女性漫画

純愛よりも、シてみたい【ネタバレ2話】私の処女もらってくれるの!?

『純愛よりも、シてみたい』 恋愛はしなくてもいいけど、死ぬ前にセックスはしたい!無表情で”能面”と言われ、恋愛経験ゼロのえり子(33)は、10歳年下のイケメン新入社員の森をエッチな妄想対象として見ていて・・・?!

森が資料室で他の女性社員とお楽しみの所に偶然出くわしてしまったえり子。

えり子に気付いた森に「この後しないか?」と誘われてしまい・・・?!

 

『純愛よりも、シてみたい』2話のネタバレを紹介します!

『純愛よりも、シてみたい』
最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み
スポンサーリンク

『純愛よりも、シてみたい』2話 ネタバレ!

「やめるなら今のうちですよ。どうしますか?」そう聞かれたえり子は、

どうにもなるはずがないと思っていた出来事が今目の前で起こってることに

ドキドキしてしまいながら、「やめないで。」と答えてしまいました。

ちょっとしか触られてないのに、敏感に反応してしまったえり子は

自分でするのとは全然違いすぎ!気持ちいい!と思ってしまいました。

そんなえり子の反応に森は面白がり、その先をしようとしましたが、

急なことでえり子の脳が追いつかず、えり子はその場で気絶してしまったのです・・・!

ーーーその後、興奮しすぎて気絶してしまったえり子は応接室で目覚めました。

人生33年にして初体験のチャンスを棒に振ってしまったえり子は、

これじゃあ悔やんでも悔やみきれない!と思いました。

すると心配した森が今日は部長がこのまま早退するようにと言ってきたので、

家まで送っていきますよと言って、えり子の鞄を持ってきました。

2人でタクシーに乗り込んでえり子の家に着き、

えり子は気まずいので森を追い帰そうとしました。

しかし、そのまま家の中に入られてしまい

えり子は大人のオモチャやらエロ本やらが散乱している部屋を見られてしまいました・・・。

森はえり子の部屋の中見て回りながら、自分の予想の斜め上がきたことでビックリしました。

自分がしている所覗いていたし、エロいことには興味があるんだろうなとは

思っていましたが、これほどまでとは思ってなかったのです。

こういうの見て自分でしてるんですか?とえり子を試すように質問すると、

「性欲が我慢できなくて」といつもの能面の無表情でえり子は答えてきました。

普通だったら恥ずかしがるところじゃね!?森は淡々堂々とエロについて語るえり子が

段々と面白くなってきました。

能面で堅物なえり子が、耳だったり弱いところをいじると色っぽい表情をするので

森は面白がって処女卒業のために協力するよと言ったのです!

そして今までの女と全然違うタイプなのでちょっとは楽しめそうかな?

そう悪いことも考えていたのでした・・・。

ーーー森が帰った後、えり子はあの森が処女を貰ってくれると

約束してくれたことに興奮していました。

このチャンスは逃せないけど、今まで放置していたボディーに自信が持てないえり子は

どうにかしないと!!とVIOの毛をカミソリで一先ず綺麗にすることにしたのです・・・!

翌日、会社へ出勤すると体調は大丈夫か?と森に聞かれたので、

大丈夫だといつもの無表情で答えたえり子は、

給湯室で1人になった時、森とのエッチを妄想して内心キャーキャーしていました。

すると給湯室に森がやってきて「今夜家に行きますね」と言ってきたので、

ドキッとしましたが、昨日カミソリで剃ってしまったえり子は

絶賛カミソリ負け中で、どうしたらいいの!?と悩みました。

でもここで断ったらもうチャンスは無いかもしれないと思ったえり子は、

その誘いをOKしてしまって・・・・?!

 

『純愛よりも、シてみたい』2話 感想

見た目は能面だけど、中身はドエロのえり子がまた面白い(笑)。

森はめちゃくちゃ遊び人のようですね~。女性の扱いに慣れすぎ!

でもモテすぎるから普通の女性じゃ物足りなくなってきているようです。

なので、新しい「オモチャ」としてえり子にロックオンしたに違いない・・・。

でも、えり子は妄想相手の森に処女を貰ってもらえるなら

それ以上の幸せはない!と夢心地でいます。まぁ空回りして

カミソリ負けしちゃってますが・・・(苦笑)。モテ男にカミソリ負けしてる

姿見られてドン引きされるのは辛い!どうにか回避できないんでしょうかね・・・(汗)。

*まとめ*

『純愛よりも、シてみたい』2話のネタバレを紹介しました!

絶賛カミソリ負け中なのに、この誘いを断ったら今後はない!と思った

えり子は今夜OKと返事をしてしまい・・・?!

次回の話の続きが気になります。

『純愛よりも、シてみたい』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/