ヒューマンドラマ

インモラル~目覚めたら不倫漬けの人妻だった~【ネタバレ3話】不倫相手とセフレ

『インモラル~目覚めたら不倫漬けの人妻だった~』地味な主婦・ミチルは夫の恭介とのセックスレスに悩んでいた。しかしある日、恭介の浮気現場を自宅で目撃したミチルは家を飛び出し、バイクに跳ねられて・・・・?!

心配して病院にやって来た恭介はいつもの恭介の感じではなく、なんとなく

大人しくて地味目・・・。後輩の大川は自分の不倫相手だと言うし、

これは自分の願望の世界なのか!?ミチルはそう思うようになり・・・?

 

『インモラル~目覚めたら不倫漬けの人妻だった~』3話のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料で試し読み!!/
まんが王国公式サイトへ

『インモラル~目覚めたら不倫漬けの人妻だった~』3話 ネタバレ!

「ミチルさん 俺の事忘れたなんてそんな寂しい事言わないで。」

ベッドにミチルを運ぶと、大川は首筋にキスしながらそう言いました。

これも恭介に浮気されたから仕返し的な願望なの?!

ミチルがそう思って慌てていると、誰かがインターホンを鳴らしたので

助かりました。出てみると、「お姉ちゃん」とミチルの事を呼ぶ女が

モニターの前に立っていました。

その女はミチルの妹でハルカと名乗りました。

現実世界にはミチルには妹なんていません。

記憶喪失になったって聞いて心配して来たから会って話そうと言うので、

ミチルはハルカを招き入れることにしました。

乱れた服を治しながら大川は自分が自分は退散しますと言い、

「続きはまた今度で。」

と言われたので、

「困ります・・・!」

とミチルは返しました。

妹のハルカと名乗る女が部屋に入って来た時、

ミチルはこの甘い匂いは・・・と恭介の浮気相手の女と同じ香水だ!

思いました。ハルカを見ると、見た目も浮気相手!

ミチルは青ざめました。そんなミチルを見たハルカが

「・・・思い出したの?」

と聞いてきたので、何もまだ思い出せないと答えました。

よりによってなんでこの女が妹なの!?ミチルは内心嫌がりました。

玄関でそんなやり取りをしていると、

「どうもお邪魔してます。杉崎さんの部下の大川です。」

と大川がハルカに挨拶をしたので、ハルカはイケメンの大川を見て

表情をパアっと明るくさせ、

「大川さん!めちゃくちゃイケメンですね。」

と色目を使いました。大川がじゃあこれで・・・と出て行くと、

「お姉ちゃん あの人のことも覚えてないの?

恭介さんに聞いたときは信じらんなかったけど。」

とハルカはご飯の約束してたのに

連絡つかないからしかたなく恭介に聞いたんだと話しました。

「ご飯の約束してたんですね。ごめんなさいね。」

ミチルがそう謝ってきたので、いつものミチルと全く違う態度のミチルに

ハルカは記憶喪失なんて本当なの?

ホントは全部分かってて芝居してんじゃない?

きっとお姉ちゃんなら朝飯前なんでしょ?と勘繰りました。

夕飯作るけど食べていく?とミチルが聞くと、

ハルカは料理なんて作れるの!?と驚いてきたので、

こっちのミチルは料理が出来ない設定なんだと思いました。

ーーーその後、仕事から帰って来た恭介はミチルが料理をしていたので驚いて

固まりました。3人で食卓を囲んでいると、大川から電話が入ったので

食卓を離れて喋っていると、

「今日昼間大川さん来てたんだよ~。」

とハルカが言いました。すると、

「へーそうなんだ」

と恭介が言って来たので、

「知らなかったの?仕事だからって昼間に男の人を家に上げるなら

普通旦那さんに言うよね~。

ねぇ 心配じゃないの?大川さんイケメンだしできる男でしょう?」

とハルカはカマをかけました。すると、

「別になんとも。それよりそういうゲズの勘ぐりばっかりしてるから

ミチルからうとまれるんだろ?

悪いけどそんな低俗な想像に付き合うほど暇じゃないから。」

と恭介は返しました。カッとなったハルカは

「もう帰る!」

と言うと、家を出て行きました。

ミチルが電話を終え、恭介に何があったのか聞こうとすると

「相変わらずだなハルカちゃんは。」

と呆れた顔で答えました。

ーーーミチルの家を出たハルカは、あのミチルは記憶喪失って

ものじゃなく別人じゃない!と思いました。

【絶対わざとやってるんだ。当てつけに!】

そう思いながらハルカは事故当時のミチルの様子を思い出し、

脂汗をかきました。

【違う・・私が悪いんじゃない。だってお姉ちゃんが・・・

けど、あの後すぐ事故現場に戻った時にはもうミチルの姿はなかった・・・】

それに今日だってミチルには怪我1つなかったし、

メイクで隠したのかも?そこまで自分の事が気にくわないなら、

こっちだって一緒の気持ちよ!とハルカは腸が煮えくり返りそうになりました。

そして恭介に言われたことを思い出し、

いつも人の事小ばかにした目で見るあの冴えない旦那共々

絶対どん底に突き落としてやる!そう心に誓ったのです。

ーーー1週間後、脳震盪で休んでたってことになっていたミチルが

出勤すると会社内はざわつきました。

自分への質問はさり気に大川が上手く答えてくれてるので

ミチルはありがたく思いました。

【こんなにカッコよくて仕事のできる若い男の子が

私と不倫関係ってホントに・・・?】

仕事を終え、ミチルが先に帰るとハルカがそれを狙ってか

大川を訪ねて会社へやってきました。

ハルカはミチルを迎えに来たんだけど~と嘘を言うと、

大川が先に帰りましたよと答えたので、

せったく来たんだから代わりに付き合ってくださいよ!と

大川を引っ張って会社を出ました。

ーーー今日ミチルが早く帰ったのには理由がありました。

親友の由里子の美容院を訪ねるため・・・

その美容室に入ると、

「ミチル!?どうしたの?!髪もそうだけど全体的に不細工よ!?」

と由里子に驚かれたので、ミチルはガーンと落ち込みました。

由里子は若い男の子に全体的に整えてあげてとお願いし、

ミチルは案内された席座りました。

すると・・・

「由里子さんひどいよね。ミチルさん綺麗だよ。」

とボソッと耳元で男の子が囁いてきたので、ミチルは

お気遣いありがとうございますと言いながら、距離近っ!と驚きました。

男の子に接客されてると他の女性スタッフに睨まれてる視線を感じて、

ミチルは「なんでだろう?」と不思議に思いました。

あっという間に仕上げてくれて、見違える姿になったので

ミチルは「さすがプロですね!」と褒めました。

そんなミチルに男の子は、

「ミチルさんなんか変だよ?何かあった?」

と聞いてきましたが、ミチルは答えられませんでした。

ーーー由里子の仕事が終わるのを待ち、その後2人で飲みに行くことになりました。

由里子はイメチェンったって限度ってもんがあるでしょうと言いながら

もしかしてついに恭介さんに浮気がバレたとか?

会社の部下としてるんでしょう?」

と言われたので、やっぱりそうなんだ・・・とミチルは事実を確信して落ち込みました。

「そういやナオヤにも素っ気なかったもんね?」

と言われたので、あっちが馴れ馴れしいだけじゃない?とミチルが言うと、

「だってあんたたちセフレでしょ?」

と言われたので、ミチルはこちらの世界の自分がいかに派手な生活を

してるかを目の当たりにして恥ずかしくなりました。

「まぁ賛成はできないけど羨ましいよ。

私なんて育児と仕事でいっぱいいっぱいでさ。

男にかまけてる時間なんてないもんな~。

でも子供のことを考えると、やっぱ父親は必要かなとか考えちゃう。」

由里子がため息交じりでそう言うので、

そういえばこっちの由里子はシングルマザーなんだと思い出しました。

「あっ そういえば令の粘着女はどうなった?

こないだ言ってたじゃない。SNSでやたら絡んでくる女の正体が分かったって。」

そんなことを言われたので、ミチルはSNSは放置してると答え

「それと男関係も綺麗にしようと思ってる。」

と浮気が絶対ダメなのは自分が一番知ってるからと思いました。

「今日は由里子と話せてよかった。ありがとね。」

ミチルにそう言われた由里子は「なにそれ~」と笑いながらも

腹の中では【何言ってんの?ホントムカつく】と思っていたのでした・・・

 

『インモラル~目覚めたら不倫漬けの人妻だった~』3話 感想

不倫相手にセフレって・・・こっちの世界のミチルは派手な生活してんな~。

これじゃあ女に恨まれてもおかしくないぞ・・・

なんかいつでも味方でいてくれた由里子も、

ミチルのこと恨んでそうだし、これはどういうことなんだろう?

もしかして由里子が離婚してシングルマザーになった理由もミチルが

絡んでたりして・・・それだとドロドロすぎるこの世界は

早く抜け出した方がいいですね(汗)。

*まとめ*

『インモラル~目覚めたら不倫漬けの人妻だった~』3話のネタバレを紹介しました!

妹にも親友にも疎ましく思われているこっちの世界のミチル。

今までどんな生活をしてきたのか次回の話の続きが気になります!

インモラル~目覚めたら不倫漬けの人妻だった~【無料】を今すぐ読む方法!インモラル~目覚めたら不倫漬けの人妻だった~【無料】を今すぐ読む方法!地味な主婦・ミチルは夫の恭介とのセックスレスに悩んでいた。しかしある日、恭介の浮気現場を自宅で目撃したミチルは家を飛び出し、バイクに跳ねられてしまい・・・?!...