サスペンス・ミステリー

かげひなたの恋【ネタバレ7話-2】君が消えてしまうかもしれない

『かげひなたの恋』 事故により、記憶を失った悠木日向(18)は、ある日、おかしな出来事が降りかかり始める。自分の物ではない日記・・・突如話しかけてくる見知らぬイケメン・・・本当の私は・・・?

夜の日向によって2人の人格が統合されるとどちらかが

消えてしまう可能性があることを聞かされた羽柴。

どう考えても解決策が見つからなくて・・・

『かげひなたの恋』7話-2のネタバレを紹介します!

『かげひなたの恋』
今すぐ無料で試し読み!!

『かげひなたの恋』7話-2 ネタバレ!

帰り道、羽柴は夜の日向が言っていた

「人格が統合されてどちらかが消えてしまうかもしれない」という言葉が

頭を離れずにいました。

ーーー翌日、昼の日向が起きて昨日どうだったんだろう?と

思いながら夜の日向からのメッセージが来ていないか確認をしましたが、

いつもなら連絡をしてくれる夜の日向から何も来てませんでした。

羽柴と会ったはずなのにどうして?予備校に言った日向は羽柴を捕まえ、

どうだったのか?と問いただしました。

すると羽柴はこちらと目を合わせずに「会ったけど、もう1人のお前は完全に別人だな」

と言いながら、世の中不思議な事もあるんだなぁって思ったと言いました。

それだけ!?もっと何かあるでしょ!?日向はスカした感じの羽柴にイラっとしました。

気持ち悪がられたり避けられたりはしないと思っていましたが、

日向の思ってたのと違うので困惑しました。そしてなんとなく羽柴が元気がないのが気になりました。

帰宅後、昼の日向は夜の日向に羽柴が変な感じだった報告をし、

何か知らないか?と質問しました。

そのメッセージ動画を見ながら、夜の日向はてっきり今日本人に羽柴は

告白するのかと思ってたのにそうじゃなかったんだ・・・と思いました。

秘密を打ち明けたらもっと腹割って話せるようになると思っていたのに、

こっちが一方的に押し付けてるだけなのかな?と昼の日向が悩んでいる様子をにじませていましたが、

羽柴は昼の日向の事が好きだしそんなことないでしょと夜の日向は思いました。

母親はいつも昼の日向のためにリクエストされたご飯を作ってるし、それに他にも友達が

沢山いるのは昼の日向で恵まれていて、同じ体なのに全然違うなと

夜の日向は落ち込みました。そしてもしどちらかが消えるとしたら自分なんだと

本当は分かっているのでした・・・。

 

『かげひなたの恋』7話-2 感想

羽柴はもしかしたら昼の日向の人格が消えてしまうかもしれないと思うと

夜寝れなかったのかもしれませんね・・・。

でも、こればかりはどうすることも出来ないし、どうしからいいのかも分かりません。

告白したところでお互いに辛くなってしまうのならそんな事は

出来ないと思ってしまったのでしょう。

しかも夜の日向の事を思うと、こちらも好きな人がいて一生懸命生きてるし

どちらかが消えて生きて行くなんてこと考えれなかったんでしょうね。

あぁ・・・なんだか切ない・・・どうしたらいいんだろう?

どう考えても誰かが辛い思いするのは目に見えてるな・・・。

*まとめ*

『かげひなたの恋』7話-2のネタバレを紹介しました!

陽気な日向の周りにはいつもたくさんの人が集まってくるけど、

自分は1人・・・ならば自分が消えるのが一番いい・・・

夜の日向はそう思ってしまうが・・・・?次回の話の続きが気になります!

『かげひなたの恋』
今すぐ無料で試し読み!!