ファンタジー

騎士国最恐令嬢による剣と拳と恋愛術【ネタバレ】感情を表に出せない令嬢は婚約者と仲良くなりたい

『騎士国最恐令嬢による験と拳と恋愛術』

学業も武芸もトップクラスの令嬢・オリビア。

感情を表に出すことが苦手なため、婚約者の第二王子のルークはオリビアのことを

可愛げのない冷徹な女だと思われてしまうが・・・?

『騎士国最恐令嬢による験と拳と恋愛術』のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『騎士国最恐令嬢による験と拳と恋愛術』 ネタバレ!

誇り高き騎士道を学ぶため、己の心と肉体を鍛える学舎として、

国の未来を担う若者たちが多数集う名門貴族出身の生徒も在籍する”アリアンゲーテ”は、

常に隣人の噂が絶えることはありません。

オリビアはそんな学校で入学してからずっとトップクラスの成績を収めており、

周りの噂の的でした。

オリビアの婚約者である第二王子のルークは、オリビアに次いで

常に2位の成績でオリビアのことを疎ましく感じていました。

貴族出身で見た目も麗しく、学情も奉行もトップクラスでありなあがら

人と親しくなるのがあまり上手くなく、

そのストイックさに加えて無言無表情の圧で、オリビアが近づくほど

周りの人々から恐れられるようになってしまっていました。

ある日、オリビアの元に父親から手紙が届きました。

実は婚約者らしくルークにどう振る舞えばいいのか分からないオリビアは、

父親に相談していたのです。

そのアドバイスとは・・・

”夕日を背に殴り合うのが一番”

・・・オリビアの家は完全に脳筋肉家系で、軍事を担う家は

男女ともに圧倒的に脳筋の人ばかりなのです。

お茶の淹れ方より拳の握り方を教えられて育ってしまった結果、

暗殺業をにおわすような噂まで経つ始末で、オリビアの側近は

どうにか印象をよくできないかと頭を悩ませていました。

オリビアがルークと仲良くなりたいから次の模擬戦で剣を交えることにした!

と言うので、側近がどうしたものかと思っていると、

「きっと本気でぶつかりあったら・・・

ルークともっと分かり合えるかもしれない。

今の関係が良好と言えない現状、なんでもいいから近づくきっかけがほしいの。」

とオリビアが本気で悩んでいるようなので、全力で協力することにしました。

一方ルークはと言うと、いつも見下すような目をしているオリビアが気に入らず、

自分の側近に愚痴を吐いていました。

そんな時、

「相席してもよろしいかしら?」

と突然オリビアが現れ、ルークは驚きました。

ルークの側近が自分は席を外すので2人でゆっくり・・・と

気を使うと、3人で食事しましょうか?と無表情で言ってきたので、

側近は脅えました。

(でも、ルークと仲良くなるなら側近のアリアとも友達になりたいと思ってるだけ)

食事を一緒に取りながら、オリビアは今度の模擬戦で一緒に出て欲しいとルークにお願いしました。

「私ルークと本気で剣を交えてみたいの。

だから”勝者の願いを叶える”という条件でどうかしら?」

そう言われたルークは、あの時父親からの手紙を受け取っていたが、

自分の弱い婚約者を円滑に破棄する相談かなにかをしてたんだろうと

ルークは予想しました。

自分だって黒い噂のある家との首輪役なんてまっぴらごめんです。

こんな可愛げのかけらもない冷酷女なんてこっちから願い下げだ!

そう思ったルークは、

「いいぜ。騎士道を重んじて正々堂々お互いの力を示そうじゃないか!」

とその申し入れを受け入れました。

瞬く間に2人が対決するという話は学校中に広まり、大騒ぎになりました。

一部ではとうとう王子の権限まで握るつもりだ!なんてひどい噂が流れましたが、

オリビアにはそんな噂耳に入りません。

ただただオリビアはルークと仲良くなりたいだけだからです。

側近に、「もしルーク王子が勝利されたらどうなさるおつもりですか?」と

聞かれたオリビアはもちろんその時はその時だし、

彼が何を望んでいるのか聞けるんだから、その願いを全力で応えるだけだと答えました。

「ルークの願いを聞くためにわざと負けても絶対に気付くと思うし、

彼のプライドを傷つけることもしたくない。

だから私も全力で勝ちに行く。

不安があるとすれば・・・私のお願いを嫌がられること・・・かしら。」

ーーー模擬試験当日

対決前にオリビアの側近はルークにたまたま会ったので、

買ったら何を願うのか?と質問しました。

するとルークはこう答えました。

「せっかくだから面白いことでも言ってやりたいが。

もう分かってんだよ。願ってるのはお互い同じことだって。

その言葉を聞いて側近は驚きました。

ルークの側近のアリアが「オリビア様が何をお願いされるか分かってるの?さすが!」

と言うと、ルークは「婚約者だからな」と言って決闘場へ向かいました。

ーーー戦いは一進一退・・・

本気でルークが剣を向けているのをオリビアは感じました。

それだけ自分に何か望んでくれてるのか?それともただ負けたくないだけなのか?

少しでもルークのことがオリビアは増々知りたくなりました。

「少しは必死な顔でも見せて見ろよ!」

ルークが剣を振りかざした時、夕日が剣に反射してオリビアは眩しくて

目を開けていられません。

ルークはそんなオリビアを見て「もらった!」と思いましたが、

オリビアはこう言いました。

「私はいつだって必死よ」

次の瞬間、オリビアはルークのロゼットを剣で落とし、勝利しました。

「お前がそこまでして俺と・・・」

「そうね。お願いごと今言ってもいいかしら?」

「あぁ覚悟はできてる。」

ルークが婚約破棄を言い渡されると覚悟を決めていると・・・

「街でデートというものをしてみたいの」

とオリビアが言ってきたので、ルークは心底驚きました。

でもルークが嫌ながら何か別なことでもいいんだけど・・・

とオリビアが言うと、側近たちが

「ルーク様もデートしたいと仰ってましたよ。」

「そうそう!ルーク様はオリビア様と同じ願い事だって言ってた!

婚約者だから願うことは分かるって!」

と囃し立ててきて(本当は婚約破棄と思ってたのに)、

ルークが、「それはっ!」とオロオロしていると

「そうだったなら・・・嬉しい。」

とオリビアは頬を赤らめて少し笑いました。

始めて見たオリビアのそんな表情にルークは驚き、

その場を慌てて去ると、決闘場の裏で顔を真っ赤にしていたのでした・・・♡

オリビアはデートが出来ると喜び、またお願いごとを聞いてもらうために

ルークと次に何で戦うかを考えているのでした。。。

 

ーーー完

 

『騎士国最恐令嬢による験と拳と恋愛術』 感想

感情を表に出さないで綺麗で成績優秀で強かったら、

そらみんなオリビアが何を考えてるのか分からなくて恐れますよね(汗)。

特に好きな人の前では素直になれないというか、

男性とお付き合いもしたことないからどうしていいのか分からない脳筋の令嬢って

面白いですね(笑)。

だからルークに勘違いされて

(俺なんて見下されてるし、嫌われてるから婚約破棄されてしまう)

↑めちゃネガティブですけどね・・・

損な感じでしたけど、オリビアはいい子ですし

しかも初めて笑顔見せられたらそら惚れてまうよね♡

なんだ俺の事好きだったんかい!ってなるわww

これから2人がどんなデートを重ねて仲良くなるのか気になる感じです。

 

*まとめ*

『騎士国最恐令嬢による験と拳と恋愛術』1話のネタバレを紹介しました!

オリビアの気持ちの誤解が解けてよかった!

自分の感情を外に出せないから勘違いされてたけど、

話してみるととても可愛い素直な子なので、ルークもどんどん

惹かれて行っていい感じになるのが想像できますね♡

あぁこれは続きが見たくなる奴だわ!

悪役令嬢ですが、幸せになってみせますわ!アイキャッチ画像
悪役令嬢ですが、幸せになってみせますわ!【無料】全巻イッキ読みする方法『悪役令嬢ですが、幸せになってみせますわ!アンソロジーコミック』無料で読む方法!最新刊4巻の収録内容ネタバレあらすじをご紹介。「婚約破棄をしろと言われたけれど…」「騎士国最恐令嬢による剣と拳と恋愛術」「愛しているから仕方のない話」「転生令嬢たちは愛する者と結ばれたい」「悪夢の卒業パーティー」「悪役令嬢…させなさい!!」...