ファンタジー

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【漫画ネタバレ10話】心が痛んで・・・

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』没落貴族の令嬢・エルサは超エリート貴族・ユリウスから突然求婚される。「そんなご立派な方がなぜ私と!?」不思議に思いつつも結婚を決めたエルサだったが・・・?

ユリウスと初めて夜会に参加することになったエルサは、

母親から貴族教育を受けたとはいえ

実際に参加するとは思ってもみなくて緊張してしまい・・・?

 

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』10話のネタバレを紹介します!

\独占先行配信!!/
BookLive公式サイトへ

スポンサーリンク

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』10話 ネタバレ!

緊張しながらもエルサがユリウスと夜会に一緒に参加すると、

レベッカが声を掛けてくれました。この日、エルサはユリウスが準備してくれた

新しいドレスを身に纏い参加していたのですが、

それを聞いたレベッカは微笑ましく思い、ニコニコしながらその話を聞いていました。

弟のハンネスもこの夜会に参加しており、どうしてここにいるのか?と聞くと、

最近王宮で働いているから、王宮の庭園でエルサと会った後も

この夜会の主催者のヤルモと話する機会があって招待を受けたんだと

ハンネスが説明してきたので、その話がユリウスは引っかかりました。

ーーーその後、主催者のヤルモとセラフィーナが会場へ現れ挨拶に回って来ました。

セラフィーナはエルサとユリウスの元へ来ると、

紹介したい知人がいるので少しユリウスを借りてもかまわないか?と聞いてきました。

その中に調査対象の貴族がいるのが分かったユリウスが、

少し行ってくるとエルサに断って来たので、きっと今日の夜会に来た目的なのだろうと

ユリウスを快く送り出しました。

ユリウスが帰ってくるまで邪魔にならないようにこの場で振舞わないと・・・

そう周りに気遣いながらいると、ユリウスとセラフィーナがバルコニーにいるのが目に入りました。

すると、周りの令嬢たちが

「奥様よりもセラフィーナ様との方がずっとお似合いね」

「没落貴族の出身らしいし、それではとてもお似合いだとは思えないわね」

とヒソヒソ声で話しているのが耳に入りました。

そんな令嬢たちに声を掛ける1人の女性が・・・そう、レベッカでした。

楽しそうな声がこちらまで聞こえてきたけど、どんな素敵な話題なのかしら?と

レベッカが割って入ると、令嬢たちは気まずそうにその場を立ち去って行きました。

そして柱の陰にいるエルサに、あのような人達の言葉は気にするだけ損だからねと

声を掛けてくれ、エルサは本当の事だし大丈夫だよとニコッと笑って返しました。

レベッカにまで気を遣わせてしまい、公爵家の妻として相応しい立ち振る舞いをすることと

ユリウスと約束したのに出来てないな・・・とエルサは反省しながら、

なによりセラフィーナの方がよっぽどユリウスの隣にいるとき堂々としているなと

心がズキっと痛みました。しかしこの胸の痛みは不整脈だと思っているエルサ・・・

まだまだこれが「恋」だなんて気づいていません。

ーーーその頃ユリウスは、リストに載っていた中で疑惑のある者たちの

出席状況や、会話・口調から親密度はだいたい把握し、

セラフィーナの伝手で必要と思われる人物には接触もできました。

しかし、以前は仕事だと思えば他人に手を取られる程度どういうこともありませんでしたが、

今無償にエルサと話がしたいな・・・そう思いました。

そんな中、ハンネスがやってきてこちらは引き受けるので姉の元へ

行ってもらえないか?と言ってきたのです。

バルコニーからエルサのいる方へ目をやると、そこには男に絡まれているエルサの姿が・・・!?

慌てたユリウスはそこから走ってエルサを助けに向かい、

少し席を外していたセラフィーナは戻ってきたらユリウスはいなくて、

ハンネスが代わりにそこにいたのでギョッとして驚きました。

ーーーエルサは泥酔している男性に声を掛けられており、

どこかの貴族の侍女か?と失礼な事を聞かれていました。

自分は初めて参加させてもらうがユリウスの妻だと説明しようとしますが、

男性は酔いすぎていてエルサの話を全く聞いてくれません。

身分など気にしないでいいからと腕を引っ張られたその時、

「あなたの方はまず品性から学ぶべきでは?彼女は私の妻だ

と言ってユリウスが現れ、男性を睨みながらぐっとエルサの肩を自分に引き寄せ

男性から離しました。

男性はユリウスの姿を見て酔いがさめるほど驚き、そんな男性に

「私の前で妻を口説くということは、ロイアス公爵家を敵に回すと宣言したと取っていいな。」

とユリウスは耳打ちしました。

青ざめた顔の男性はその場に固まってしまい、ユリウスはエルサを連れて会場を後にしました。

2人きりになり、ユリウスは助けるのが遅れてすまなかったとエルサに謝りました。

謝れたエルサは驚き、自分の方こそ仕事の邪魔をしてしまって申し訳ないと

返しました。そんなエルサに邪魔はしてないし妻として挨拶をして

回っただけで大変だっただろうとユリウスは労ってくれ、

エルサは嬉しく感じました。

「それと言うのが遅れたが、今夜のドレスは君によく似合ってる」

と優しく微笑んでくれ、エルサの心は温かくなりました。

実は、エルサに話しかけた泥酔男性はヤルモが仕向けたもので、

人前でユリウスがあんなに怒るなんて随分と興味深い余興だったと、

遠目から2人の様子を見て何か企んでいる顔をしていたのでした・・・。

ーーー数日後、セラフィーナに急に帰ったことを謝りに来たユリウスは

社交界に自分の本命の恋人はセラフィーナであり、エルサはお飾りの妻であると

いう噂が流れているが、大切な妻に誤解を与えたくないので

今後は行動に配慮してほしいとセラフィーナに忠告しました。

セラフィーナにはハッキリ告げないと伝わらないと思ったから、

今日はそれを直接伝えるために来たんだと言い、

執務があるのでとユリウスはその場を後にしました。

去って行くユリウスの後ろ姿を見ながら、こんなにもとびきり着飾って

どれだけ美しくあっても彼の心のひとかけらも

見せてはもらえなかったんだ・・・と、こんな惨めな気持ちは

生れて初めてだとセラフィーナは思いながら、

エルサへの恨みをさらに募らせていったのです・・・。

 

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』10話 感想

どう考えてもユリウスの柔らかい表情を引き出せるのも、

人間らしい言葉を口から発せれるのも、エルサのお陰だもんね!

セラフィーナとなんか絶対にくっつくなんて前からありえなかったんだから、

早く諦めろよって感じだけど、この兄妹それぞれで何か仕掛けてきそうな予感・・・。

そしてエルサはこの心の痛みは「恋」によるものではなく、

「不整脈」かな?と思ってるのが笑けました(爆笑)。

まだまだこの気持ちに気付くのは先のようですが、ヤルモとセラフィーナが

何か仕掛けてきてくれることで、何か変化があればいいな・・・そう思いました。

*まとめ*

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』10話のネタバレを紹介しました!

ユリウスにハッキリフラれたことで、さらにエルサに対しての恨みを

募らせていくセラフィーナ。次回の話の続きが気になります。

\今すぐ無料で試し読み!!/
BookLive公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/