漫画ネタバレ

カワイイ俺のお嫁さん【ネタバレ1話】突然のプロポーズ

『カワイイ俺のお嫁さん』
チャラくてゆるい御曹司の龍生は、ある日、見知らぬ地味オバサンから突然プロポーズされる。聞けば彼女は社長である父親の秘書で、龍生との政略結婚を目論んでいるようで・・・?!

地味目なオバサンに突然プロポーズされた御曹司でチャラ男の龍生。

なんだこいつ!!しかし、その女性は本気の様で・・・?!

 

『カワイイ俺のお嫁さん』1話のネタバレを紹介します!

\独占先行配信!!/
コミックシーモア公式サイトバナー

『カワイイ俺のお嫁さん』1話 ネタバレ!

晴れた日の午後、仕事に出た龍生は見知らぬ女性に呼び止められ、

突然プロポーズをされました。目の前にはリクルートスーツで

黒髪をひとつに束ね、メガネをしている地味なオバサンが名刺を渡してきました。

ひとまず婚姻前の契約書を持ってきたので、読んで了承してくれたら結婚しようと

言われ、龍生は突然の出来事に青ざめて動揺しました。

なんでこんな変な知らない女と俺が結婚しないといけないんだ!?

怖くなった龍生はその場を逃げ出しました。

実は龍生はとっても大きい会社の御曹司で、女は掃くほど寄ってきます。

その中の1人かなと思いましたが、名刺を見ると父親の会社の秘書だったので

龍生の住所に書類を送ってくるし、こちらの顔も知ってるようなので

本当ぽいなと思い、龍生はちょっと遊んでやるつもりで

その女性・理子に連絡してみることにしました。

会うなり契約書に同意してもらえたか?と聞いてきたので、目を通しただけだと

龍生は答えました。父親の秘書と言いながらどうせ金目当てで自分に近づいたんだろう?と

龍生は理子に向かって笑いました。自分は父親の後を継ぐ気はないから意味はないから、

分かったら家まで押し掛けるとかよしてねと言うと、

30歳になったら社長は龍生に継がせたいと言っていたがと莉子は返しました。

冷静なフリしてるけど内心焦ってるんだろうな~と思いながら、

龍生は大きい会社だから自分より優秀な人はゴロゴロいるし、その人に継いでもらった方が

いいでしょ~とダルそうに答えました。

すると・・・理子は「それは私です。その優秀な社員であると自負しています。」

と言い始めたのです!思ってもみない返しに、龍生は唖然としました。

理子はかまわず自分が後継者になれない理由は、親族経営の会社で

親類関係にないから自分が継げないだけなんだとプレゼンし始めました。

ということは、だから自分と結婚したいってこと!?

これって完全になめられてるよね!?イラついた龍生は、

婚姻に対して不満があると答え、からかうように「セックスのこと」と耳元で囁きました。

あんたには無理っぽいし帰るわ~と言って、これでもう自分に近づかなくなっただうと

ダルそうに龍生は席を立って店を出ました。

でも帰り際、肌は白くて綺麗だった理子を思い出し、

触ってみたい気もするような・・・と妄想してしまいました。

いや!なに妄想してんだよ!忘れろ!と思いながらシャワーを浴びて

ベッドに着きましたが中々理子の事が頭から離れず寝付けません。

ーーー翌朝寝不足で起きると、なんと理子がマンションまでまたやってきました。

すると真面目な顔で書類を出し、「性交渉は毎月一度要相談の上で行う」にすれば

同意してもらえるか?と聞いてきたのです。めげてないのかよ!と唖然としていると、

明日ここに引っ越してくるので、そのまま入籍の手続きをしましょう

話を進めてきたのです!

 

『カワイイ俺のお嫁さん』1話 感想

チャランポランな御曹司・龍生は、お金目当てで近づいてくる

女性ばかりでうんざりした生活を送っていたようです。

開き直ってそんな女たちをとっかえひっかえして遊んでいたようですが、

初めて真面目タイプの理子に出会って驚きます。

てか、理子の野心すごいな(苦笑)。自分は優秀な社員なので

あなたが継ぐ気がないなら好都合!親族経営で血が繋がっていないのが

会社を継げない理由なら結婚してくれるだけでいいのでと龍生に

淡々と話します。まっすぐな目は嘘を言ってるようにもありません。

どストレートに自分の考えを話す理子にタジタジのチャラ男な龍生が面白いです。

*まとめ*

『カワイイ俺のお嫁さん』1話のネタバレを紹介しました!

この婚姻の条件に同意してくれるなら即入籍しましょう!

理子の行動力に龍生はタジタジで・・・!?次回の話の続きが気になります。

カワイイ俺のお嫁さんアイキャッチ画像
カワイイ俺のお嫁さん【無料・お得】に最新話まで読む方法を調査!カワイイ俺のお嫁さん【無料】最終回まで読んでスカっとしたい!お偉いさんの息子でありながら、チャラくて好き勝手に暮らしていた龍生。ある日突然、見慣れないおばさんから突然「結婚してください」と告白される。聞けば彼女は、龍生との政略結婚を目論んでいて…?!...