ファンタジー

加護なし令嬢の小さな村【ネタバレ1話】婚約破棄されるのなら

『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』
乙女ゲームの悪役令嬢に転生したツェリシナ。婚約者である王太子は「加護無し令嬢」の自分を大事にしてくれるけど、いずれヒロインと結ばれて婚約破棄されることは転生前から知っていて・・・

前世の記憶がある主人公。ここは乙女ゲームの世界で転生したのは

バッドエンドを迎える悪役令嬢・・・!婚約破棄される前に

次の事を考えて見合い相手を探すも・・・?

『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』1話のネタバレを紹介します!

『加護なし令嬢の小さな村』
今すぐ無料で試し読み!!

『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』1話 ネタバレ!

私には前世の記憶がある。

そして前世からこの世界のことを知っていました。

人気ファンタジー乙女ゲーム”アースガルズの乙女”

この世界は「大神殿」と5つの国からなり、ここアルバラード王国がゲームの舞台になっていました。

大好きなゲームの世界に転生できたことを大喜びしたいけれど、

転生したキャラが大問題でした。

髪に見放された美しき令嬢・・・それが転生したキャラ・悪役令嬢のツェリシナ・・・

幼馴染で婚約者のソラティークは王国の第一王子でゲームメインの攻略キャラですが、

ゲームのシナリオはヒロインがハッピーエンドを迎えればツェリシナは婚約破棄され、

彼女へのいじめを理由に国外追放・・・

しかしバッドエンドだと嫉妬に駆られたツェリシナはソラティークとヒロインを

毒殺した罪で死刑になるのです。

折角好きなキャラが婚約者なのに別れる未来が来るなんて辛すぎます。

加護を受けることが出来なかったツェリシナはソラティークのそばに居れるように

出来ることは精一杯してきましたが、

それでもヒロインは無遠慮に彼と恋に落ちてしまうのがこの世界の運命なのです。

自分が死ぬのはいいけど、ソラティークには死んでほしくない・・・

運命は決まってるのだからと、ツェリシナは婚約破棄された後の婚約者探しで

見合いをしようとしていました。

そんな時、ソラティークが前触れもなく家にやってきました。

「ツェリに会いたくて来てしまった♡」

そう言って来たソラティークに、もうヒロインに攻略され始めてるのに

まだこちらに好感を持ってる?ヒロインの高感度がまだ上がり切ってないのか?と

思いました。しかし、部屋の机にはお見合いの資料がどっさり置かれていて、

慌てて隠そうと思いましたが、その間もなくバレてしまいました。

領地の資料です!!と苦しい嘘をつきましたが、

内容を見たソラティークは怖い顔でじとっとこちらを見ながら、

どう見てもお見合い資料にしか見えないけど?と問い詰めてきました。

観念したツェリシナは、他に好きな令嬢が出来て最終的に私と婚約破棄するんだから

なので自分も次の相手を探してるとは言えず・・・

自分は精霊の加護すら得られてない半端者なので、軍神の加護を持つソラティークの

相手には相応しくないと言いました。

そんなツェリシナにソラティークは、「まだそんなことを気にしていたのか?」と

言って来たので、

「なんの加護もいただけてないのは世界中探しても私だけでしょう。」

とツェリシナは返しました。

そんなツェリシナを優しく抱きしめたソラティークは、

「加護がなくとも私が守るから。」

と言って優しく微笑みました。

そんなソラティークを見て、ツェリシナは罪悪感が生まれ

やっぱりイベントでもない限り婚約破棄って難しいんだなと思いました・・・

なので見合いは正式に婚約破棄されてから考えることにして、

追放後に備えた領地運営を考え始めました。

でも自分には大樹も領地もありません。

考えたツェリシナは太陽神の加護を持った父親に領地を借りることにしました。

偵察を兼ねて馬車に乗り込み、父親の領地まで向かう途中

久々に見る街の中でお忍びデートで来ているであろう、

ソラティークとヒロインを見かけてしまいました。

こうなることは分かっていたものの、現実を見てしまうといい気はしません。

加護によって現れる「祝福の印」が出てない自分が外で出ていれば

言えに恥をかかせてしまうので、ツェリシナは外出を控えていました。

なので、ソラティークとお忍びデートを街ですることなんてありません。

2人を見ているとソラティークが色とりどりのチューリップにガーベラの花束

ヒロインに渡しました。

いつもツェリシナにくれるのは薔薇だったけど、

やっぱりヒロインに贈る花束だから特別なんだと思うと辛くなりました。

ーーーその後、4時間ほどかかって父親の領地に着いたツェリシナは

街を探索しました。そんな中、ぶつかった人物にお財布をすられてしまいました。

困ったツェリシナがどうしようかと困惑していると、

「取り返してやろうか?」

と言って男の子供?で薄汚れた姿をしている人物に話しかけられました。

財布にはソラティークが初めて手作りした栞が入っており、

絶対に取り返さないといけないツェリシナはその男の子が

怪しいと思いながらも、お願いすることにしました。

すると、男の子は交換条件に「友達を助けてくれ」と言ってきたのです。

ーーー数分後、男の子は財布を取り戻して渡してくれました。

お礼と言って名前を聞くと、

「ヒスイ」

と男の子は答えました。そして

「そんなことより助けてくれるんだろ?」

こっちだと言ってツェリシナを路地裏に連れて行きました。

「こいつを助けてほしいんだ。」

そう言われて見せられたのは、白い大きな犬のような姿で弱っている

神獣だったのです・・・?!

 

『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』1話 感想

全クリアしてるからこそ、最終自分がどんな運命をたどるか分かってるんでしょうね。

だからこそ先を見据えて行動していたツェリシナ。

でも、ヒロインがもう登場してるのにソラティークはツェリシナのことを溺愛

してそうですね・・・・どうしてだろう?

しかもお忍びでヒロインとデートしてるやん!

でも普通の顔をするソラティークはまだ何を考えてるのか分かりませんね・・・

そしてヒスイという男の子が登場しましたが、神獣が友達のようです。

一体ヒスイは何者なのでしょうか?

*まとめ*

『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』1話のネタバレを紹介しました!

友達を助けてくれと言われて案内された場所にいたのは、

白い犬のような姿をした神獣だった?!

次回の話の続きが気になります!

『加護なし令嬢の小さな村』
今すぐ無料で試し読み!!