漫画ネタバレ

キミと越えて恋になる【ネタバレ6話】力になる友達の言葉

『キミと越えて恋になる』 獣人と人間が共存する町に住む高校生・万理。「特例生」としてやってきた獣人・繁と正門前で出会う。関わるうちに繁の優しくて純粋な一面に惹かれて万理ですが・・・?

学力テストでいきなり一位を取った獣人の繋。いつも一位だった文乃は二位に落ちて

しまい、「獣人なんて消えればいいのに」と敵意を見せるのですが・・・!?

『キミと越えて恋になる』6話のネタバレを紹介します!

『キミと越えて恋になる』
最新刊★独占先行配信!!
スポンサーリンク

『キミと越えて恋になる』6話 ネタバレ!

幼い頃からテストで一番をとっていた文乃。

その理由はお母さんに褒められたいからではなくて、

私の作った好きを褒めて欲しいから・・・

幼い頃から文乃を見てきた律香は、

テストで2位になってしまった文乃を心配します。

電話をしてみると、

目の前の文乃の机の上で電話が鳴ります。

万理と獣人である繋に、文乃を見なかったかと聞いてみると、

掲示板で結果を見てたけど、様子が変だったと万理が言います。

すると律香は、

獣人、アンタも原因だから一緒に探して

と言って文乃の携帯を繋に差し出し、

文乃の匂いを辿ってと言うのでした。

文乃は昔から小説家になりたがっていました。

でも親はそんな夢を認めないし、

応援もしてくれません。

勉強を怠けずに良い大学に入る、

テストで絶対に一位をとる、

これを守れてる間は、

小説を書くことが許されていたのでした。

でも今日2位になって、

好きなことができなくなって、

どっかで絶望しているはずだと律香は言います。

テストに悪意がないのは律香も分かっています。

しかし今は文乃が心配で仕方ありません。

今の話を聞いて探さない方が悪意があるだろ?

と繋が言うと、文乃の携帯の匂いを嗅ぎます。

匂いの跡を辿ると屋上に行きつきました。

文乃はフェンス越しに外を眺めていました。

身投げするかと思った律香は文乃に抱きつきます。

文乃はもう二度と書けないノートを持っていたくないから、

屋上に捨てに来たのだと言います。

律香はまだ読んでる途中だったのに、

不法投棄するな!と言って怒ります。

万理はフェンスから下を見てみると、

ちょうど2階の段差のところに破かれたノートが

落ちているのを発見しました。

せめて校庭に落ちていてくれれば拾えたのに・・・

と思うのでした。

繋もそのノートを見つけます。

きっとあのノートに小説が書いてあるんじゃないかな?

と万理が言います。

拾うか?と繋が聞きます。

読んでみたい!

と万理が言うと繋はカシャンとフェンスを飛び越えると、

軽い身のこなしで2階まで降りて行き、

ノートを咥えると屋上までよじ登って戻って来ました。

すると俺も読んでいいか?と繋が言います。

四人で美術室へ行くと、

敗れたノートを貼り合わせて、

小説を読みます。

ミステリー小説でした。

犯人を推測したりアリバイを確かめたり、

律香と万理と繋は小説を楽しみました。

獣人なんて消えればいいのにとか言ってごめん

と文乃が言います。

一位が取れなくてムカついたのだと言います。

親に夢を否定されただけの私じゃ、

世界から否定される獣人には努力も覚悟も追いつかないし

と文乃は獣人を認めるのでした。

すると、

俺は自分の意思を貫く覚悟しか持っていない

と繋が言います。

それに、否定してくる雑音よりも、

支えてくれる友達の言葉の方が力になるぞ

と言うと隣に立っていた万理の背中を

しっぽでぽふっと叩くのでした。

万理は思わず赤面します。

今の私は飛高くんの力になれてるって事かな・・・

と万理は思うのでした。

そーだ、そーだ、もっと私の言葉を聞けー!

と律香が煽ります。

アンタの小説大好き。

諦めんな。

才能投げ捨てんな。

もっと書いて、一番にアタシに見せろ。

頑固親の説得も付き合うよ。

と律香は文乃にエールを送るのでした。

それから律香は万理と繋にお礼を言います。

色々ありがとう。特に飛高。

飛高くんすごいでしょ?と万理も得意げになります。

すると律香は、

確かにいい男だわ。認める。

体張ってノート取ってくるとか、

あいつにしかできなかったし、カッコいいわ

と万理に耳打ちするのでした。

そう言われると嬉しい反面、

飛高くんの魅力がどんどん知れ渡っていくのだと思うと、

少し複雑な心境になるのでした。

デートに誘っちゃえよ

と律香は万理に言います。

掃除中に万理は相田雪紘に今日の出来事を伝えます。

すると雪紘は、

何だよ、俺いなくても大丈夫そうじゃん?

と言って寂しそうです。

でも、相田くんが楽しい学校生活を送ろうと

声をあげてくれたのがきっかけだよ。

これからも側にいてくれなきゃ、大丈夫にならない

と万理が言うと、

雪紘は万理の頭をなでなでします。

赤面した雪紘は慌てて、

つい弟たちを褒めるときの癖が・・・

と言って誤魔化します。

あのさ、朝霞って・・・

と何か雪紘が言いかけますが、

いや、何でもないと言うのをやめます。

万理が持っていたゴミ袋をつかむと、

俺が持っていくわと言ってそのまま部活に行ってしまいました。

体育館倉庫の帰りにも言いかけて終わったことがありました。

何だろう・・・と万理は気になります。

雪紘はゴミ出しをしながら

なんで繋のこと好きなのかって聞けねぇんだろ・・・

と思うのでした。

万理は靴を履き替えると、

そこには繋が待っていました。

話したいことがあるから一緒に帰ろうと繋が言います。

発情の検査結果について話をだんします。

結果は身体に異常なし。

忌み月が無いだけの普通の獣人でした。

ニオイへの反応は慣れるまで自力で抑えて、

あとは経過をみようということになったようです。

万理はごめんね、苦しめてと言うと、

いつか誰かに強く惹かれるなら、

俺はそれが朝霞でよかった。

苦しくねぇよ。

と繋が言いました。

万理の心の中に幸せが広がります。

でもそれに必死でブレーキをかけます。

さっきから前が降ってきたはずなのに、

なぜか万理には当たりません。

飛高くんが濡れちゃう・・・と万理が心配すると、

朝霞と帰れるのが嬉しくて・・・役に立ちたい

と繋が言います。

必死に押さえ込もうとしている気持ちが、

今にも溢れ出しそうになります。

すると、通りがかりの二人組の女性の会話が聞こえて来ました。

獣人が女の子と近いわね・・・襲われてたり・・・

万理はあえて繋の手を握ると、にっこりと微笑みます。

そして、

私も一緒に帰れるの嬉しいよ。

堂々と歩こう。

と言うのでした。

期待する心がどんどんと欲張っていきます。

進展なんて軽はずみに望むべきじゃないのに・・・

あのさ、今度の土曜日遊びに出かけない?

とデートに誘ってみます。

良いな、それ。三人で行くか。

と繋が言うのでした・・・。

『キミと越えて恋になる』6話 感想

文乃と律香にも繋の魅力が分かってもらえて良かったです。

繋がノートをサクッと取りに行ったシーンがカッコ良かったです。

こんなお友達がいたらいいなと思いました!

*まとめ*

『キミと越えて恋になる』6話のネタバレを紹介しました!

雪紘と繋と万理の三角関係が気になります。

しかも今度は三人でお出かけするのでしょうか!?楽しみです。

『キミと越えて恋になる』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/