漫画ネタバレ

純愛よりも、シてみたい【ネタバレ1話】能面と呼ばれる女

『純愛よりも、シてみたい』 恋愛はしなくてもいいけど、死ぬ前にセックスはしたい!無表情で”能面”と言われ、恋愛経験ゼロのえり子(33)は、10歳年下のイケメン新入社員の森をエッチな妄想対象として見ていて・・・?!

今まで友達を作ろうとか、恋愛をしようとか努力して来たえり子。

しかし”能面”と呼ばれるその表情は変えることが出来ず失敗の連続で・・・?!

『純愛よりも、シてみたい』1話のネタバレを紹介します!

『純愛よりも、シてみたい』
最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み
スポンサーリンク

『純愛よりも、シてみたい』1話 ネタバレ!

えり子には秘密がある・・・それは、10歳年下の新入社員森とエッチな関係の妄想を

いつもしてしまうことでした。

見た目がドストライクの喪rを「脳内で愛でてる」だけで幸せなのですが、

えり子は昔から真面目でしかも”能面”と言われてしまうほど、

自分の感情を表情に出すのが苦手で、子供の頃にはフレンドリーにしようと

努力したり20代では恋愛だって頑張ってみましたが、

婚活も30連敗と全然だめでそういう努力をするのが疲れ果てていました。

でも、「死ぬまでにセックスはしたい!」その願望だけは

ずっと持ち続けていたのです・・・!

33年間何もなかったし、この先もきっと何もないから自分で慰めるしかない

と考えたえり子は、いつも森に責められる妄想をしながら

1人エッチをしていました。

森は誰にでも優しいので陽キャのモテモテで、地味眼鏡で真面目なえり子とは

対照的な存在だったので、仲良く話すことなんてもちろんありませんでした。

しかしある日、資料室に向かったえり子が見たものは

あの森が女性社員と服が乱れた状態で2人きりでいる姿でした。

隠れて様子を見ていると、初めて見る生の森の身体にえり子は

興奮してしまいました。えり子が不覚にも音を出してしまい、女性社員は服を

羽織って出て行き、「これはまずい・・・」とえり子が本棚の陰に隠れていると、

「誰がのぞいてるのかと思ったら・・・」と森がこちらに

やってきて見ていたのがバレてしまいました。

「そんなことするわけないでしょ!」と平然を装いましたが、

動揺しているのがバレてしまいました。

するといるもクールで何を考えているかなぞなのに、こういう事だけに

反応するなんてエッチですねと言われてしまい、

えり子は腰砕けになってしまい「いけない・・・?」と潤んだ瞳で

返しました。そんなえり子の首元を森は舌でなぞると、

「身体はめちゃくちゃ表情豊かなんですね。

・・・やめるなら今のうちだけど、どうします?」と

意地悪な顔でそう言ってきたのです・・・・!

 

『純愛よりも、シてみたい』話 感想

処女で33歳を迎え、妄想で性欲を満たすという日々を続けてきたえり子。

そんないやらしい事を考えながら、能面の表情と眼鏡で真面目な姿は崩しません。

でも、後輩のイケメン・森で妄想を繰り広げてしまっているので

こう迫られると弱いですよね~。

しかも、森の前では色っぽい・・・♡眼鏡の下にそんな表情を持っていたなんて

それは興奮しますね(笑)。森は遊び人っぽいですけど、

そこもまたドキドキしちゃうんだよね~。この先の続きが気になる!

*まとめ*

『純愛よりも、シてみたい』話のネタバレを紹介しました!

「やめるなら今のうちですよ。どうします?」そう聞かれたえり子は、

それに対してどう答えるのか・・・?次回の話の続きが気になります。

『純愛よりも、シてみたい』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/