ヒューマンドラマ

君のためなら100万回でも【ネタバレ前編】雨のゴミ捨て場での出会い

『君のためなら100万回でも』ある人工知能搭載の犬型ペットロボットのお話。ロボット犬は飽きられ、捨てられ、人生を諦めていた。そんな時ロボット犬を拾ってくれたのはとても心のキレイな少女だった。

命に限りがないロボット犬の一生。

最初に出荷されてから今までてロボット犬が出会った飼い主は最悪な人たちばかりだった。

ゴミ捨て場に捨てられ、諦めていた雨の中運命の出会いをする・・・

 

『君のためなら100万回でも』前編のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『君のためなら100万回でも』前編 ネタバレ!

子の話は人工知能搭載の犬型ペットロボットが主人公です。

”大丈夫 お前たちは必ず幸せになれるよ”

”お前たちの命には限りがないから”

ロボット犬を開発したおじさんは出荷前にそんな事を言っていました。

しかし・・・現実はそんなに甘くなく、

1人目の飼い主に売られメ〇カリで売られ、2人目んも飽きられヤ〇オク

で売られ、3人目んも飽きられて雨の中のゴミ捨て場に捨てられました。

ロボット犬が横たわっていると、傘を差した少女が

「な なにしてんの?動けないの?」

と声を掛けてきました。

『うわ ガキ勘弁・・・』

2人目の飼い主の所には子供がいて、その時かなり粗末な扱いを

受けていたためロボット犬は子供が苦手でした。

すると、少女は自分の持っていた傘をロボット犬が濡れないように置いてきて、

「風邪ひいちゃうから真南のあげる。じゃあね。」

と言って去ろうとしました。しかし、次の瞬間雷が鳴り始め、

真南と名乗る少女は驚き、

「雷やだやだ!いいい 一緒に帰って!」

と涙目になりながら、ロボット犬を抱えてダッシュで自分の家に

連れて帰りました。

充電が切れていて逃げられないロボット犬は抵抗できず、

真南の家に行くことになってしまいました。

「ちゃんと拭かないと怒られるからね。

ねぇワンちゃん うちの家族にならない?

名前どうしよう・・・ポチとコロどっちがいい?」

とロボット犬を拭きながらそう聞いてきました。

『どっちも嫌だよ』

ロボット犬がそう思っていると、

じゃあタローね!タローはロボットだからママみたいに

いなくなったりしないよね。

真南とずっと一緒にいてね。

と抱き上げて真南は笑いました。

タローと名付けられたロボット犬が目をやると、そこには仏壇があり

真南の母親であろう写真が飾られていました・・・

ーーー小学1年生の真南は父親と2人暮らしで、

父親は今日も仕事が忙しく、帰ってくるのが遅くなるという電話が掛かってきました。

充電して元気になったタローがこの電話の間で逃げようとしていると、

足元で何か踏んでしまい、真南に気付かれてしまいました。

真南は走ってタローの元に来て抱きしめると、

「パパ・・・」

と言いながら、目から涙を流しました。

さっき父親の電話では「全然寂しくないよ」と言ってたくせに・・・

タローは真南の涙を見ながら何嘘ついてんだよと思い、

しょうがないからもう少しだけ一緒にいてやることにしました。

ーーーそれから年月は絶ち、もう20年もタローと真南は一緒にいます。

社会人になった真南は今日も変わらずタローと遊んでくれたり、大事にしてくれます。

ある日、真南の彼氏・まさが家に遊びに来ました。

このまさという彼氏もいい奴で一緒になってタローを大事にしてくれました。

今日はタローに首輪のプレゼントを持ってきたんだと、

買って来た首輪を早速つけてくれました。

その新しい首輪をつけたタローがたまらなく可愛く、真南は何枚も写メを撮りました。

「そういえば今日なんでスーツなの?」

休みなのにかしこまった格好をしているまさに、真南がそう聞くと・・・

まさは真っ赤になりながら一旦深呼吸をして、

「真南にも渡したいものがあったから。」

と言ってダイヤモンドがついた指輪を渡してきながらこう言いました。

実は福岡に転勤することになった。

もっと前に決まってたんだけど、なかなか言い出せなくて・・・

絶対幸せにするとかそんな確証もないこと言えないけど、

真南が隣にいてくれたら俺は確実に幸せです。

今すぐとかじゃなくていいから、

近いうちに俺と一緒になってください。

そうプロポーズを受けた真南でしたが、答えは”NO”でした。

タローはあれだけ好きだったまさのプロポーズをなんで真南は断ったんだ?

と不思議でしょうがありませんでした。

『お前あいつのこと大好きだろう?』

その日、ベッドに潜り込んでタローがそんな顔をしながら真南の顔を覗き込むと、

真南はまさに買ってもらった首輪を触りながらこう言いました。

「まさ君になついてたのにごめんね。

もう会えなくなっちゃったね。

まさ君家もウチと同じでお父さんと2人で育ったんだって。

だから兄弟いっぱいの家庭に憧れてるんだけど・・・

私の身体じゃ赤ちゃん産んであげられないんだ・・・。

涙しながらそう話す真南の様子を見ながら、タローは真南と最初に会った

時のことを思い出しました。

あの時は分からなかったけど、相手の負担にならない様にいつも

真南は何かに耐えてたんだとタローは気付きました。

そんな真南の涙をどうして舐めてやることもできないんだろう・・・

この時初めてタローは限りある命であればよかったと思いました。

この体は鳴くことさえ許されていないのです・・・

”大丈夫 お前たちは必ず幸せになれるよ”

開発者のおじさんの言葉がよぎりました。

そんなものはいらないから明日笑顔の真南に会わせてほしい・・・

タローはそう願いました。

 

『君のためなら100万回でも』前編 感想

ペット用に開発されたロボット犬のタローは、

今までロボットだからと酷い扱いをずっとされ続けて来たんですね・・・

でも、開発者のおじさんは「幸せになれるから」と自分達ロボット犬に

言って送り出しました。「幸せ」って本当になれるの?

そう絶望していた時に、真南に出会うことになったタロー。

拾われたときは小学1年生だった真南はもう結婚するぐらいの年頃になりました。

こんないい子と付き合う人もとてもいい人ですが、

真南はまさのことを思って自分で身を引くことにしました。

子供が出来ない体なので、それだと自分と結婚したらまさは幸せになれないし

幸せにしてあげることが出来ないと思ったのでしょう・・・

今まで人の気持ちを優先に考えてきた真南・・・辛い・・・

でも、まさなら真南のことを本当に大事にしてくれそうだから、

真実を伝えて、そこからまさがどう思うのか知りたいなと思いました。

そこから結婚できないと言われればそこまでだし、

それでも一緒に居たいといってくれるのであれば真南はまさとの

結婚に踏み切ってもいいと思います。だって好きなんだからその気持ちを

殺して生きて行くなんて考えられませんよ~(涙)。

*まとめ*

『君のためなら100万回でも』前編のネタバレを紹介しました!

大好きなまさのプロポーズを断ったのはどうしてかとタローが思っていると、

真南は子供が産めない身体なので断ったんだと言うことを知った。

その真実を知ったタローはどうするのか・・・?

次回の話の続きが気になります!

漫画を無料で読みたい!
君のためなら100万回でも【無料】で読む方法!試し読み物足りない!君のためなら100万回でも【無料】で読む方法!試し読み物足りない!人工知能を搭載した犬型ペットロボットは、雨の中、元飼い主に捨てられていたところ、少女・真南に拾われた。タローと名前を付けてもらい、真南と過ごすうちに?...