TLマンガ

情熱とかいて性欲とよむ【ネタバレ6話】ズキズキする気持ち

『情熱とかいて性欲とよむ』 官能小説家・カヲルは性欲が減退してスランプに!そんな時、同じくスランプに陥っていた漫画家・しおらーと意気投合して夜通し飲み明かすことに・・・!翌朝目が覚めると2人とも下着姿で!?

カヲルはスランプに陥っている漫画家の安達くんと出会い、相談にのってあげます。

そのことをしおらーに打ち明けうると気まづい雰囲気になってしまい、、、!?

『情熱とかいて性欲とよむ』6話のネタバレを紹介します!

『情熱とかいて性欲とよむ』
最新刊★独占先行配信中

『情熱とかいて性欲とよむ』6話 ネタバレ!

カヲルは素っ裸で両手を縛られ、

ベッドの上に横たわっています。

しおらーに外してくださいと言っても、

お仕置きだからダメですと言われます。

そしてカヲルの頬を撫でると、

おっぱ◯を揉んで、舐め始めます。

いやらしく舌先で乳首を転がし、

もう一方は指で乳首をくりくりします。

カヲルは気持ちよくて抵抗できません。

「腰が浮いちゃうくらい気持ちいいんですか?」

としおらーはニヤけると、

するりとパンツの中に手を入れます。

カヲルのアソコはぐっしょり濡れていて、

しおらーは指で触ります。

「指をすっごい締め付けてる」

そう言って何度も出し入れします。

カヲルは気持ちよすぎて、

先生の指すき!と叫びたくなるほどでした。

「しおらーせんせ、もっとして」

そう言うと、しおらーはクスッと笑って、

「桜塚先生、仕事のこと忘れて、

ただ気持ちよくなってません?」

と言います。

「物欲しそうな顔」と言って、

しおらーはカヲルの顎をクイッと指で

持ち上げるとキスする寸前まで顔を寄せて

「ねぇ先生、本当は僕と、、、」

というところで目覚ましが鳴って、

カヲルは夢から覚めるのでした。

淫夢!

カヲルは恥ずかしさと嬉しさで、

ベッドの上をコロコロと転がります。

そして今日は安達くんと約束していたことを

思い出します。

一方、しおらーは仕事になりません。

全然描けない、、、

目をつむるとカヲルの姿が浮かびます。

気分を変えようと、

スマホを手に取りアプリをいじると、

無意識でカヲルのアカウントを

見ているのでした。

やっぱりダメだと思いまた仕事に戻ります。

キャラ表でも確認しようと手に取ると、

キャラがカヲル先生にそっくりに描かれているのでした。

しおらーはもーダメだと言って頭を抱えるのでした。

カヲルは安達くんとの待ち合わせ場所に着きました。

「すみません、待ちました?」と言って、

安達くんが汗だくで駆け寄ってきました。

どうやら電車が遅れていたようです。

大丈夫待ってないですよとカヲルが答えると、

それなら良かったと言って、

爽やかな笑顔を見せます。

つられてカヲルもニッコリ微笑むのでした。

そして、カヲルには安達くんが可愛くて人懐こくて、

頭から耳が生えたワンコに見えてくるのでした。

安達くんはカラオケに行きませんかと提案します。

原稿を見てもらいたいのだけれど、

個室じゃないと広げられないからと言います。

カラオケボックスに着くと、

早速持ってきた生原稿を見せてくれます。

安達くんは正直な感想をお願いしますと言いました。

カヲルはふとしおらーはデジタル作画であることを

思い出し二人ともすごいなと感心するのでした。

では失礼してと言って真剣に読み始めます。

読み終わると、「とっても面白かったです。

エッチでしたし」と感想を言います。

そしてその後、少しだけアドバイスをします。

少しヌキどころは作ってみはどうですか?

イチャラブシーンが多くて好きですが、

もっと直接的なエロを、

例えば性器のコマを入れるとか、、、

カヲルがそこまで話すと、

安達くんは赤面して恥ずかしがります。

女性とこんな話をするのが照れくさいのだと言います。

するとカヲルは照れてる場合ですか?

集中しましょうね!と喝を入れるのでした。

「カヲルさんは漫画を読み慣れているようですが、

好きな作家とかはいるんですか?」

カヲルは一気に顔が明るくなり、

「しおらー先生」と答えると、

安達くんもしおらー先生の作品を知っていました。

実はご縁があってしおらー先生とは

仲良くさせてもらってるんですとカヲルが話すと、

安達くんは「付き合ってるんですか?」

と切り込みます。

カヲルは一瞬動揺を見せますが、

「まさか、全然付き合ってない、です」

と言って作り笑いをします。

ズキ、ズキ、、、

なぜかカヲルの胸が痛みました。

そうですかと言って安達くんは原稿の話を続けます。

カヲルは明らかに違和感がしました。

ズキズキと胸が痛みます。

なんでだろう、、、

別れ際に安達くんは

「今日はありがとうございました」と言って

挨拶をします。

この後はバイトがあると言います。

「バイトしなが、漫画、、、大変ですね」

とカヲルが言うと、

大変だけど漫画をやめる気は全然ないですと言って、

また爽やかな笑顔を見せました。

カヲルは胸がジーンと熱くなり、

「頑張って!応援してます」

とエールを送るのでした。

そして安達くんは真剣な顔をして

もう1個応援してもらいことがあるのだと言います。

俺、カヲルさんのこと好きなんです。

あなたの恋人になりたい。

そう言われたカヲルは、、、

『情熱とかいて性欲とよむ』6話 感想

『淫夢』素敵でした!

すごくエッチでドキドキしました。

これってカヲルの願望だったりするのでしょうかね。面白かったです!

*まとめ*

『情熱とかいて性欲とよむ』6話のネタバレを紹介しました!
しおらーへの気持ちが整理できないまま、安達くんから告られてしまいましたが、

カヲルは一体どのようにお返事するのでしょうか?楽しみです!

『情熱とかいて性欲とよむ』
今すぐ無料で試し読み!!