漫画ネタバレ

カジって恋して【ネタバレ4話】デートの予行練習

『カジって恋して』美人広報・水川繭は、実は家事能力0の彼氏いない歴28年!ある日、大学時代から憧れている柳先輩が家事ができる女性が好きなことを知って落ち込み、そして帰宅すると部屋にエプロン姿のイケメンがいて・・・!?

新が作ってくれたお弁当を持って行って食べていると、柳に「美味しそうだね」と

言われた繭。咄嗟に「今度作って行きましょうか?」と約束してしまう!

新に頭を下げてお弁当の作り方を学んで一生懸命作るも・・・?!

 

『カジって恋して』4話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

スポンサーリンク

『カジって恋して』4話 ネタバレ!

柳にデートに誘われたのに、肝心な着て行く服が決まらない繭は

新に助けを求めました。

じゃあ片付けも出来てないし、今日の家事レッスンは断捨離にするかと新は

捨て方を教えました。すると、今まで思い出で置いてた服やまだ着るかなと

思ってしまっていた服も「いらないもの」として分けることに成功した繭は、

クローゼットがスッキリして気持ちよくなりました。

でも、いざこうやって見ると仕事服と家着ばかりでデートっぽい服を

持ってないと気付いた繭は、

「新君!!デート用の服買いに行こう!

ついでにデートの練習も!ごはん奢るから!」

と言って無理やり新を街に連れ出しました。

ーーー洋服屋に入ると、目に止まったのは女の子っぽいワンピースでした。

「着て見れば?」

新にそう言われた繭は一応試着してみることにしました。

試着室から出てきて、

「ど どうかな・・・」

新にそう聞くと、「いいんじゃない」と言われました。

これがいい!そう思った繭が値札をみると・・・なんとそのワンピースは

66000円もして繭はフラつきました。

そして着替えると、「やっぱりやめます」と言って店員さんに返しました。

やっぱり他のやつにすると繭が言うと、

「これください。」

そう言って繭が来ていたワンピースを新がお会計を済ませました。

繭がビックリしていると、

「値段で諦めるなら俺が買ってやる。アンタにはこっちが似合う。

それにアンタも手に取った時、生き生きしていた。

俺も好きだから。デートは特別だろ?

と言ってくれました。お金払うよ!と繭が言うと、

服を頑張って片付けた先生からのご褒美ってことでいいからと言われてしまいました。

それからご飯を食べに行き、名所を回り、デートの予行練習に新は付き合ってくれました。

なんでか新といると家の中でも外でも

素直な自分でいられるので繭はどうしてだろう?と不思議に感じました。

帰り道、

「手を繋ぐぐらい慣れておかないとな。」

そう言って新は手を繋いできました。

ドキドキ心臓が鳴り響いて、繭はこんなのじゃ柳のデートの時

どうなるんだろうと思いました。

観覧車があったので繭が乗ってみたいと言うと、

新は一緒に乗ってくれました。

柳とのデートの前に自分と色々経験しちゃっていいのか?と

新に聞かれたので、何を今さらと繭は笑いながら

「そもそも新君が先に手に義ったりキスしてきたんじゃな・・・。」

と言ってしまい、口を押えました。

キスをされたり今日の出来事を思い出して繭が顔を真っ赤に染めていると、

「・・・もう一回してみる?」

そう言って新は繭の目を真剣に見つめながら手を握ってきました。

【この手を振りほどけばいいだけ。

簡単なことなのに私・・・どうして・・・】

新の顔が近づいてきて、このままキスしちゃう・・・?!

 

『カジって恋して』4話 感想

ありのままいれる相手と一緒になるのが一番なのに、

繭は恋愛経験がないからそれにまだ気づけていません。

まぁずっと柳を一途に想っていたから無理もないけど・・・・

もはやこれは予行練習じゃなくて普通にデートだかんね!

新も仕事だと言ってもここまでプライベートなお手伝い普通してくれないよ~。

好きだからじゃん!繭に新の気持ち気付いてほしいな・・・

*まとめ*

『カジって恋して』4話のネタバレを紹介しました!

観覧車・密室・見つめ合う二人・・・・

これもうキスするしかないシチュエーションじゃん!次回の話の続きが気になります!

カジって恋してアイキャッチ画像
カジって恋して【無料】今すぐ1冊まるまる最後まで読む方法を調査!カジって恋して【無料】今すぐ1冊まるまる最後まで読む方法!食品メーカーの美人広報・水川繭は、実は家事能力ゼロ。ある日、片想い中の先輩・柳の理想の女性が家庭的なタイプだと知る。ショックのまま帰宅すると、整然とした部屋にエプロン姿のイケメンが!?...
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/