ファンタジー

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【漫画ネタバレ6話】エルサ主催のお茶会で

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』没落貴族の令嬢・エルサは超エリート貴族・ユリウスから突然求婚される。

「そんなご立派な方がなぜ私と!?」不思議に思いつつも結婚を決めたエルサだったが・・・?

今日は初めてエルサが主催のお茶会の日。準備を念入りにして招待客を迎え入れますが…

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』6話のネタバレを紹介します!

\最新刊★独占先行配信!!/
BookLive公式サイトへ

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』6話 ネタバレ!

今日のお茶会は、ユリウスの友人のレベッカやあのセラフィーナも招待していました。

セラフィーナに髪飾りが素敵だと褒められたエルサは、これはユリウスにプレゼントしてもらったものなんだと嬉しそうに話すと、セラフィーナは「そうなの・・・」と

言いながら、ユリウスは女性に接するのに慣れてるし自分も色々と素敵な物を貰った事があるわと棘のある言葉で言ってきました。

しかし、そんな話は気にしないのはエルサのい所!上手く会話をかわしました。

お茶会後、レベッカにセラフィーナから何か言われなかったか?と心配されましたが、髪飾りを褒められただけですとエルサは答えました。

レベッカを見送った後、セラフィーナがやってきて帰る前に「渡さなければならないものがある」と言ってユリウスのカフスボタンを渡してきました。

そしてカフスボタンを渡しながら

「以前ユリウス様と2人でお会いした時にお忘れになっていきましたの。」

と言って去って行ったのでした・・・。

ーーーその夜、ユリウスは仕事で遅くなりエルサに遅くなってすまないと言って慌てて帰って来ました。

そんなユリウスにエルサはセラフィーナにカフスボタンを届けてもらったんだということを言いながらそれを手渡しました。

ボタンを見たユリウスは驚きながら、式典の後片付けをしていた時に落ちたんだなと思い、そのことを正直にエルサに話しました。

「見つかってよかった。ずっと探してたんだ。」とホッとする顔のユリウスを見たエルサはドキッとしました。

そして今朝に話をしたいと言われていたけど、何だったのか?と聞きました。

するとユリウスは「もういいんだ 忘れてくれ」と言いました。

なんでセラフィーナと一緒に2人で居たのか?なんてエルサは気にすることもなく、もう遅いので寝る事にしました。

そしてユリウスはいうと、戻って来たカフスボタンを眺めながらそれにしても何でもない様子でセラフィーナの話もするし、カフスボタンの件も気にしてないようだし、エルサは

自分の事を恋愛対象として全く認識していないのでは・・・?

と考えましたが、もう遅いのでとりあえず寝ることにしました。

ーーー数日後、エルサはユリウスの忘れ物を届けにお城に来ていました。

執務室に向かう際に広い庭を見つけたエルサは、綺麗に咲き誇る花に見惚れてしまい足を止めました。

すると、そんなエルサに声を掛ける人物が・・・

その男性はヤルモ・バルニラと名乗ってきたのですぐにセラフィーナの血縁だと分かりました。

ヤルモはセラフィーナの兄のようで、美しく雰囲気がそっくりでした。

エルサも慌てていつもお世話になってますと言いながら、ユリウスの妻ですと名乗りました。

あなたが・・・とヤルモは驚きながら、実はユリウスとは王立学校で同窓だと話しました。

そしてヤルモは自分が知る限りユリウスと得るさの接点がなかったのに、

一体どのような経緯で結婚したのか?と聞いてきたのです・・・!

そう聞かれたエルサはもしかしてこの人は自分たちが形だけの結婚だと知ってるの?!と焦ってしまったのでした・・・。

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』6話 感想

毎回笑いますね~(笑)。セラフィーナの吹っ掛けを痛くも痒くも思っていない

エルサが面白い。ってか、セラフィーナこの時点で負けだわ!

まだまだエルサには「恋」がどんなものが分かってない様子だけど、ユリウスがエルサのこと大好きになってきているので、これからの進展が気になるところなんだよな~。

あー早くラブラブになる所が見てみたい!

*まとめ*

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』6話のネタバレを紹介しました!

もしかしてヤルモにユリウスとエルサが形だけの結婚だと知られてる・・・?!

次回の話の続きが気になります。

\今すぐ無料で試し読み!!/
BookLive公式サイトへ