ファンタジー

虐げられ令嬢とケガレ公爵【ネタバレ5話】事実を告白

『虐げられ令嬢とケガレ公爵~そのケガレ、払ってみせます!~』
掃除メイドとして家族から虐げられている伯爵家長女のキャスライトですが、妹のチェリアリアに結婚の話が舞い込みます。しかし、ケガレ公爵に嫁入りなんてまっぴらな妹は姉のキャスライトを身代わりに結婚させるのですが・・・!?

公爵家の離れで暮らし始めたキャスライトは夜に眠れずに掃除を始めます。すると、嫌な気を出しているクロホコリを追いかけてある部屋のドアを開けようとします。するとジルカシウスがやってきて、キャスライトを助けるのでが・・・!?

『虐げられ令嬢とケガレ公爵~そのケガレ、払ってみせます!~』5話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

『虐げられ令嬢とケガレ公爵~そのケガレ、払ってみせます!~』5話 ネタバレ!

危ない・・・っ!!

ある部屋に入ろうとするキャスライトを見つけたジルカシウスは、全力で駆け寄ると彼女を抱き止めて入室するのを阻止します。

公爵・・・様・・・キャスライトは突然のことでびっくりします。

あの部屋は、お前が恐れたこのケガレを宿した器”ケガレモノ”の収集室(コレクトルーム)だ!!とジルカシウスが怒鳴りつけます。

触れぬよう、人を離れに入れるなと言ってありました。

なぜここにお前がいるっ!とジルカシウスが言います。

えっと!?公爵様が離れで暮らせって言ったんじゃ・・・!?とキャスライトが言うと、

ジルカシウスは執事・カーネルの仕業だと察しました。

っていうか、ケガレモノって何かしら?とキャスライトは思います。

お前には見えないかもしれないが、あの部屋の周りには人に害をなす悪しきモノがあまたいる。だから近寄るなとジルカシウスが言うと、害?あのクロホコリのことですか?あの黒くて大きくて埃みたいなのですよね?とキャスライトが訊きます。

確かに黒くて大きくて埃のようなものだとジルカシウスが言います。

あれがケガレだったんですか!?とキャスライトは驚きます。

通った後の空気をモヤモヤと嫌な感じにさせるモノだとキャスライトは思っていましたが、ジルカシウスはあれに近寄れば近寄るほど顔のケガレの跡が軋むように痛むのだと言います。

それを聞いたキャスライトはとっとと払っちゃいましょう!!と気合を入れて、ケガレモノの収集室に入っていこうとしますが、待て!行くな!俺の痛みはどうでもいい。お前の身にも何が起きるか・・・とジルカシウスがキャスライトの腕をつかんで引き止めます。

そう言われたキャスライトはぽぅっと顔を赤くします。

そして、自分を掴んでいるジルカシウスの手をポンポンと2回叩くと、大丈夫です。絶対大丈夫ですから、私にお任せくださいとキャスライトは言います。

キャスライトがポンポンとハタキを動かして行くと、ケガレモノがどんどん消えていきます。

本当に払えている・・・とジルカシウスは唖然とします。

どうですか?ちょっとはよくなりました?とキャスライトが訊くと、ああとジルカシウスが答えます。よかったと言ってキャスライトがにっこり微笑みます。

その笑顔を見たジルカシウスは胸がトクンと高鳴りました。

君は一体何の目的で公爵家の嫁入りしたんだ?とジルカシウスが訊きます。

キャスライトは焦ります。

いざ聞かれると、目的は何なのか?職探しなのか?これで合っているのかわかりません。

権力と金欲しさに妹を押し退けてきたわけではなく、かといって、ケガレ公爵に嫁ぐ妹を哀れに思って盾になりにきたわけでもなさそうだ・・・とジルカシウスが言います。

ダメだ・・・この人には、きちんと全部伝えなきゃ・・・そう思ったキャスライトは、事実を告白することにします。

公爵様、お恥ずかしい話、私の両親並びに妹は、自分達さえ豪勢な暮らしができればよいという考えの持ち主です。そんな彼らから気に入られていない私は、給金のかからない掃除メイドの扱いを受けていました。

伯爵家の令嬢がか・・・?とジルカシウスは驚きます。

はい、しかも長子を・・・。ですがもう、彼らにはほとほと嫌気がさしたので、妹の身代わりに嫁に行かせるというあまりにもずさんな計画にあえて乗り、こちらに来させていただきました。

ジルカシウスは感じました。なんという・・・強い意志を宿した目だ・・・

ワガママだと承知しております。決しておじゃまは致しません。離縁は公爵様のご都合でいつしていただいても構いませんと言いながらキャスライトは深く頭を下げます。

そして、少し顔を上げると、ただ・・・ただ・・・私が己自身で身を立てるまで、糸口を掴むまで、ここに置いてはくださいませんでしょうか?と必死に懇願するキャスライトの目からは、涙が頬を伝って落ちていくのでした。

『虐げられ令嬢とケガレ公爵~そのケガレ、払ってみせます!~』5話 感想

キャスライトがあまりにも健気で、胸打たれます。それから、ジルカシウス様は決して悪い人ではないと感じました。特にキャスライトがケガレモノ収集室に入って、ケガレを払おうとした時に、キャスライトを心配して引き止めたところに優しさを感じました!

*まとめ*

『虐げられ令嬢とケガレ公爵~そのケガレ、払ってみせます!~』5話のネタバレを紹介しました!

「ここに置いて欲しいと」とお願いしたキャスライトですが、ジルカシウスは何と返事をするのでしょうか?2人が恋に落ちて、オブリュース家をぎゃうふんと言わせることができたら最高です!!苦労したキャスライトには是非とも幸せになって欲しいです。

\今すぐ無料で試し読み!!/
BookLive公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/