ファンタジー

加護なし令嬢の小さな村【ネタバレ6話】ヒロインと初対面

『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』
乙女ゲームの悪役令嬢に転生したツェリシナ。婚約者である王太子は「加護無し令嬢」の自分を大事にしてくれるけど、いずれヒロインと結ばれて婚約破棄されることは転生前から知っていて・・・

王城で開かれる「豊穣の夜会」にソラティークと一緒に参加することになったツェリシナ。

ここのはヒロインも来ることになっていて・・・・?!

『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』6話のネタバレを紹介します!

『加護なし令嬢の小さな村』
今すぐ無料で試し読み!!

『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』6話 ネタバレ!

今日の夜会はヒロインに会う物語の転換期になるので、

ツェリシナはしっかり悪役令嬢をしよう!と張り切りました。

夜会の準備をしていると、これから会うというのにその前にバラの花束が

ソラティークから届きました。

ヒロインへの好感度もかなり上がってるはずなのにこちらにも贈り物を

してくれるなんて本当に律儀な人だな~と流石に尊敬しました。

その後、ソラティークが屋敷に迎えに来てくれたので玄関先に向かうと、

イベント衣装のソラティークが立っていたので、ツェリシナは思わずキュンとしてしまいました。

ーーーその後、パーティーかいっ場へ向かい一通り挨拶をして終えると、

ヒロインが会場にいるのを発見しました。さすがのヒロインはめちゃくちゃ可愛い女性でしたが、

こっちを見てくるのになぜか話しかけてきません。

ソラティークに話しかけたいけど自分がいるから話しかけられないんだろうと思った

ツェリシナは少し外へ出てくるとソラティークに言いました。

しかし「なら一緒に行こう」とついて来ようとするので、それは意味ない!と

思ったツェリシナは1人で大丈夫だからと断りましたが、

婚約者を放っておけるわけないと結局ついて来てしまいました。

中庭で2人で話していると、ヒロインのメリアがやってきて声をかけてきました。

変な誤解されたくないな~と思いながらツェリシナが挨拶をすると、

メリアはつい最近まで身体が弱いため母方の実家で療養していたんだということを

ソラティークが説明してきました。そういえばそんな設定だったな・・・と思いながら、

なぜか外にまでシャンパングラスを持ってきてしまったメリアが気になり、

ツェリシナはじーっと見つめてしまいました。

こういった場には不慣れで恥ずかしいと言いながらメリアは笑い、

ソラティークに一緒に踊ってもらえないか?ともじもじしながらお願いしてきました。

最初のダンスの相手が婚約者以外というのは外聞悪いけど・・・と思いながら、

ここで休んでいるので2人でぜひ踊ってきてとツェリシナは言いました。

メリアは喜びましたが、ここにツェリシナを置いて中に戻るつもりはない!と

ソラティークは断固拒否します。

メリアがその言葉を聞いてしょぼんとしているので、じゃあ3人で中に戻りましょうと

ツェリシナは言うと、メリアの手を引きました。

そしてわざとぐいっと引っ張ってメリアの持っていたシャンパンを

ドレスにこぼれるようにしたのです!

自分にもかかったのは想定外でしたが、これでヒロインとソラティークは

着替え直すためにゲストルームに2人きりになるぞ~とニヤニヤしました。

しかし、その思惑は外れて

ソラティークはツェリシナを抱きかかえてきたのです!

自分がツェリシナを連れて行きメリアはメイドに任せることにしようと言ってきたので、

まさかの展開にツェリシナは驚きを隠せませんでした。

 

『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』6話 感想

どうにかしてヒロインに興味を持たせるようにしようとしますが、

ソラティークはツェリシナしか見えてないので無理そうです(苦笑)。

無理して悪役を演じようとしても根が良い人なので、誰にもダメージを与えられてない

感じがします。きっとゲームではシャンパンかけてソラティークに

「なんて酷いことを!」と軽蔑されるというイベントだったんだと思いますが、

その真逆のことが今起こっちゃってて笑けますね(笑)。

まぁ諦めてソラティーク愛される人生を選んだほうがいいと言ってあげたいです!

*まとめ*

『加護なし令嬢の小さな村 ~さあ、領地運営を始めましょう!~』6話のネタバレを紹介しました!

ヒロインをソラティークが助けるという流れだったはずなのに、まさかの展開に!

次回の話の続きが気になります。

『加護なし令嬢の小さな村』
今すぐ無料で試し読み!!