漫画ネタバレ

癒やしのお隣さんには秘密がある【ネタバレ1話】恋愛運上昇中!?

『癒やしのお隣さんには秘密がある』 貧乏な家で育った蓬田藤子は家族のために高卒で働き始め、入社3年で正社員となり働きづめの毎日を過ごしています。すると突然、隣の部屋に好みのタイプのイケメンが引っ越して来て、胸をときめかせるのですが・・・!?

契約社員から正社員となり安定した収入が得られるようになった蓬田藤子ですが、

恋愛運には恵まれません。。するとお隣さんにイケメンが引っ越してきて・・・!?

『癒やしのお隣さんには秘密がある』1話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『癒やしのお隣さんには秘密がある』1話 ネタバレ!

コピーを頼まれると、

今日も喜んで引き受けてしまう・・・

私のバカ・・・

小さい頃からド貧乏で借金地獄の家で育ち、

高校を卒業するとすぐに派遣会社に登録して、

この保険会社の事務に就きました。

上司に教わった通りに仕事をこなし、

毎日テキパキと働く日々。

そんな真面目な勤務態度が功を奏して

3年目には正社員として迎えてもらえました。

私が安定した収入を得られるなんて・・・

感謝!!感謝!・・・感謝・・・

と感謝の気持ちで溢れていた正社員一年目ですが、

今ではなんでもかんでも「喜んで!」と

引き受けた間抜けな自分に

ちょっとだけ後悔しています。

正社員として働いているけれど、

何かあったら一番に首を切られるのは、

高卒の私だろうなと思うと・・・

いつも不安で、

嫌でも頼まれた事は、

快く引き受ける日々なのでした。

疲れてんなぁと言って声をかけてくれたのは、

先輩の坂本さんで頼りになる人です。

昨日も私が残業をしていたことを知っていた

坂本さんは、断れりゃいいのにと言いますが、

残業手当も出るし、

給料アップにつながるから、

断る理由がありません。

そう世の中お金です。

坂本さんはあんま無理すんなよと言って、

私の頭をポンっと小突いて行ってしまいました。

無理か・・・

もう限界な気がするけど、

両親を借金からはやく解放させてあげたいし、

弟には大学に進学して欲しい・・・

だから、稼ぎます。

先輩!先輩!そう言ってやって来たのは、

後輩の田辺さんで、

いつの間にか私の心に入り込んでくれた

可愛い存在です。

ちょっと見てくださいよ!と言って、

見せくれたのは、

今月の恋愛運です。

すごくいいらしく、

結婚につながるような、

出会いのチャンスに恵まれる月らしく、

モテるらしいのです。

半年付き合っていた彼氏に突然フラれて、

泣きじゃくっていた田辺さんを

バーに誘って延々と話を聞いてあげたのは

つい二週間前のことでした。

落ち込んでいたけれど、

次の恋を待つくらい回復しているようです。

私の恋愛運も占ってくれると言うのですが、

私は遠慮します。

別に恋愛に興味がないわけじゃないけれど、

どうも恋愛運には恵まれていないようです・・・

高校卒業後に付き合っていた人は、

急に音信不通になりました。

出会いはあるのにとにかく恋愛には発展しません。

自分からアピールも努力してみたけれど、

どうも成果につながりませんでした。

焦りはいつの間にか諦めに変わり・・・

私の恋愛運は仕事運にごっそり持っていかれたのだ

と思うことにしたのでした。

帰宅してお弁当を平らげると、

両手両足を投げ出してリラックスします。

疲れたけれど、

今日も残業代はバッチリです。

それだけ満たされます。

そして、空っぽになったお弁当の

プラスチック容器をゴミ箱に投げ捨てると、

お勉強に取り掛かるのでした。

すると、

コンコンと誰かが玄関のドアをノックします。

え・・・こんな遅くに誰だろう?

と怖くなります。

仲の良かったお隣さんはこないだ

引っ越してしまいもういません。

恐る恐るドアスコープをのぞいてみます。

よく見えませんが見たことない人が立っています。

どちら様でしょうか?

すると遅くにすみませんと言って、

先日隣に越してきた方が挨拶にやって来たのでした。

そういえば、最近よく引っ越し業者が

来ていたことを思い出します。

ドアを開けると、

そこにはスラリとしていて、

ピシッとYシャツを着た

超イケメンが立っていました。

彼は4日前に越して来たそうで、

挨拶が遅れたことを謝ると、

彼は仁科蒼真ですと自己紹介をします。

私は蓬田です、よろしくお願いします。

そう言って彼の目を見た私は、

胸がドキドキしてしまうのでした。

彼は手土産を用意してくれてい他ので、

それを受け取りました。

このアパートは古いので、

何か困ったことがあれば遠慮なく言ってください。

私は大家さんと仲が良いから、

直してもらえるように言いますからと言ってあげると、

彼はありがとうございます。

何かあれば蓬田さんに相談させていただきます

と言って帰って行くのでした。

玄関のドアを閉めると、

彼のコツコツコツと言う足音が響きます。

蓬田は胸がまだドキドキしていて、

顔がかぁっと熱くなります。

ものすごくタイプのイケメンです。

もしかしてこれは、

恋愛運が上がってる気がします!

と興奮してしまいましたが、

慌てて自分に言い聞かせます。

お隣さんがイケメンだとしても、

私なんかと恋愛に発展する可能性はありません。

今まで何回期待して心が折れたことか・・・

変な期待は絶対しない!

イケメンが隣に住んでるという謎の優越感だけで

贅沢だと思うことにします。

さっきもらった手土産を開けてみると、

高級なお蕎麦が入っていました。

次の日、

目覚めると歯を磨きながら考え直します。

よく考えてみたら、

お金持ちそうな身なりをした人が、

このおんぼろアパートに住むなんておかしくない?

あれは夢か・・・とぼんやり思うのでした。

身支度を整え玄関を出ると、

「おはようございます」

隣の部屋のイケメンくんに挨拶されます。

・・・夢じゃなかった。

『癒やしのお隣さんには秘密がある』1話 感想

②感想

③印象に残ったシーンとその理由

*まとめ*

『癒やしのお隣さんには秘密がある』1話のネタバレを紹介しました!

④次話の予想や こうなってほしいという期待

\初回ログインで半額クーポン/
ebookjapan公式サイトへ