漫画ネタバレ

カタワレオレンジ【ネタバレ11話】軽蔑されてもいいから嘘をつく

『カタワレオレンジ』結婚を3日前に控えた清は、婚約者の浮気現場に居合わせてしまう・・・。セックスは苦痛の行為でしかなく「不感症」だと言われ、傷ついた清が傷心旅行に行った沖縄で出会ったのは運命の人で・・・

リョウと一緒に営業の外回りに行くことになってしまったサヤ。

こちらのことに気付いてない様だったので、忘れたんだとサヤがホッとしていると

「忘れてない」とサヤの名前を呼んできて・・・?!

 

『カタワレオレンジ』11話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『カタワレオレンジ』11話 ネタバレ!

右城清って字面だけ見たらどこの演歌歌手かと思ったよとリョウが言って来たので、

サヤは自分の事を覚えていたのか?と驚きました。

するとリョウは頭を掻きながら「忘れるわけないでしょ。」と答えました。

サヤはそうですよね・・・としか言えず、そのまま車を走らせました。

どうして社内問題児が集められる窓際営業部にいるのか?と

聞かれたサヤは部長から聞いてないのか?と返しました。少しだけとリョウが言うので、

カズヤのこと知られてるんだと胸が痛みました。

でも部長から聞いたって事は自分が寝とった側だと思われてるに違いない・・・

サヤはそれを訂正しようとしましたが、聞いたままで他人から奪っても

彼が欲しかったんだと嘘をつきました。

色々やらかしてしまってこんなところに送られてしまったけど、

今は新しい恋人も出来て人並に幸せだサヤはこれから

毎日会うのなら軽蔑されて距離を置かれた方がマシだと思い、心にもない事を言いました。

すると、リョウが今からサヤのことを「キヨシ」と呼ぶことにするよと言ってきました。

自分は清という字を書くけど、キヨシと呼びませんとサヤが言うと

「じゃあサヤって呼んでいい?」とリョウが聞いてきたので、

サヤは沖縄でのことを思い出し、ダメです・・・と答えました。

じゃあこれからキヨシねということになってしまったので、サヤはその代わりに

リョウのことを「アヤさん」と呼ぶことにしました。

自分だって綾と書いてリョウと読むなんて知らなかったんだとサヤが言うと、

リョウは犬みたいだと笑い始め、サヤを撫でながら「よしよしキヨシ~」と言いました。

恋人同士だったリョウとサヤはもういない・・・

今はただの女子と部下なんだ・・・サヤはそう言い聞かせたのでした・・・

翌日、サヤはリョウに社内検定受けてくれと言われました。

本当は代理店で最低2人は資格持ってないといけないんだからと

言われたサヤがということはリョウはもう取ってるってことか?と聞くと、

リョウはアッサリした顔でもう取ったと答え舞いsた。

あの検定は元々アメリカで開発されたアプリケーションでものすごく

難しいのに凄い!とサヤが驚いていると、リョウは教えてあげるから

一緒に頑張ろうと頭を撫でてくれました。

それからというもの、営業と勉強と両立をして寝る間も惜しんでサヤは

勉強し、会社ではリョウに教えてもらいながら着々とスキルアップしていきました。

ある日の夜、サヤが残業しているとリョウが戻ってきました。

「アヤさんお帰りなさい」サヤがそう言うと、リョウが真面目な顔で近づいてきました。

ドキドキしながらどうしたのか?と聞くと、

「ホテル予約したよ。」と急に耳元で囁かれたのです・・・!

 

『カタワレオレンジ』11話 感想

サヤ、リョウと呼び合うと一時の本気の恋愛のあの沖縄のことを思い出すから

2人はお互いと「キヨシ」と「アヤ」と呼び合うことにしたようです。

あぁ・・・もっと早くに出会えていたなら変わってたな~。

サヤも他の人と付き合うことなかっただろうし、リョウも間違った情報を

耳にしなくてよかっただろうし・・・。

サヤが寝とったわけじゃないのに、なんでそこ本当の事言わないんだろう。

別に悪い事したのがサヤじゃないのになんだか納得いかないな~。

そしてそして!リョウがホテルに誘って来た!?

本当に嫌なら断ってくれたらいい、でもまだあの時の気持ちを忘れてないなら

一緒に来てほしいというリョウの賭けみたいなものなのかな?

ドキドキしちゃうんですけど!サヤはどうするんだろう・・・?

*まとめ*

『カタワレオレンジ』11話のネタバレを紹介しました!

ホテルの予約を取ったというリョウ。その思惑とは・・・?

次回の話の続きが気になります!

カタワレオレンジアイキャッチ画像
カタワレオレンジ【無料漫画】最終回結末まで一気に読む方法『カタワレオレンジ』 無料で読む方法!結婚を控えたサヤは恋人が後輩と体の関係があることを知った…結婚を取り消したサヤは現実逃避をするために遠いところへ…そこで出会った御曹司との叶わない甘く切ないラブストーリー。...