漫画ネタバレ

キミと越えて恋になる【ネタバレ4話】放課後に集合

『キミと越えて恋になる』 獣人と人間が共存する町に住む高校生・万理。「特例生」としてやってきた獣人・繁と正門前で出会う。関わるうちに繁の優しくて純粋な一面に惹かれて万理ですが・・・?

放課後に相田の家に集合することになった万理と繁。

一緒に居られない理由があると繁に直接言われたので、

万理は行くのをためらったが・・・?

『キミと越えて恋になる』4話のネタバレを紹介します!

『キミと越えて恋になる』
最新刊★独占先行配信!!

『キミと越えて恋になる』4話 ネタバレ!

せっかくこのクラスになじむこと前向きに繁が考えてくれたのに、

自分は側にいられないのかな?と思うと悲しくなりました。

相田に誘われたんだし今回はついていっても怒られないだろうと

万理は一緒に行く決心をしました。

相田は部屋に2人を入れると、何で万理はまざったら駄目なんだ?と繁に聞きました。

すると繁はため息をついて「忌み月」のことについて話し始めました。

忌み月とは獣人の発情期の事で、大体3月から4月の間に発症するので、

だから獣人の入学は5月からなのです。

発情の症状は風邪のような倦怠感と本能的な衝動・・・

抑える薬は気休めにしかならないので一生治る事はありません。

その話を聞いた間はピンときて「もしかしてそれって・・・」と2人に聞こうとしましたが、

繁が自分には発情期がないと否定しました。

実は繁は人間と住人の間に生れたから獣の機能が薄く、前例のない初めての事でした。

その話を聞いて間は驚きました。

なぜなら人間と獣人のハーフはまだ世界にいない事になっているからです。

一方万理は獣人と人が恋をして繁が生まれた事に驚きと感動を覚えました。

でも発症しないならから大丈夫なんじゃないか?と相田が言うと、

今日体育館の倉庫で万理を押し倒してそのままそれ以上がしたくなったんだと

繁は正直に今日会った事を話し、その横にいた万理はその事を思い出して恥ずかしくなりました。

繁曰く、多分忌み月が無い分相性のいいニオイを強く感じ取って暴走したんだと

言いました。オスとしての単純な欲情の抑え方さえ知らないこんな情けない衝動で、

これ以上友達を傷つけたくないと繁が言うので、

だから一緒に居られないという謎が間の中で理解出来ました。

相性がいいという言葉を聞いて嬉しいのに困らせてる事が分かり、

万理は嬉しいのに申し訳なく感じました。

でもここで素直に「わかった」って帰るわけにはいきません。

すると・・・相田が体育館倉庫の再現してみようと部屋に鍵をかけて

出ていったのです!

相田の部屋は施錠部分が壊れていて内側から開かない状態になっていて、

2人はまた密室で閉じ込められた状態になりました。

繁は冗談言うなと言って開けさせようとしましたが、

1回だけの勘違いだけかもしれないじゃないかと相田は言い、

万理も確かにそうかもしれないし、すぐ離れるのは淋しいと言いました。

ちゃんとどこまで接触したら大丈夫で駄目なのか正しく知って考えて、

その後離れるか決断してほしいと真剣な目で万理が言うので、

繁は部屋の外にいる相田に自分の唸り声が聞こえたらすぐに止めに来てほしいとお願いしました。

それから2人は握手から試し、万理の頭をなでてみたりしました。

自分も触りたくなった万理がモコモコの繁の頭をなでてもいいか?と聞いて

触らせてもらうと柔らかいその毛並みにドキドキしました。

すると少し甘い匂いが繁の鼻をかすめました。

バッと身体を離し、まだ何もないし他を試してみようということになり

今度はほっぺたを触ることにしました。

繁の手があったかくて撫でられて気持ちいいなと万理が真っ赤になってドキドキしていると、

繁は何とも言えない気持ちになり思わず抱きしめてしまいました。

急な事で万理の鼓動も早くなり、繁が急にゴメンと謝りながら

「朝霞がかわいくてつい・・・」と言われた所で、

万理は繁への好きが溢れ出ました。

しかしその瞬間、甘い匂いがキツくなり繁は発情してしまったのです!

抱きしめても大丈夫そうだったのになんで急に!?万理は驚き、

唸る声が聞こえたので1階のリビングにいた相田は慌てて鍵を持って部屋へ向かいました。

抱き合った事がきっかけでないとしたら発情するきっかけはなんだったんだろう・・・

少し冷静に万理が考えてみると、自分が心の中で「好き」だと思ってしまった

ことが原因なのでは?と思ったのです・・・・。

 

『キミと越えて恋になる』4話 感想

繁は獣人と人間のハーフだったんですね~!世界でもまだ前例がないようで、

その事は内緒のようです。忌み月というものは獣人にはあるみたいですが、

ハーフの繁にはそれがないとのことでしたが、獣のように発情はするようです。

万理が繁を好きと思う事でフェロモン?的なモノが出てしまっていて、

それに敏感に反応してしまっているみたいですね~。

というか、「可愛くて食べちゃいたい」=「好き」ということなんじゃないかなと

思うのですが・・・。自分は獣人だからこういうことになってると

好きな子に発情してしまうって事をまだ知らない繁は思ってしまってるようです。

*まとめ*

『キミと越えて恋になる』4話のネタバレを紹介しました!

好きが溢れて自分が甘く誘っていたと分かった万理は、

自分に発情する繁をどう止めるのか?!次回の話の続きが気になります。

『キミと越えて恋になる』
今すぐ無料で試し読み!!