TLマンガ

イジワル王子はめちゃくちゃに愛したい。【ネタバレ4話】キスする理由が知りたい

『イジワル王子はめちゃくちゃに愛したい。~疑似新婚で甘エロ調教生活』 母の再婚で初恋の広貴と兄妹になり、久しぶりに再会したわかば。喜んだのも束の間、「妹なんて思ってない」と冷たい態度を取られて・・・。

初恋の広貴とついに初体験を経験したわかば。

広貴への思いがどんどんと膨らみ始めるわかばですが、、、!?

『イジワル王子はめちゃくちゃに愛したい。~疑似新婚で甘エロ調教生活』話のネタバレを紹介します!

『イジワル王子はめちゃくちゃに愛したい』
最新刊★独占先行配信!!

『イジワル王子はめちゃくちゃに愛したい。~疑似新婚で甘エロ調教生活』4話 ネタバレ!

キッチンでカップラーメンと睨めっこしている広貴。

そこへお風呂上がりのわかばがやって来ます。

どうやらわかばの作った夕飯の量が少なかったようです。

わかばは申し訳なさそうにすると、

広貴は作ってもらえるだけでありがたいと言うのでした。

わかばはインスタントじゃ体に悪いから、何か作ろうとします。

「何か食べたいものはある?」

と質問すると、「、、、わかば」と言って、

体をグッと引き寄せるとわかばにキスをします。

キッチンのテーブルの上に、

わかばをひょいっと乗せると、

「食べるならわかばがいい」

そう言って胸を揉みはじめるのでした。

次に日の朝、

寝不足のわかばは、

コーヒーを淹れながら、

広貴との関係について考えるのでした。

何も言われてないけど、

最後までシテしまったのです。

これからどうしたらいいのだろうと

思い悩んでしまいました。

すると、ワイシャツにネクタイをビシッと締めた

広貴が「おはよう」と言って入って来ました。

わかばはコーヒーを渡します。

すると「明日、出かけないか?」と広貴は言いました。

わかばはちょうど買い物もしたかったので、

行きたい!と喜んで返事をするのでした。

そして、さっきからびくともしない瓶詰めの蓋に

わかばは悪戦苦闘していました。

すると広貴は簡単にパカッと蓋を開けてくれました。

わかばはすごいと言って感激します。

やっぱり力も強いし、手の大きさも違うし、

と言って広貴の手と自分の手を合わせて

サイズの違いを見ようとしたのですが、

手が触れた瞬間、

ドキン!と鼓動が高鳴ります。

そして広貴の指がスーッと絡まる瞬間、

パッとわかばは手を離しました。

この感覚は一体なんなんだろうと、

不思議な気分になるのでした。

最近は広貴に触れるだけで、

体が熱くなるのです。

次の日、

わかばと広貴はショッピングセンターへと

やって来ました。

わかばはバイト代でバッグを買うと、

「買ってやるのに」と広貴が言いました。

自分で使うものだから大丈夫だよと

わかばは遠慮します。

次はアクセサリーのお店へと行きます。

わかばが目をキラキラさせながら、

見ていると広貴は「どれが気に入ったんだ?」

と言ってわかばに選ばせると、

その商品を買ってくれたのでした。

レジでお会計をしている広貴を見つめながら、

どうして広貴は、私にキスしたりするのかな?

と考えてしまいます。

次はスーパーマーケットです。

わかばが調味料を選んでいると、

広貴は綺麗なお姉さん二人と

何やら話をしているようです。

やっぱり広貴はモテるのだなと

思うと同時に今までも綺麗な人と付き合ったりしたのかな

と広貴のことが気になってしまうのでした。

買い物を済ませた二人は帰宅します。

冷蔵庫に買ってきた食材を入れながら、

わかばは「今日は助かっちゃった」と

お礼を言います。

すると広貴は「もっと甘えろ」と言ってくれるのでした。

冷蔵庫のドアをパタンと閉めると、

わかばの口紅が床へ転げ落ちました。

広貴は拾い上げると、

わかばの唇に口紅を塗ります。

「綺麗な色だ、似合ってる」

と言われたわかばは、

ドキッとするような大人な表情を見せます。

すると広貴はキスをしてこう言います。

「誘ってるみたいだぞ」

わかばは嬉しくて、恥ずかしくて、

涙目になってしまいます。

「ひろくんにだけだもんっ!」

広貴はソファーに座り、

膝の上にわかばを乗せると、

わかばの下着の中に手を入れます。

わかばは気持ちよくなって、声が漏れてびしょびしょに濡れていました。

広貴は「わかばのせいだからな」と言うと、

わかばは「えっ?」と思っている間に、

服を脱がされて、

広貴も服を脱ぎます。

「あんな可愛いこと言われて我慢できるほど、

できた人間じゃないんだよ」

と言うと、

わかばをバックから攻めます。

広貴はわかばの腰をしっかりとつかみ、

激しく腰を動かします。

その振動が全身を揺らし、

わかばの胸も激しく揺れるのでした。

いやらしい音と声が響き、

わかばの全身に快感が走ると、

そのまま絶頂に達するのでした。

わかばのアソコはヒクヒクしています。

広貴は「口紅取れちゃったな」と言って、

指でくちびるに触れた後、キスをします。

そして、グッタリとしているわかばの

片方の太ももを持ち上げると、

今度は違う体位で挿入します。

「まだダメェ」と言うわかばの口を

広貴はキスで塞ぎ、

再びわかばを気持ちよくしてくれるのでした。

広貴は私のことどう思ってるんだろう、、、

聞いてみたいけど、

今はまだ、勇気がでないのでした。

『イジワル王子はめちゃくちゃに愛したい。~疑似新婚で甘エロ調教生活』4話 感想

体の関係はあるのに言葉が聞けてない時、辛いですよね。

広貴が口紅を塗った後のわかばの表情が印象的でした。

好きな人に褒められて、女性は自信をつけていくものですね。

*まとめ*

『イジワル王子はめちゃくちゃに愛したい。~疑似新婚で甘エロ調教生活』4話のネタバレを紹介しました!

わかばは広貴の気持ちを聞き出すことができるのでしょうか?

体だけの関係じゃなくなるといいですね!

『イジワル王子はめちゃくちゃに愛したい』
今すぐ無料で試し読み!!