ファンタジー

虐げられ令嬢とケガレ公爵【ネタバレ6話】ケガレの気配

『虐げられ令嬢とケガレ公爵~そのケガレ、払ってみせます!~』
掃除メイドとして家族から虐げられている伯爵家長女のキャスライトですが、妹のチェリアリアに結婚の話が舞い込みます。しかし、ケガレ公爵に嫁入りなんてまっぴらな妹は姉のキャスライトを身代わりに結婚させるのですが・・・!?

“ケガレモノ”の収集室をあっという間に綺麗にしてしまったキャスライトは、なぜ公爵家に自分が嫁入りすることになったかをジルカシウスに全てを打ち明けるのですが・・・!?

『虐げられ令嬢とケガレ公爵~そのケガレ、払ってみせます!~』6話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

『虐げられ令嬢とケガレ公爵~そのケガレ、払ってみせます!~』6話 ネタバレ!

キャスライトは、私が己自身で身を立てる糸口を掴むまで、ここに置いては下さいませんでしょうか?と涙を流して必死に訴えます。

すると、ジルカシウスは親指でキャスの頬を流れる涙を拭います。

泣くな。置くも何も、君はすでに俺に嫁入りをしていると思っていたが・・・とジルが言います。

”嫁入り”という言葉にキャスは顔を赤くします。

えっ、あっ、でもそれはチェリーの身代わりで・・・とまで言いかけてキャスはハッとしました。

っていうか私、チェリーのこと、自分さえ豪勢に暮らせたらいい性格だって言ってしまいました。

急に冷や汗が流れます。

お嫁にしたいほどチェリーを恋しいと思ってくださった公爵様になんてことを・・・と言ってキャスは頭を下げました。

恋しい?誰が・・・誰を・・・?とジルが言います。

キャスはもじもじしながら、公爵様が私の妹を・・・と言うと、ジルは頭を抱えました。

確かに婚約期間を置きたくないと言ってしまったので、そうとられても仕方ありません。

そんな些末なことはどうでもいい。俺が君の妹を嫁にと求めたのは、君の妹からケガレの気配を色濃く感じてのこととジルは言いました。

嫁としておけば、なんらかの異変を感じたらすぐ動けると考えてのことでした。

つまりはケガレを監視するためなのです。

ジルは恋などという浮ついた感情など全く持ち合わせていませんでした。

しかし、キャスは恋しいチェリーの身を案じてのことなのだと勘違いします。

それなのに姉の私が来てしまって、本当に申し訳ありません・・・っと深々と頭を下げます。

いや、僥倖だったとジルは言います。

チェリアリアは現段階ではまだ何も被害を出していません。

このまま泳がせておいてもいいとジルは考えました。

君が来てくれたお陰で、この部屋のケガレである”クロホコリ”は払われ、俺のケガレの跡の痛みも消えたと言ってジルは顔のアザに触れます。

その表情を見た瞬間、キャスは胸がドキッとしました。

お役に立てたなら幸いです・・・っ!と言ってキャスはまた深々とお辞儀をします。

するとジルは、妻としての仕事は用意してないのだが、離れと本邸のクロホコリの掃除を是非ともお願いしたいと言いました。

”妻”と言う言葉に赤面してしまうキャスですが、大好きな掃除を依頼されて一気にテンションが上がります。

はいっ!お任せ下さいっ!!

では明日から頼むとジルが言うと、はいっ!それでは御前失礼いたしますっ!と言ってキャスはまた頭を深々と下げるのでした。

すっかりキャスの足取りが軽くなりました。

助かった・・・これで寝る場所もご飯も心配する必要がありません。

去り際に、ジルの声がもれて聴こて来ました。

これで少しなりとも憎きケガレ共に一矢報いてやれる・・・

キャスは本邸のクロホコリ掃除を始めました。

はたきをポンポンと動かしながら、キャスは考えます。

ケガレが憎いって・・・やっぱりあのケガレの跡に関係してのことよね・・・

どうしてかなんて簡単には聞けません。

キャスは思わずため息をついていました。

ジルの厳しくも辛そうな顔を思い出し、キャスは胸の奥まで苦しくなるのでした。

すると侍女のアンが現れました。

ちょっとぉおおおお!!!アンタ何離れから出てこんなとこいんのぉぉぉぉっ!!と怒鳴りながら走って来ます。

スカートの裾をばさっと翻すと、ご飯の時以外、出んなっつったでしょ!!とものすごい剣幕でキャスに怒りました。

アンはカーネル執事に見つかっては大変だとチラチラと周囲を気にします。

見つからないうちにとっとと行くよっ!と言うとキャスの腕を引っ張ります。

キャスは、朝食を本邸にいただきに来た時、クロホコリが見えたから、払ってたんです。他にもいないか確認しないと・・・と言いました。

するとアンは掴んでいた腕をさらに強く握ると、はぁ?つまりアンタ、アタシの掃除が適当だから、ホコリまみれだって言いたいわけ?

腕の痛みで顔を歪めるキャスは、自分が勘違いさせてしまったことに気づきます。

えっあっ、クロホコリはただのホコリとは違っ・・・とまで言いかけると、いきなりアンは掴んでいた腕をパッと離しました。

アンタ、やっぱり押しかけ迷惑令嬢だわっとアンに言われてしまったのですが・・・!?

『虐げられ令嬢とケガレ公爵~そのケガレ、払ってみせます!~』6話 感想

今回はキャスとジルの距離がさらにもう一歩近づいた気がしました!!そして「泣くな」と言ってキャスの涙を拭ったシーンが印象的でした。そして”俺に嫁入りをしていると思っていたが”と言うジル様のセリフもとってもカッコ良かったです。そしてチェリーに恋をしたから結婚しようとした訳ではないことも分かり、嬉しくなりました!

*まとめ*

『虐げられ令嬢とケガレ公爵~そのケガレ、払ってみせます!~』6話のネタバレを紹介しました!

本邸でクロホコリを払っていたキャスは、侍女のアンに勘違いされてしまいました。アンは味方につけたいところです。しっかりと誤解を解くことができるのでしょうか!?そして、キャスとジルのこれからが気になります!!

\今すぐ無料で試し読み!!/
BookLive公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/