TLマンガ

キスでふさいで、バレないで。【14話ネタバレ!】知らなかった事実

『キスでふさいで、バレないで。』 ある夜、うっかり会社の廊下に締め出されてしまった楓は、偶然通りかかった片想いの相手・塩谷に助けられ、そのまま家に泊まらせてもらうことに・・・?!

臼田を会議室に呼び出し、佐藤楓は嫌がらせについて問い詰めると、臼田はだ佐藤楓が織部を追い込んで退職させたのだと言い出しますが・・・!?

『キスでふさいで、バレないで。』14話のネタバレを紹介します!

『キスでふさいで、バレないで。』
最新刊★独占先行配信中!

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

キスでふさいで、バレないで。【14話】ネタバレ!

「あなたが織部を追い込んで退職させたって!」

そう言って臼田は佐藤楓を指さします。

楓は誤解だと言いますが、臼田は聞く耳を持ちません。

あなたが上司に取り入って織部の嘘を吹聴して、辞めるように仕向けたんでしょう。織部は仕事が大好きだったのにそんなことで辞めなきゃいけなくなったなんて・・・と臼田は言います。

どういうことなのか楓は全くわかりません。

織部は臼田の唯一の同期でした。

一緒に正社員になって、仕事を頑張ろうと言い合っていた仲だったのです。

絶対に許さない。あなたは織部から仕事を奪った。だから、私はあなたから仕事を奪うのと臼田は言います。

・・・違う、でもなんて言えばいいのか楓は分かりません。

すると、会議室のドアが開き、塩谷が入って来ました。溝口もいます。

そして、織部を辞めさせたのは俺ですと塩谷が言います。

臼田は戸惑います。

何をバカな・・・突然何?この子を庇うの?さすが男を味方につけるのは得意なのねと臼田が言います。

すると塩谷は事実を話しているだけですと言います。

塩谷は一時期、会社の指示で内部調査を頼まれていました。

社内メールやウェブの閲覧履歴の確認も業務に含まれていました。

その結果、織部の社内不倫が判明し彼女は会社を辞めたのでした。

しかし臼田は、そんなの信じられない。自分は織部から直接聞いたのだと言い続けます。

織部からは楓が油井課長に取り入ったのだと聞いていたのでした。

油井課長の名前が出た瞬間、楓は体がビクッと反応します。

すると塩谷は、織部さんの不倫相手は前の総務課長、つまりその油井課長です。と言います。

それを塩谷が報告し、彼らは懲戒処分となったのでした。

だから織部の退職と油井課長の転勤は同時でした。

移動時期でもない2人の人事発表に付いて不思議に思いませんでしたか?と塩谷が訊くと、臼井ははっとします。

しかし、織部からはそんなこと一言も聞いていませんでした。

社内不倫をしていたとは言えなかったようです。

信じられないなら広報部にいる油井課長の奥さんに聞いてくださいと塩谷は言います。

すると臼田は力なく椅子に腰掛けて、1人にして・・・と言うのでした。

会議室を出ると、楓は塩谷と溝口に深々と頭を下げてお礼を言います。

ありがとうございました。

すると、溝口は急な情報の多さに頭がついていかないと言います。

沈んだ様子の楓は、喉が乾いたので飲み物を買って来ますと言ってその場を離れました。

それにしても、あれで臼田が納得したのかどうか溝口は気がかりで、なぁ塩谷?と話しかけると、塩谷もその場からいなくなっていました。

その時塩谷は、非常階段の途中に腰掛けて塞ぎ込んでいる楓の姿を見つけていたのでした。

楓が正式配属された日、緊張した楓に油井課長は佐藤さん大丈夫かな?と声をかけ、部署の説明をした後に、席へと案内します。

そして、こちらは君の指導係の織部さん、今後の業務は織部さんに教えてもらってねと課長は言いました。

すると織部はわざわざ席を立って、織部です。よろしくねと言いました。

先輩も課長も優しそうな人で、これならやって行けそうだと楓はほっとしました。

楓は織部と馬が合い、仕事の愚痴を言いながらも一緒に昼食を楽しみました。

そして、同期の話が話題に出た時に、そういえば先輩の同期は営業部の臼田さんだけって聞きましたと楓が言うと、織部はそうだと答えます。

正確には中途採用で、事業拡大の時に契約社員がたくさん入社したのでした。

それから何年もしぶとく残って、正社員採用されたのが織部と臼田でした。

だから臼田は私の戦友なんだと言って織部は微笑みます。

その話を聞いた楓はかっこいいなと思いました。

私もお二人みたいになりたいですと楓が言うと、うむ、頑張りたまえと織部が言って笑わせるのでした。

すると織部が今日定時で帰るからと言います。

ひょっとしてデートですか?と楓が訊くと、ふふ、当たり。ご飯作って待ってないと拗ねちゃうからと織部が言います。

織部は恋人とうまくいっているようでした。

楓が1人で残業していると、油井課長が外から帰って来ました。

みんな帰ったの?若手を残して帰っちゃうなんて、みんなひどいねと課長が言います。

いいえ、私ももう帰るところですからと楓は言います。

すると課長のお腹がグゥゥゥとなりました。

今の聞こえた?恥ずかしいと言って課長は顔を手で覆います。

別に気にされることじゃないです。と楓が言うと、後でみんなとオジサンなのにお腹なってたって笑うんでしょ?と課長が言います。

そんなことしないです。誰にも言いませんと楓が言うと、そっかじゃあ・・・と言って課長はいきなり楓の手を取ると、指切りをしました。

そして約束ねと課長がにっこり微笑んで言います。

その時、楓はなんか距離が近いような気がして少し不快に感じるのでした。

仕事は慣れた?と課長が訊きます。

はい、織部さんが丁寧に教えてくれるので・・・と楓が答えると、佐藤さんはいい子だねと言って急に頭を撫でてきました。

そして何かあったら遠慮なく頼ってねと楓の耳元で囁きます。

楓はあの、帰るのでと言うと、課長は駅まで送るよと言いますが、寄るところがあると言って断り、その後は、走って逃げるように帰りました。

必死に走ってきたせいで、楓は息切れをし、途中の路上でうずくまります。

全身に鳥肌が立ちました・・・でも気のせいだよね?とその時は思ったのでした。

また次の日、楓は課長に声をかけられます。

佐藤さん、今日業務後にちょっといいかな?評価について話したいことがあるからと課長が言います。

楓が断ろうとすると、大事な用だからよろしくね強引に言ってくるのでした。

先輩の織部は臼田と予定があるので定時ダッシュだと言います。

楓は一気に気分が重くなりました。

課長の会議が終わるのを待っていると、周りには誰もいなくなっていました。

どうして誰もいないの・・・楓はますます不安になってきます。

すると、課長が時間遅くなっちゃってごめんねと言って会議から戻って来ました。

あの評価って・・・と楓が質問しようとすると、まあそれは後で、それよりもさと言って課長は楓の椅子のすぐそばに自分の座る椅子を引き寄せます。

どうしてメール返してくれないのかな?と課長が言います。

上司のメールなんだから、スルーはダメでしょう。何通も送ってるんだから、一通は返さないとと言われた楓は、業務に関係ある内容ではなかったので・・・と答えます。

人間関係を円滑にするのも業務でしょ?というわけで今日こそご飯行こうよ。佐藤さんが普段いけないとこ連れてってあげるからと言いながら課長はそーっと楓の手を握ろうとしてきました。

すみません!無理です!と言って楓は課長の手を払いました。

痛いな・・・上司にそんな態度とっていいと思ってるの!?と言って課長は楓の顎をつかみ、グイッと持ち上げます。

なぁ?と課長に言われた楓は・・・!?

キスでふさいで、バレないで。【14話】感想

塩谷のおかげで織部の退職の真相が分かりました。そして、不倫相手だった油井課長は最悪でした。楓にもセクハラしていたなんて許せないです。近くに寄られるだけでも不快なのに、指切りしたり、頭を撫でたり、絶対あり得ないです!!会社って色々あるもんだなと改めて感じました。それから、印象に残ったシーンは、絶妙なグッドタイミングで塩谷が会議室に入ってきてくれたところです。いつも安定していて、頼もしいです。

まとめ

『キスでふさいで、バレないで。』14話のネタバレを紹介しました!

油井課長に迫られてしまった楓ですが、このピンチをどうやって切り抜けたのでしょうか!?お付き合いをする前ですが、塩谷が登場してくれたら、素敵ですね!楽しみです!

『キスでふさいで、バレないで。』
今すぐ無料で試し読み!!

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/