サスペンス・ミステリー

かげひなたの恋【ネタバレ7話-3】バイト先で2人きり・・・

『かげひなたの恋』 事故により、記憶を失った悠木日向(18)は、ある日、おかしな出来事が降りかかり始める。自分の物ではない日記・・・突如話しかけてくる見知らぬイケメン・・・本当の私は・・・?

昨日はどうだったのか知りたい昼の日向が夜の日向からの連絡をチェックしますが、

いつもなら連絡してくれる夜の日向からの連絡が入っていませんでした。

おかしいと思い、羽柴を問い詰めることにしますが・・・・?

 

『かげひなたの恋』7話-3のネタバレを紹介します!

『かげひなたの恋』
今すぐ無料で試し読み!!

『かげひなたの恋』7話-3 ネタバレ!

翌日のバイトの日、雨が強くなったのでお客が来ず

マスターはお客さんたちと麻雀に言ったので、夜の日向は衛守と2人きりで

店番をしていました。

せっかく2人きりになれたのに会話が続かないので、

日向は昼の日向ならちゃんと話題を出して話せるんだろうな~とモヤモヤしました。

仕方ないので掃除をしていると、衛守がカプチーノの練習をしようか?と言ってきました。

日向は少しずつ練習して他のドリンクには慣れて来たけど、

カプチーノだけは難しくてまだ習得できずにいました。

衛守が後ろから手を掴んできて(まさに手取り足取り)教えてくれるので、

ドキドキしすぎて日向は手元が狂い、カップを落としそうになりました。

火傷しなかった!?と衛守が心配して日向の手を見てくれました。

日向の震える手を見た衛守は、バイト来てくれるようになって

ほぼ毎日2人で過ごしてこの間はプライベートで出かけたのに、

まだ自分に緊張してるのか?と聞いてきました。

そう聞かれた日向は「それは・・・」と答えに困りました。

すると、衛守は「”友達”とは親しそうだったのに」とボソッと言って、

じゃあ「秘密打ち明けゲームしようよ」と言ってきたのです。

それはどういうゲームなのか?と日向がきくと、

衛守は昔の自分は日向よりカプチーノが下手でマスターに何度も怒鳴られた

事があるんだと打ち明けました。

じゃあ次は日向の番ねと言われ、日向は少し考えて

毎日大家さんの犬に話しかけてますと言いました。

衛守が笑いながら可愛いけどそれでは

自分の恥打ち明けたずかしい話と釣り合わないよと言うので、

確かに!と日向は思いましたが、でも「もうひとりの人格がいます!」とは

言えないし、ほかに何か衛守が納得してくれるような秘密はないか?と考えました。

すると1つ思い当たることが・・・

日向は「私は実はとても性格が悪いです」と真面目な顔で言うと、

例えば?と聞かれたので、近くに自分にはないものを沢山持ってる人がいて

その人は自分に優しくしてくれるのに卑屈になってその人の事を

思いやってあげれないんだと昼の日向の事を想いながらそう話しました。

その話を聞いた衛守は、「そんなの当たり前だよ」と言うと

思いやりってその人より自分が恵まれてるという自信があってこそ持てるものだし、

優しくしたいなら日向がその人より欲しい物を手に入れればいいだけだと言いました。

そして衛守は「ちなみに俺は魔法が使えるんだ。自分が欲しいと思ったものが

必ず手に入る魔法・・。」と言って日向に顔を近づけ目を見ながら

「今俺が欲しいもの教えて欲しい?」そう言ってきたのです・・・・。

 

『かげひなたの恋』7話-3 感想

なんだか嫌な予感がする・・・衛守は胡散臭いような、

陰があるようなそんな男なので、これ日向大丈夫なんだろうか?

魔法が使えるってどういうこと?監禁するとかそんな事しないよね?

怖いんだけど・・・日向は衛守の他に話すような人もいないし、知り合いもいない・・・

衛守はこの子なら監禁しても探す人もいないだろうし、大丈夫だろうと

思って声かけてバイトに誘ってきたとかそんな事ないよね?

そうだったらめちゃくちゃゾゾっとするんだけど・・・。

*まとめ*

『かげひなたの恋』7話-3のネタバレを紹介しました!

衛守が言う「魔法」とはどういうものなのか?

自分が欲しいと思ったものが必ず手に入る魔法とは?

次回の話の続きが気になります!

『かげひなたの恋』
今すぐ無料で試し読み!!