ファンタジー

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【漫画ネタバレ8話】植物園デート

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』没落貴族の令嬢・エルサは超エリート貴族・ユリウスから突然求婚される。「そんなご立派な方がなぜ私と!?」不思議に思いつつも結婚を決めたエルサだったが・・・?

エルサとデートすることになり、どんな服を着て行こうか悩むユリウス。

色々悩んだ末選んだ服を着て玄関に向かうと、

先に用意が終わったエルサが待っていて・・・?

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』8話のネタバレを紹介します!

\独占先行配信!!/
BookLive公式サイトへ

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』8話 ネタバレ!

新しくオープンしたばかりの植物園をデート先に選んだのは、

園芸や植物が好きなエルサなら気に入るのでは?と思ったからでした。

想像より虫が沢山いるのでユリウスが驚いていると、エルサが飛んできた

ハナアブを手でキャッチして「もう大丈夫ですよ」と言ってニコッと笑いかけてきました。

カッコいい・・・尊敬の眼差しでエルサを見つめながら

2人は植物園を堪能しました。

ユカライネン領は田舎だったからこの辺に咲いてある野草を採ったり

していたんだとエルサが話すと、ユリウスはフッと笑いながら

「きみは不思議な人だな」と言いました。そして意を決し立ち止まると

結婚式の夜”これは契約結婚のようなものだ”と言ったが、

それを撤回したい。君のことが好きなんだ!と言おうとした丁度いいタイミングで、

ヤルモに声をかけられました。

なんでここにいるんだろう?と不思議に思っていると、この植物園は

ヤルモの家が出資をしていて今日はその視察に来たんだと説明されました。

ユリウスとエルサの様子を見たヤルモは、社交界で見るユリウスはいつも

人形のようだったけれどもそんな顔もできるようになったんだ・・・

思いながらまだ視察の途中なのでと言って去って行きました。

また2人きりに戻ると、ヤルモとはどこで知り合ったのか?と聞かれたので、

報告を忘れていたエルサは先日城へ行った際にたまたま挨拶をさせてもらったんだと

答えました。弟に言われた言葉を思い出したエルサはハッとして、

なあにか不調法がありましたか?と聞きました。

自分は社交界に疎いので至らない点もあるのでそういうことがあったら教えて欲しいと

エルサは言ってきたので、ユリウスは少し考えました。

エルサと出会う前女性をエスコートするときは

いつももっとうまく立ち回っていたはずなのに、なぜ彼女と過ごすときに限って

こんなにも上手くいかないんだろう?とユリウスは思いました。

すると運悪く雨が降ってきたので2人は近くの屋根がある休憩所に走り込みました。

今日はとても楽しかったとエルサはお礼を言ってきたので、

「きみが俺の妻でよかった」と言ったところで、雨が土砂降りになり

ユリウスのせっかくの台詞がかき消されてしまいました。

聞こえなかったので聞き返そうとしましたが、気にするなと言われ

2人は馬車に乗って屋敷へ帰ることにしました。

ユリウスは疲れていたようで座ったとたん寝てしまい、到着したので

起こそうと体に触れると、かなりを持っておりエルサは慌てたのです!

 

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』8話 感想

イケメンのユリウスが今日は良い所でことごとく邪魔されてしまいましたね(苦笑)。

タイミング悪~・・・今日は運が悪い日だったんでしょうね~。

エルサの事が好きだと伝えられる大事な場面だったのに、

それが見送りになってしまいました。あーーー早く2人がラブラブな所が

見たいのに~!そうなるのはまだまだ先のようですね(涙)。

*まとめ*

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』8話のネタバレを紹介しました!

毎日の激務で無理をしていたユリウス。雨に打たれて体調を崩し

発熱してしまい・・・?次回の話の続きが気になります!

\今すぐ無料で試し読み!!/
BookLive公式サイトへ