漫画ネタバレ

君に好きと言えるまで【ネタバレ4話】深い意味はないよね?

『君に好きと言えるまで』普段から少し乙女ムーブが入ってしまうごく普通の男子学生の井口は、美しい男子学生の広瀬に出会ってから異変を感じ始めます。そして、葛藤が始まるのですが、、、?

美少年の広瀬から毎日一緒に帰ろうと誘われた井口は、

指切りをして約束をするのですが、、、?

『君に好きと言えるまで』4話のネタバレを紹介します!

\最新刊★独占先行配信/
コミックシーモア公式サイトバナー

『君に好きと言えるまで』4話 ネタバレ!

次の日、

広瀬とした約束を思い出して、

井口は小指を眺めます。

深い意味はないんだよな、、、?

すると横から笹木がやってきて、

朝から小指を眺めて恋煩いか?とからかいます。

恋煩いというワードで井口は、

広瀬の綺麗な顔が頭に浮かびます。

「そんなわけないだろ!」

井口は必要以上に大きな声で否定しました。

笹木はびっくりしたあと、

申し訳なさそうに去って行きました。

井口は自分自身に動揺します。

今日は本当に二人で帰るのか?

本当に友達としてなのか?

そんな雰囲気じゃないことは何となくわかっていました。

その時、「おはよ」と言って

広瀬がやって来ました。

そして井口に近づくと耳元で、

帰りは校門で待ち合わせねと囁いて行くのでした。

そして、広瀬はいつもと変わらず、

仲間達とワイワイ話しているのを見て、

どうしてそんなに普通でいられるのか

不思議でたまりませんでした。

放課後、

帰ろうっかと言って、

二人で歩き出します。

井口は不安な気持ちのまま、

自分の考えすぎなのかなと、

チラッと広瀬の顔色を伺うと、

明るく、屈託の無い顔で、

この後時間があるのならお願いがあると言われます。

訝しげについて行くと、そこはレストランでした。

目の前には5人前ほどの料理が並んでいます。

広瀬は井口と来たかったんだと言って、

嬉しそうにフォークとナイフを手に持っています。

井口はものすごい量の食べ物に驚き、

絶対無理でしょと思っていると、

いつもこんなだよと言って、

嬉しそうに食べ始めます。

ステーキにピザにハンバーガー、

大きな一口でパクパク食べます。

あっという間に広瀬は完食しました。

しかも、残さずに食べ方もとっても綺麗です。

井口は少食なので、

幸せそうに食べる大食いの広瀬を羨ましがります。

「見惚れちゃったよ」

そう井口が言うと、

その場の空気が止まりました。

気まずくなった井口はドリンクバーへと席を立ちます。

広瀬は黙って座ったまま、

まっすぐ前を見つめています。

井口はカップにコーヒーを注ぎながら、

見惚れたはキモかったかな?

あんなに豪快に食べるなんて、

友達じゃなきゃ無理だよな?

やっぱ気にしすぎかな?

あれこれ腕組みして考えてみますが、、、

『君に好きと言えるまで』4話 感想

井口くんと広瀬くんの微妙のやりとりが面白いです。

井口くんの言葉の端々に友達だよなというような確認ワードが入るのが

印象に残りました。

*まとめ*

『君に好きと言えるまで』4話のネタバレを紹介しました!

井口くんは何がきっかけで友達以上だという思いに気がつくのでしょうか?

井口くんと広瀬くんの微妙なやりとりから目が離せません!

\今すぐ無料で試し読み!!/
コミックシーモア公式サイトバナー