ファンタジー

色々と勘違いをしていたようです。【ネタバレ】婚約破棄されて自由の身!

『色々と勘違いをしていたようです。』

侯爵家の次女のフリージアは第二王子の婚約者だったが、突然婚約破棄を突きつけられる。

なんと腹違いの姉が王子に擦り寄り奪い、

フリージアが虐めてきたと王子に嘘を言っていたようで・・・?

 

『色々と勘違いをしていたようです。』のネタバレを紹介します!

『悪役令嬢ですが、幸せになってみせますわ! アンソロジーコミック ざまぁ編』
今すぐ無料で試し読み!!
スポンサーリンク

『色々と勘違いをしていたようです。』 ネタバレ!

婚約破棄を突きつけられたフリージアは、王子の言葉を待たずに

被り気味に笑顔で「はい喜んで!」と婚約破棄を受け入れました。

喜んで破棄されるとは思ってなかった王子は呆然としていましたが、

その後ろで姉のイキシアがこちらを見て立っていました。

フリージアは侯爵家の次女で腹違いの姉・イキシア、妹・ハピアナの三姉妹でした。

そんな異母兄弟で王子を取り合うことになり、フリージアはうんざりしていたのです。

呆然としていた王子が正気になり、今までの非道な行いを詫びろ!と言ってきたので、

フリージアはそばに居たハピアナに「今まで申し訳ない」と謝りました。

なんで何の関係もない妹に謝るんだ!?と王子が言うので、

言われた通り非道な行いの謝罪をしてるんですとフリージアは答えました。

そしてフリージアはハピアナにハッキリ

「私は王子のことは何とも思ってません」と言うと、

ハピアナがなぜ姉ではなく自分が王子と恋仲だと思ったんだ?と

驚きを隠せません。するとフリージアはだって王子はたった三ヵ月年上の

自分の事を「年増」って言ったから、姉であるはずがないじゃない!と大きな声で

言うと、周りはドン引きしイキシアは王子を睨みました。

だから2人の仲が深まるように自分は当て馬になって悪役絵令嬢を

演じていたんだとフリージアが言うと、

王子と恋仲だと思って自分を虐めてた事実を知ったハピアナは頭が痛くなりました。

同じ学年にいる姉が王子の婚約者ということで

今まで敵わないライバルだと思ってたのに、こんな人だったなんて・・・とドン引きです。

あなたなら成績も優秀だし充分王妃としてやっていけると思ったんだと言い、

この先好きでもない殿方に割く労力を考えたら心が折れてしまった自分を

許してほしいとフリージアは言いました。

するとしびれを切らしたイキシアが「いい加減にして!」と声を上げました。

自分はフリージアに突き落とされて怪我をしてるんだという手を見せてきたのですが、

フリージアは自分にはアリバイがあるのでそんな事する時間はなかったと

言い切りました。「そういえば・・・イキシアにも婚約者がいませんでしたっけ?」

フリージアがそう言うと、そのに集まっていた貴族たちはざわつきました。

その相手とは辺境伯で赤き死神と呼ばれるマンテラだと言うと、

その話を初めて知った貴族たちは

辺境伯の婚約者を王子が奪ったとなると内戦勃発するのでは!?と青ざめました。

まぁ政略結婚だから入れ替えは可能だし、勘違いで虐めたお詫びに

王子かマンテラかハピアナに選ばさせてあげるとフリージアが言いました。

すると・・・「話は終わったか?」と言ってマンテラがその場に現れたのです!

花嫁を迎えに来たのだが何やら珍妙な展開になってるなと話すマンテラを見て、

政略結婚で顔も見たことが無かったイキシアはあまりのイケメンさに驚きました。

変なおっさんだろうと思っていたから妹の婚約者を奪ったのにどういうこと!?と

イキシアは肩を落としました。

「私と結婚するのはどの娘だ?」と言われたので、フリージアは

この件に関しては一旦話し合う必要があるので一緒に屋敷に来てくれないか?と

マンテラに言いました。

その後、フリージアたちと入れ違いに近衛兵が会場になだれ込み

王子とイキシアが回収されるのが見えました。

どう処分が下るかは分かりませんが、次に会うときは王子と侯爵令嬢でないことは

確実だとフリージアは思いました・・・。

ーーー屋敷に帰って事情を説明すると父親は頭を抱えてため息をつきました。

そういう訳なのでマンテラさえよかったらハピアナか自分が輿入れ

させてもらうことでいいか?とフリージアが聞くと、

貴女は魔物を狩れるのか?と聞かれたので、フリージアは

断罪された後の事を考えて色々嗜んでいたので大丈夫ですと答えました。

どこに行っても大丈夫なように色々学んだり準備してたんだと笑顔で話す

フリージアを見て皆は驚きながらドン引きしていました。

するとマンテラは「ではその努力が無駄にならないよう私の下へ来るがいい。

お前が気に入った。」と言ってきました。

普通の辺境伯爵夫人に冒険スキルは必要ないよとハピアナに言われたのも

耳にも入らず、色々勘違いしているフリージアは

色々と勘違いしたまま辺境伯爵夫人としてはあり得ないスキルで

唯一無二の存在となって歴史に名を残すのでありました・・・。

 

『色々と勘違いをしていたようです。』 感想

姉も妹もまんまとフリージアに嵌められてたんだね(苦笑)。

姉が一番可哀想だったけどドンマイって感じ!

フリージアの頭の良さには誰も叶わないでしょう!!

妹を虐めていたのも作戦で、国を思えば妹も頭が良いのでいい王妃になるのでは?と

思ったからでした。まぁ残念なことに王子は馬鹿な姉を選んでしまったという・・・(笑)。

フリージアはその聡明さを気に入られ、イケメンのマンテラに見初められ

嫁に行くことが決まりました。きっと切れ者なのでお似合いの2人ですよね~。

その後が描かれて欲しいお話でした・・・♡

*まとめ*

『色々と勘違いをしていたようです。』のネタバレを紹介しました!

次のお話は「冷血悪女による無垢な王子の利用方法」という短編集。

幼い少年王子が悪女に恋をする・・・?次回の話の続きが気になります。

『悪役令嬢ですが、幸せになってみせますわ! アンソロジーコミック ざまぁ編』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/