漫画ネタバレ

癒やしのお隣さんには秘密がある【ネタバレ12話】いきなりの嫉妬!?

『癒やしのお隣さんには秘密がある』 貧乏な家で育った蓬田藤子は家族のために高卒で働き始め、入社3年で正社員となり働きづめの毎日を過ごしています。すると突然、隣の部屋に好みのタイプのイケメンが引っ越して来て、胸をときめかせるのですが・・・!?

仁科さんに車でで送ってもらうことになった藤子ですが、車内で連絡先を交換します。距離を縮めたいと思う藤子ですが、仁科から「大事な”お隣さん”だから」と言われ、少し寂しい気持ちになってしまうのですが・・・!?

『癒やしのお隣さんには秘密がある』12話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

『癒やしのお隣さんには秘密がある』12話 ネタバレ!

そろそろ街中がクリスマスムードになりつつある頃、弟から「明日家に遊びに行きたい」というメッセージが入りました。

藤子は「大丈夫だよ!おいでー待ってる!」と返信をしました。

半年ぶりに会う弟ののために、美味しものでも作ってあげようかなと藤子は考えます。

帰宅して風呂に入ると冷えていた体がやっとぽかぽかにあったまりました。

藤子はアイスでも食べちゃおっかな・・・と冷凍庫を開けると、ガララ・・・とお隣さんがベランダに出てきた音がしました。

ニヤリと微笑むと、アイスをやめて缶ビールにしました。

カーディガンを羽織り、藤子もベランダへ出ます。

仁科さん、こんばんは!

お帰りなさい、藤子さん

息が白い・・・

藤子はにっこりと微笑んで、ただいまですと言います。

こんなに寒くて、ベランダでビールはもやは苦行に近いのに、相も変わらず私たちはこの日課を続けています。

そのカーディガンすごく似合ってますねと仁科が言います。

え?あそうですか?ありがとうございます・・・と藤子は言います。

先週母が送ってくれたもので、高校生の時によく着ていたものです。

『まだ全然着れるから送ったわよー』とメッセージと共に届いたカーディガンですが、毛玉だらけで、外出時は無理だなっと思ったやつでした。

ベランダに出たら仁科さんに会うってわかってたのに!!うっかり着てしまいました・・・

藤子は思わず苦笑しながら、内心落ち込みます。

仕事、お疲れ様です。今日はどうでしたか?と仁科が訊きます。

じゅ、順調といった感じです。あ、今日初めて、柏木さんと仕事以外の話をしたんですよと藤子が言います。

柏木とは藤子が以前苦手だと言っていた人のことです。

後輩の田辺さんとお昼を食べてる時に、隣に柏木が座りました。

藤子たちがお笑い芸人の話をして盛り上がっていたら、急に柏木が「その芸人のライブ行ったよ!」と言って会話に入ってきたのでした。

意外に話すの楽しかったんです。私が倒れてから柏木さん、高圧的じゃなくなったっていうか・・・坂本さんが叱ったらしいんですけどね。おかげで居づらさがなくなって、気持ちが楽になりつつあるって感じなんです。

坂本さんってたまにムッてしちゃう時もあるけど、なんだかんだで良い人だなぁって今日改めて思いました。

そう言いながら藤子の笑顔を見せました。

すると、仁科がいきなり缶ビールを握り潰しました。

ビールがボタボタと手を伝ってこぼれていきます。

仁科の手がびしょびしょになってしまったのを見て、藤子は急いでタオルを取ってきます。

こっちに手のせて、ほらと藤子が言います。

仁科は藤子に手を拭いてもらうと、ドキドキして顔が真っ赤になります。

ありがとうございますと仁科が言うと、いえいえ、突然どうしたんですか?びっくりしちゃいましたと藤子が言います。

なんて言うか・・・嫉妬?

そう仁科が言った瞬間、二人の目と目が合います。

え・・・?

藤子はあまりにも近くに仁科の顔があって驚き、顔を真っ赤にします。

ちかい・・・

藤子さんが坂本さんの話をする時、楽しそうに笑うので・・・

え、そ、そうですか?別に、楽しいとかじゃなくて、あの、お世話になってるなぁっていう、感謝みたいな・・・

藤子はしどろもどろになってしまいます。

本当に?と言って仁科は藤子の手をぎゅっと強く握ります。

も!もちろん!え・・・と、タオル戻して来ますね!と藤子が言うと、待って、僕が洗いますよと仁科が言います。

いいですよ、こんなのと藤子が言うと、拭いてくれたお礼に僕が洗いたいですと言いつつ、仁科は藤子の手に触れます。

拭いてくれたの嬉しかったので、せめてものお礼を・・・と仁科が言うとの、藤子はわかりました。じゃあ・・・お願いしますと言ってタオルを渡します。

すると仁科ははいと言ってとびきりのスマイルを見せました。

その笑顔を見た藤子は胸がキュンとします。

タオル置いて来ますねと言って仁科が一旦部屋に戻ると、藤子はフーと息を吐きます。

心臓のドキドキが止まりません。

落ち着け・・・沈まれ私の心臓・・・!ここはまず深呼吸です。

すると突然、わっ!!!と言って仁科が戻りました。

藤子は必要以上にびっくりしてしまいます。

大丈夫ですか?と仁科が訊くと、大丈夫です。ちょっと驚いただけで・・・と藤子が言います。

すると仁科は、ふふっと笑うのでした。

藤子は仁科との距離が近いうえに、意識してしまうと余計にドキドキしてしまいます。

何か別のことを考えて心を落ち着かせようとすると、あることを思いつきました。

あ、そうだ。実は明日仕事の後に私の弟が家に来るんです。

もしかして、藤子さんの家に泊まりに?と仁科が訊くと、その予定ですと藤子が答えます。

僕もお会いしたいな。いつも藤子さんにお世話になっているので、ご挨拶したくて・・・だめですか?と仁科が言います。

い・・・いえいえ!もちろん大丈夫ですよ!と藤子は答えます。

明日、頃合いを見て伺いますと仁科が言いました。

きっと弟は、「お姉ちゃん、何この超イケメンは!?」とびっくりしそうな気がしますが!?

『癒やしのお隣さんには秘密がある』12話 感想

今回は、だいぶ二人の距離が縮まったのを感じました。タオルで手を拭いてあげたり、嫉妬したり以前は表現できなかったことが出来るようになった気がします!

印象に残ったシーンはなんと言っても嫉妬のあまり仁科が缶ビールを素手で握り潰してしまったところです!嫉妬ってことはあなたのこと好きですって言っているような気もするのですが・・・!?二人の恋が始まっていることを強く感じました!

*まとめ*

『癒やしのお隣さんには秘密がある』12話のネタバレを紹介しました!

次回は藤子の弟がやって来ます。3人で会った時に、どんな会話が繰り広げられるのでしょうか!?弟が来たことで、さらに二人の愛が発展しそうな予感がしますが・・・!?

\初回ログインで半額クーポン/
ebookjapan公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/