ファンタジー

仮面伯爵は黒水晶の花嫁に恋をする【ネタバレ3話】後悔

『仮面伯爵は黒水晶の花嫁に恋をする』継母の策略で身売りのように嫁がされたクリスタ。相手は人嫌いでいつも仮面をかぶっていると噂の辺境伯ジェラルド。実は彼には誰にも言えない秘密があり・・・?

ジェラルドは無理やりにクリスタを抱いたことを後悔していました。

最初にもっと彼女と話していればこんなことにはならなかったのに・・・

そう落ち込んでいると執事のダンテにズバッと「最低ですね」と言われてしまい・・・?!

 

『仮面伯爵は黒水晶の花嫁に恋をする』3話のネタバレを紹介します!

\新規登録限定50%OFFクーポン☆/
コミックシーモア公式サイトバナー

『仮面伯爵は黒水晶の花嫁に恋をする』3話 ネタバレ!

アカギレにペンダコ、マメが潰れた痕もクリスタの手にはあり、

どう見ても貴族の甘やかされた手ではなく、

それを見たジェラルドは噂していた人物ではなく、替え玉が来たのか!?

とさえ思ってしまいました。ジェラルドが悶々と色んな事を考えていると、

ダンテはため息をつきながら結婚という人生の一大事を雑に扱うから

こういうことになるんだから、いくら後悔しても遅いですよと言いました。

改めてきちんと謝罪してまずは食事を一緒にしたらどうか?というアドバイスをされ、

ジェラルドはあんな嫌われる事をしたんだから断れるに違いない・・・と

頭を抱えました。そんな腰抜けで当主が務まるんですか!と喝を入れられ、

栗下の正確な情報を急ぎで仕入れて欲しいとダンテにお願いしました。

とにかく無体を働いたあげく、彼女の純潔を奪ったのだから

こうなってしまえば偽物でももう帰せないとジェラルドは自分に言い訳しましたが、

本当は結局あの時に自分を抑えなかったのは、

あの黒水晶のような瞳に魅せられ、さらに美しいクリスタに惹かれてしまい

自分のモノにしたいと欲を掻き立てられたからなのでした・・・。

本当は目隠しを取って間近でその姿を見たかったのですが、

万が一に自分の仮面が外されてこの素顔を見られてしまえば、

クリスタの目を曇らせてしまうかもしれないと思ったので出来ませんでした。

ーーークリスタが嫁いで数日が経ち、ジェラルドに会うのは夜のほんの短い間

だけになっていました。「仮面伯爵」の世間の評判は「冷たく偏屈な人嫌い」

噂でした知りませんでしたが、軟膏を渡してくれ気にかけてくれるところから感じるに、

やっぱり噂な人じゃないのかもしれない・・・とクリスタは思っていました。

しばらく触れないと言われて正直ほっとしていますがこのままでいいのか・・・

クリスタは屋敷にまだ馴染めずにいました。

ある日、昼間にジェラルドがクリスタの下へやってきて

これからは一緒に昼食を食べないか?と誘ってきたのです。

好きなようにしてくれた方が自分も嬉しいとクリスタが答えると、

ジェラルドはホッとした様子で去って行こうとするので、軟膏のお礼をいうと

あの時はすまなかったと謝ってきて

「君は自分の手が汚いと言ったが・・・俺はそう思わない。

働き者の手を侮辱するつもりはない。」と言ってくれ、

その言葉を貰ったクリスタはドキドキが止まらなくなったのでした・・・。

 

『仮面伯爵は黒水晶の花嫁に恋をする』3話 感想

酷い噂を真に受けて本人と話もせず、クリスタの事をそんな目で見ていたジェラルド。

しかし自分が間違っていた事をクリスタの様子や手を見て読み取りました。

クリスタなんて噂と真逆の超いい子なんだから、

美しいクリスタと話してみればコロッと誰でも落ちちゃうこと間違いなし!

そしてジェラルドもまた噂通りの人ではなく絶対に良い人!

2人とも夫婦の入り方を間違えちゃったけど、これから少しずつお互いを知って行って

いい関係になれたらいいな~って思いました。

*まとめ*

『仮面伯爵は黒水晶の花嫁に恋をする』3話のネタバレを紹介しました!

お互いにあの人は噂とは真逆なのでは?と感じてきました。

2人で話を重ねるたび顔を合わせるたびに惹かれ合う・・・

次回の話の続きが気になります。

『仮面伯爵は黒水晶の花嫁に恋をする』
今すぐ無料で試し読み!!