前を呼びます。

そして、おでことおでこをつけて真剣な表情で話をします。

泣かせるつもりはなかったんだ。もう二度としないから。

速水は泣かせたことがこんなに辛く感じるなんて知りませんでした。

これが恋をするということなんだと知りました。

蓮花さんとはただの幼馴染なんですか?と史華が訊きます。

ああもちろんと速水が答えると、史華が良かったと言ってにっこり微笑みます。

史華の笑顔を見れた速水は胸がキュンとし、次は泣かせない方法で行こうと決意し、またぎゅっと史華を抱き締めるのでした。

一方、いきなり閉じ込められた蓮花は、完全に怒ってしまい帰ると言い出します。

悪かったな蓮花と速水が言っても、ふん!トモ君変わっちゃったね。前の方がカッコよかった。クールで誰のものにもならない感じが素敵だったのに、その女に変えられてしまったんだねと蓮花が言います。

すると速水はそうだなと素直に認めるのでした。

蓮花が怒って帰ってしまうと、速水は史華の手を引いて引き寄せます。

二人で何しよっか?史華がしたいことなんでもいいよと速水は言います。

さっき泣かせちゃったお詫びさせてよと言って優しく史華の頬を撫でます。

史華は速水の優しさに胸がトクンと高鳴ります。

じゃあ・・・と言って史華が提案すると、二人はエプロンをつけてキッチンに並んで立ってお料理を始めるのでした。

少しだけ信じてみようと思います。

優しさの意味を・・・

速水さんの言葉を・・・

もしかしたら私は特別なのかもって・・・

一方、自宅に戻った蓮花は、泣きながら傷付けられたことを兄に話します。

すると、

そうか、トモにいじめられたか・・・じゃあ次は、お兄ちゃんが仕返ししてあげようと蓮花の兄が言うのですが・・・!?

『速水社長は今日も好きって言わせたい』4話 感想

今回は神回でした!!ちょい泣きしながら読みました!!人の心って全く思い通りにならないし、予想外の展開が起きて面白いなと感じました。速水が嫉妬させようとして史華の前でわざと他の女性とイチャつくと、傷ついた史華が泣き出してしまうシーンが胸が苦しくてたまりませんでした。その後の、速水の対応も神対応でした!速水の魅力にどっぷりハマってしまいそうです!!

*まとめ*

『速水社長は今日も好きって言わせたい』4話のネタバレを紹介しました!

蓮花を怒らせてしまった速水ですが、蓮花の兄もお怒りのようです。仕返しをすると言っていましたが、史華にも危険なことが及ばないといいのですが・・・どうなるのか楽しみです!!

『速水社長は今日も好きって言わせたい』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/