漫画ネタバレ

カワイイ俺のお嫁さん【ネタバレ5話】幼き日の記憶

『カワイイ俺のお嫁さん』
チャラくてゆるい御曹司の龍生は、ある日、見知らぬ地味オバサンから突然プロポーズされる。聞けば彼女は社長である父親の秘書で、龍生との政略結婚を目論んでいるようで・・・?!

初めて理子の誕生日を知った龍生。その日は逆算すると

なんと入籍する日だった!慌てた龍生は捨てた婚姻届けを探しに出るが・・・?

 

『カワイイ俺のお嫁さん』5話のネタバレを紹介します!

『カワイイ俺のお嫁さん』
最新刊★独占先行配信!!

『カワイイ俺のお嫁さん』5話 ネタバレ!

翌日、龍生は出かける前に理子に初めてキスをしました。

このまま押し倒したい気持ちを抑えながら、真っ赤になって固まっている理子に

いってきますと言って家を出ました。

婚姻捨てたことを理子に知られたら絶対ヤバイと思った龍生は、

それなら感謝されるようなことを先にすれば怒られないのでは?と考えました。

電車で向かった先は、理子のプロフィールに書かれていた実家の住所でした。

なんだか見覚えあるなこの場所・・・と思いながら、家のインターホンを鳴らしますが

誰も出てきません。裏口に回ってボーっとしていると「どなた?」と言って

理子の母親が出てきました。チャラそうに龍生が「理子と結婚した 富士沢龍生っていいまっす」

と自己紹介しました。理子に言われてきたのか?と母親は言いながら、

「随分軽い大人に育ったのね。昔は引っ込み思案で泣き虫さんだったのに。」

と言われてしまいました。その言葉を聞いた龍生は一気に昔の事を思い出したのです。

なんと理子と龍生は幼馴染で、昔よく遊ぶ仲でした。

突然龍生と結婚するなんて驚いたと母親はため息をつき、

今度理子と2人で来たら、軽薄な相手となんで結婚したの?と言うべきことがあるからと

言われてしまいました。敵意を感じた龍生は逃げなければと立ち上がり、

理子と母親にも嫌われたくないな~とヘラっと笑ってその場を立ち去りました。

1人で街を歩きながら、父親も結婚反対しなかったし

理子が自分の事を詳しく知っていたのはそう言う事だったのか・・・と納得しました。

でも、最初から言えばいいのにどうしてそんなに不器用なんだろうと

思うとさらに理子のことが愛おしく感じました。

ーーー家に帰って理子に理子の母親に会ってきたことを話すと、

理子は嬉しそうにお礼を言ってきました。

可愛いな~と思いながら、けどそんな事より今は聞かないといけないことがあると

龍生は「俺ら会ったことあったんだ?」と聞きました。

すると思ってたのと違う反応が返って来て、龍生は不思議に思いました。

「俺の事好きなの?」龍生がそう聞くと、理子はなぜそんなことを聞くの?と

顔を真っ赤に染め、龍生の父親に挨拶に行った時に

名前を呼んでくれたあの時から自分は龍生が欲しいのにと言いました。

たまらなくなった龍生は理子にキスをすると、

「俺はめっちゃ好き・・・!」と言って押し倒したのです!

 

『カワイイ俺のお嫁さん』5話 感想

龍生いつまでたっても考えがチャラい・・・素直に早く婚姻届け

捨ててしまった事を謝ったほうがいいと思うけど・・・(汗)。

なのに先に好きとか言っちゃって、押し倒しちゃってやること先にやっちゃうのは、

後からちゃんと夫婦になってない事を知った時、理子が傷つきそうだけどな。

真面目だからこういうことは結婚してからとか決めてそうだし・・・。

そこを解決してから先に進みなさいとお説教したい!

*まとめ*

『カワイイ俺のお嫁さん』5話のネタバレを紹介しました!

理子の可愛い言葉や仕草にやられてしまった龍生。

キスして押し倒して「好き」だと言った後は・・・?

次回の話の続きが気になります。

『カワイイ俺のお嫁さん』
今すぐ無料で試し読み!!