TL

キスでふさいで、バレないで。【10話ネタバレ!】自慢の彼女になりたい

『キスでふさいで、バレないで。』ある夜、うっかり会社の廊下に締め出されてしまった楓は、偶然通りかかった片想いの相手・塩谷に助けられ、そのまま家に泊まらせてもらうことに・・・?!

塩谷が甘党なのを知った楓は密にスイーツの練習をしていた。

この日は塩谷が家にやってくる日でシフォンケーキを作って待っていて・・・?

『キスでふさいで、バレないで。』10話のネタバレを紹介します!

\★今すぐ無料で試し読み!/
コミックシーモア公式サイトバナー

キスでふさいで、バレないで。【10話】ネタバレ!

ちょっとずつでも努力していつかは自慢の彼女になりたいと楓は思いますが、

付き合ってるという質問には「うん」と答えてくれましたが、

まだ好きだと言ってもらえてないことにモヤモヤしていました。

家にやって来た塩谷にクリームたっぷりなシフォンケーキを出すと、

幸せそうな顔をして食べてくれるので、楓は嬉しくなりました。

もっと色々アピールして好感度を上げるつもりが、塩谷が無意識にドキドキさせてくるので

どうしても落ち着きません。

もはや色仕掛けしかない!?そう思いながらお代わりのシフォンケーキを運んでいると、

躓いてしまってそのまま前に倒れ込んでしまいました。

咄嗟に塩谷が受け止めてくれ、怪我はなしだったのですが

前にもこんな風に塩谷のことを押し倒して「好きだ」と言われたことを

思い出しました。(酔っぱらっていたので忘れていた)

すると塩谷の方から「前にもこんなことあったね」と言われ、

この記憶が本当だったのが分かり、楓は嬉しくなってしまい涙が溢れ出ました。

急に泣き出す楓に塩谷が驚いていると、楓は塩谷と付き合ってるのが夢みたいで

信じられなくて付き合う前に色々あったから、責任感じて付き合ってくれてるんじゃないかと思ってたと話しました。

そんな風に話す楓に自分はよく言葉が足りないと言われるけど、

そのせいで楓を不安にさせていたことを謝ってきました。

塩谷は「ずっと佐藤さんが好きだよ」と目を見てハッキリ言ってくれ、

抱きしめてくれました。

そしてそのまま抱きかかえて寝室まで楓を運び、首筋にキスをしてくるので

いつにもましてヤル気に満ち溢れている塩谷に楓も興奮しました。

「一緒に気持ちよくなろう」塩谷はそう言うと、楓を自分の上にまたがらせて

下着越しに自分の硬くなってるモノと楓の濡れているソコを擦り合わせました。

もうそれだけでトロトロに溶けてしまった楓でしたが、

その後押し倒されてほぐされるとそのまま一気に中まで塩谷が挿ってきました。

「好きだ 君の全部が知りたい」そう言いながら塩谷は

楓のいいところを教えて欲しいと言ってきます。

触られるところ全部いいし決められないと思いながら、楓は自分もずっと好きだったと

返しました。そのまま2人は一緒に果て、その日は何度も愛し合いました。

ーーーその後、塩谷が家に帰ると溝口が部屋にやってきて

塩谷の言う通り引継ぎするときに薄いがわざと教えなかった事が分かったと

報告しました。

明らかにデータが足りてないし、引継ぎしているところを見ていない証言も

出てるので間違いないと溝口は話してきました。楓にこのことを伝えないといけないけど

昔臼田にお世話になったからもしかしたらそちらに肩入れしてしまう可能性も

あるかもしれないので、塩谷に同席してくれないか?と溝口はお願いしてきたのです・・・。

 

キスでふさいで、バレないで。【10話】感想

クールイケメンなのにスイーツ好きなの萌える・・・♡

楓は酔っぱらってたから好きだと言ってもらってこと忘れていたようです。

どう見ても塩谷は楓にメロメロなのに、

言葉が足りないから楓は不安になってしまいました。

まぁね~男性って言葉足らずのところ多いからさ・・・

自分が好きになった方だったら尚更「本当に好きで付き合ってくれてるのかな?」って

不安になるのは分かります。まぁでも前に好きって言われた事思い出してよかった!

まとめ

『キスでふさいで、バレないで。』10話のネタバレを紹介しました!

臼田の件で楓に伝えないといけないけど、臼田にお世話になった手前肩入れしてしまうかも

しれないからと溝口は塩谷に同席をお願いしてきて・・・

次回の話の続きが気になります。

キスでふさいで、バレないで。アイキャッチ画像
キスでふさいで、バレないで。【無料・お得】に読む方法を調査!『キスでふさいで、バレないで。』最新話を無料・お得に読む方法を調査!残業中の楓は社員証を部屋に忘れてしまって、片思いの塩谷が現れる…家に忘れた塩谷の社員証を取りに帰ると、ルームシェアの相手が!!バレたくない楓はクローゼットに隠れて塩谷と密着!!そして…...