ファンタジー

騎士団長は元メガネ少女を独り占めしたい【ネタバレ12話】浄化に向かった領地で・・・?

『騎士団長は元メガネ少女を独り占めしたい』 ビン底眼鏡の下は超絶美少女!?異世界トリップした私をを拾ってくれたのは強くてイケメンな団長!そんなハイテンションラブファンタジー!

舞踏会から一週間後、マユをなんとか元の世界に帰せないかと思ったリナは

神官に元の世界に戻る方法はないか?と聞きに行って・・・?

『騎士団長は元メガネ少女を独り占めしたい』12話のネタバレを紹介します!

『騎士団長は元メガネ少女を独り占めしたい』
今すぐ無料で試し読み!!
スポンサーリンク

『騎士団長は元メガネ少女を独り占めしたい』12話 ネタバレ!

元の世界に戻る方法を神官に聞くと、リナが元の世界に戻るのか!?と

驚かれてしまいましたが、マユを帰してやりたいんだということを

説明すると、神官は安堵した表情を見せました。

神子の力でなら他の人を元の世界へ戻すというのは無理なのか?と聞くと、

前例がないので調べるのに暫く時間が欲しいと言われてしまいました。

正直なところこの国の民でもなく神子としての実績がないわけでもないマユを、

どう罰したらいいのか王子も考えているようで、

元の世界に戻ってもらえるならそれはありがたいことなんだと言われ、

リナはなんともいえない気持ちになりました。

すると、神官が王子とリナとの婚約が決まったと聞いたから、元の世界へ

戻ると聞いて驚いたけど安心したと言ってきて、

リナはそんな馬鹿な噂は誰が流しているんだ!?と神官の前で思わずキレてしまいました。

一緒に来ていたレオンンも静かにキレていて、愛し合う恋人たちの間に権力を使って

横入りしようとする非情な王子としてこちらからも噂を流してやると怒りの炎を燃やしていました。

ーーー数日後、今回の浄化は第一騎士団と第二騎士団の合同で行われることになりました。

合同で浄化を行うのは魔獣の数が余程多い場合か、

その土地の領主に対するデモンストレーション的なものである場合かのどちらかでした。

今回はデモンストレーションということなので、リナに神殿が衣装を用意してくれましたが、

正直コスプレ感が半端ないので恥ずかしく思いながら、リナは現場へ向かいました。

今回は王都からかなり離れた場所での浄化になるため、浄化の後は領主の館で

一晩泊ることになっています。

それだけなら別に何の問題もありませんが、今回の一番の問題は

第一騎士団団長・ジュリアスの実家のアルバート公爵家の領地ってとこにありました。

王子と婚約したなんて噂のある自分に対して何かしてくるってことも

ないだろうけど・・・そう思って領地に着くと、

なんと王子がなぜかこんなところに来ていたのです!

リナは王子に自分と婚約したという噂が流れて困ってると言うと、

王子は白々しく側近に結婚するならリナのような人がいいな~と言っただけなのにと

帰してきました。大して好きでもない相手にちょっかいかけて何が楽しいのか

分からないと言うと、「君程興味深く、面白い女性は他にいないよ。

世の女性の中では二番目ぐらいに好きかな?」と真顔で言われたので、

一番目は誰なのか?と聞くと、それは秘密とはぐらかされてしまいました。

いい加減なんの予告もなしにあちこちに顔を出すのは皆の迷惑だから

辞めてくださいとレオンが言いますが、そう言われてもこれも大事な仕事の一環だから

無理だよと笑ってかわされてしまいます。

するとそこに第一騎士団長のジュリアスがやってきたので、王子は

今回の遠征は全員が参加することになってたのに、

団員が半数以下なんじゃないか?遠征費用は半分返してねとと言い、

「次はないよ」と冷たい目で言い放ちました。

王子にそう言われたジュリアスはビクつき、「かしこまりました!」といい返事をしました。

そして去って行くときに、リナの方をギロっと睨んできたので

リナは恐怖を感じたのです・・・。

実は国王が病気だったことと、そしてマユが国王の治療に手を抜いていた件が

どこからか漏れだして、せっかく上手くマユの恋人の座を手に入れたのに手綱を

取れなかった役立たずとジュリアスに批判が集まっているんだと王子は

説明してきました。

その反動で本物の神子をてにしたレオンンに対して、理不尽な恨みを募らせてるようだから

用心した方がいいと言われたので、王子が去って行ってから

レオンと2人でお互いに気をつけようという話をしたのでした。

その後、時折ジュリアスからのじっとりとした視線を感じながらも

森の浄化と魔獣の討伐は何事もなく無事終了し、

そしてよるは夕食会が行われることになりました。

夕食会はとても気遣いで疲れたリナがやっと部屋に帰れる・・・とレオンの側近に

警護されながら戻ろうとしていると、侵入者が現れ

側近たちはリナを守りながら、あっという間に何人かの刺客を倒してしまいました。

するとその時!リナを心配したメイドのアリスが現れ、

隙をついた侵入者たちが、アリスを盾にリナに大人しくついてきてくれれば

彼女に危害は加えないと脅してきたのです。

リナはアリスのために自分が人質となることを選び、

侵入者たちに拘束され、馬車に乗せられて知らない場所へと連れ去られてしまったのです!

 

『騎士団長は元メガネ少女を独り占めしたい』12話 感想

王子は本気でリナのことが気に入ってるようだけど、

それでも「二番目」なんだって。本当に好きな「一番目」の人はどんな人なんだろう?

ジュリアスは公費を横領してそうだけど、それはマユに対しての

貢物を買うため?それとも悪いことに使ってるのかな・・・?

王子はその件を知っており、今回警告しに来ていたみたいだね。

「もうバレてますよ。二度目はないからね。」といった感じを

醸し出してたので、めちゃくちゃ怖かった(汗)。

*まとめ*

『騎士団長は元メガネ少女を独り占めしたい』12話のネタバレを紹介しました!

アリスを助けるために大人しく捕まったリナ。

さて、この馬車はどこに向かっているのか?次回の話の続きが気になります。

『騎士団長は元メガネ少女を独り占めしたい』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/