漫画ネタバレ

カワイイ俺のお嫁さん【ネタバレ2話】結婚なんてするもんか

『カワイイ俺のお嫁さん』
チャラくてゆるい御曹司の龍生は、ある日、見知らぬ地味オバサンから突然プロポーズされる。聞けば彼女は社長である父親の秘書で、龍生との政略結婚を目論んでいるようで・・・?!

プロポーズしてきた女性は、父親の秘書・理子。

なんで自分と結婚したいんだ?と聞くと、理子は会社を継ぐのは

優秀な社員の自分が適任なので、親族経営の会社だから

龍生と結婚すれば親族になれるのでOKなのでは?と思ったと答えてきたので!?

 

『カワイイ俺のお嫁さん』2話のネタバレを紹介します!

\独占先行配信!!/
コミックシーモア公式サイトバナー

『カワイイ俺のお嫁さん』2話 ネタバレ!

今日は理子が引っ越してくる日です。

荷物の少ない理子を出迎え、「今に見とけよ」と思いながら

婚姻届けにサインしました。

理子が自分が出しに行くと言うと、龍生は仕事前に自分が出しに行くから

いいよと言って出かけました。

しかし、龍生は途中のコンビニに笑いながら婚姻届けを捨てたのです!

そしてルンルンで「いつ気付くかな♪」と職場へ出勤しました。

その夜、龍生が家に帰るとまだ早い時間なのに

理子はすでに寝ていました。結婚したばっかりなのに

初日ぐらい旦那の帰りを待たないわけ!?龍生は驚きながら、

リビングのソファーで寝たのでした。

朝起きると、ダイニングテーブルに手作りのオムライスが作られて置いてありました。

龍生は「食べるわけないじゃん」と思いながら、ゴミ箱にオムライスを捨てました。

すると、理子が買い物から帰ってきたようで龍生はビクつきました。

休日なのにスーツを着てるので、どうしてだ?と聞くと、理子は

これが私服だと言いました。こんなダサイ服の私服初めて見たと

龍生が思っていると、理子はオムライスを食べたのか?と聞いてきました。

慌てながら龍生が美味しかったと嘘をつくと、理子は流しにあったオムライスの皿をじっと見つめたのでした。

龍生はバーを経営しており、その職場には「今日から家政婦のオバサンが来た」と言ってありました。

仕事をしていると、従業員に家政婦のオバサンが来ましたよと言われて

振り返るとそこには理子が立っていました。

なんでここにいるのか?と聞くと、自分たちの結婚をメールで報告したら

龍生から話を聞きたいと返信があったのでと言われました。

父親への報告とかあるのかよ・・・と青ざめながら龍生が、

今日はちょっと無理と答えると、明日伺うと伝えたので大丈夫ですよと言われてしまいました。

じゃあこれでと去ろうとする理子に、その服はダサいからどうにかできないかと思い、

服屋に一緒に行くことにしました。眼鏡もいらないな~と外すと、

なんだか思ったより若くていくつか?と聞くと理子は33歳だと答えました。

29歳の龍生と4つしか違わないのを知って、もっとオバサンかと思っていた龍生は拍子抜けしました。

その後、2人でマンションに戻ると理子は夕食を作ってくれました。

今日色々と買ってくれたのでそのお礼ですと理子が言うので、

龍生が冗談で「惚れちゃう?」と聞くと、理子はフッと笑いながら「そうですね」と返しました。

その表情にドキッとしながら、龍生は作ってもらった料理に箸をつけました。

一口食べると・・・あまりの不味さに驚きを隠せません。

まじかよ・・・そう思いながら、なんでこのメニューなんだ?と聞くと、

社長が龍生の好きな食べ物を話しているのを聞いていたのでと理子は答えました。

覚えていたのを全部作ってくれたと分かった龍生は、

無理して全部たいらげ、その晩トイレにこもったのでした・・・。

 

『カワイイ俺のお嫁さん』2話 感想

えーーーーー婚姻届け捨てるとか酷い!さらに作ってくれたオムライスも

一口食べずに捨てるのも酷い!!ってか、まだ2人は夫婦じゃないって知ったら

社長である父親はどう思うんでしょうね?龍生をきつく叱りそうな気がします。

理子はただただ馬鹿真面目な秘書で、動きとやってることがロボットみたいですが、

時折見せる表情が可愛く感じます。龍生もそこにドキッとしてしまうことがあるよう・・・

え?これってこのまま一緒に生活したらうまく行くパターンなんじゃない?

*まとめ*

『カワイイ俺のお嫁さん』2話のネタバレを紹介しました!

げろマズな理子の料理で一晩中腹をくだし続けた龍生。

もうあの料理を食べたらダメだ・・・そう思った龍生は?次回の話の続きが気になります。

カワイイ俺のお嫁さんアイキャッチ画像
カワイイ俺のお嫁さん【無料・お得】に最新話まで読む方法を調査!カワイイ俺のお嫁さん【無料】最終回まで読んでスカっとしたい!お偉いさんの息子でありながら、チャラくて好き勝手に暮らしていた龍生。ある日突然、見慣れないおばさんから突然「結婚してください」と告白される。聞けば彼女は、龍生との政略結婚を目論んでいて…?!...