ファンタジー

加護なし令嬢の小さな村【ネタバレ10話】アポなし訪問

『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』
乙女ゲームの悪役令嬢に転生したツェリシナ。婚約者である王太子は「加護無し令嬢」の自分を大事にしてくれるけど、いずれヒロインと結ばれて婚約破棄されることは転生前から知っていて・・・

養蜂箱を設置してから3日が経ち、上質な蜂蜜を採取することができたツェリシナ。

それを使ってパンケーキを作って振舞うと皆喜んでくれて・・・!

『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』10話のネタバレを紹介します!

『加護なし令嬢の小さな村』
今すぐ無料で試し読み!!

『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』10話 ネタバレ!

今日はいよいよじゃがいもの収獲です。

村人皆で手分けしてしようと話していると、そういえば昨日ツェリシナが帰った後に

お客様が来たと報告を受けました。

誰だろう?とツェリシナが思っていると、「サラ」という女性だったと

言われました。来るなんて連絡は誰からもなかったし、サラという知り合いはいないので

ツェリシナは不思議に思いながら、じゃがいも収獲に専念しました。

ーーー実はサラという女性はメリアの側近で、ツェリシナの領地の様子を偵察しに来ていたのでした。

報告を受けたメリアは馬車に乗り、その領地に向いました。

その馬車の中でメリアはため息をつきながら「わたくしも自分の大樹が欲しい・・・」

と遠い目をしました。そしてツェリシナに会ったら大樹のこととソラティークへの

本当の気持ちを聞いて確かめたいと強く思ったのです。

ツェリシナが収獲を終え、村人たちとじゃがいもパーティーしていると、

メリアが突然現れたので驚きました。

どうしてこんな所に!?と動揺しながらも、せっかくなので

作ったポテトチップスをメリアに振舞いました。

するとメリアは一口それを食べると頬が落ちそうだと喜び、

もう一口食べました。

そんなメリアにところで今日は何の用でここへ?と聞くと、

領地を任されていると聞いて気になって来たんだとメリアは話し、

「一緒に大樹を育てさせてほしい」とまさかの言葉を発したのです!

自分は加護を持っているから一緒に居るなら大樹はもっと

成長するだろうし、そうすればツェリシナにとっていいこと尽くしだと思うと持論を述べ、

村の皆に挨拶をして回り始めました。

メリアに悪気はないとはいえ、アポなしで突然押しかけてきたかと思えば

一緒に大樹を育てたいなんてどういうこと?!

そもそもなんでソラティークを放っておいてどうしてここにいるの!?

色んな事が頭の中を巡ってツェリシナは頭が痛くなりました。

2人きりで落ち着いて話したいと思い、メリアを部屋に案内し詳しく話を聞くと、

大樹はとても貴重でそう簡単に手に入るものではないのを聞いたから

育ててみたいんだとメリアは言いました。

そんなメリアにツェリシナは父親からもらった大切なものなので

誰かと一緒に育てるつもりはないとハッキリ言い切りました。

残念そうな顔をするメリアに、ソラティークと結婚してねだれば

大樹の管理に携われるのにな~と思っていると、

メリアは1つ謝らなければならない事があると言い始め、

なんと面と向かってソラティークを好きになってしまったと告白してきたのです!

知ってるけど今ここで言う必要ある!?と驚きながら、

自分は一応まだソラティークの婚約者なんだから想っていても言うべきではないと

思いました。まぁずっと療養生活をしていて対人関係が不十分なヒロインに

配慮を求めるのは酷かなと思いながら、

今の言葉を聞かなかったことにするからその気持ちに蓋をしてくださいと注意しました。

素直なところはメリアの長所かもしれないが、もし本当にソラティークの妃の座を

望むというのであれば勉強した方がいいし、人を訪ねる際は事前に連絡しないと

他の貴族に同じ子緒をすればメリアの家に抗議が来るかもしれないと話しました。

メリアは本当に何も知らないようで、自分は子供みたいだと肩を落としました。

酷いことを言ったのに色々教えてくれてありがとうと立ち上がり、

前向きなメリアは笑顔でソラティークに相応しくなるようもっと勉強に励む

言って村を去って行きました。

形だけでも気持ちに蓋をしてほしいんだけど・・・話聞いてたのかな?と

思いながらツェリシナは村の皆にメリアの提案を蹴ってしまったことを

謝りました。すると皆はツェリシナを信頼しているし、ここの領主は貴女なんだから

言ってくれツェリシナは感動してして泣きそうになったのでした。

 

『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』10話 感想

メリアは突拍子もない事を思いつきますね(苦笑)。

良い子なんだけど無知すぎて輪をかき乱すというかなんというか・・・。

ソラティークと結ばれたらこっちはバッドエンドを避けれると思ってはいるけど、

本人から略奪宣言?にも捉えられる事を言われるとカチンときますよね~。

冷静にツェリシナは対応したので流石だと思いました(汗)。

たしかにツェリシナだからいいけど、他の貴族にアポ無し突撃されたら

家同士の問題に発展しそうですからね~。メリアは行動を考えた方がいいし、

側近も可愛がるばかりではなくて注意した方がいいと思いました。

 

*まとめ*

『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』10話のネタバレを紹介しました!

突然のメリアの行動に唖然としながらも冷静な対処をしたツェリシナ。

次回の話の続きが気になります。

『加護なし令嬢の小さな村』
今すぐ無料で試し読み!!