漫画ネタバレ

恋唄う蝶は四つ花に舞う【ネタバレ1話】蝶に選ばれし姫

『恋唄う蝶は四つ花に舞う』弟と幼馴染と共に事故に巻き込まれ、命を落とした高校生の香菜は、四つの国からなる通称「四つ花」という異世界へ転生する。西の王国で育った彼女は「四つ花の蝶」という神子に選ばれ・・・?!

神託によって次の四つ花の蝶に選ばれたカーネリア。

時々夢の中で懐かしいと感じる情景が流れるけど、それは何?

南花へ向かったカーネリアを出迎えてくれたのは2人の王子で・・・?

 

『恋唄う蝶は四つ花に舞う』1話のネタバレを紹介します!

\今すぐ試し読み!!/
コミックシーモア公式サイトバナー

『恋唄う蝶は四つ花に舞う』1話 ネタバレ!

花の弁のごとく東西南北に位置し、国境を分かつ4つの王国

通称「四つ花」・・・大陸を創造した神への信仰で束ねられ、

不可侵同盟で結ばれたその4国には、それぞれ1人ずつ大地の神脈とつながりを持つ

神子が神託によって選ばれていました。

神脈から神の力を受け取り、大地に恩恵を分け与える4人の神子たちは

花の蜜を吸い集める蝶にたとえられたことから「四つ花の蝶」と呼ばれていました。

古より蝶たちは「代替わり」を繰り返しながら受け継がれ、

春夏秋冬の季節が移るごとに神が移住する聖域に集い、

季節の豊穣を祈る「祝祭」にて舞踊を奉納する務めがありました。

四つ花の4国のうち、カーネリアが生まれた西花シエル王国では、

先日先代の蝶が任期を終えて神子としての能力を失い、

そして神様からカーネリアへ後継者としての神託が下りたのでした。

明日はいよいよ「南花」へ出発する日・・・

カーネリアは蝶の従者「翅」として幼馴染のセンリと一緒に向かうことになりました。

ーーーその頃、「南花」の王宮では、兄弟王子で2人とも「蝶」に選ばれた

ユーグリッド王子とレイブラント王子が人払いをして神妙な顔をして

「きっとどこかにいるはずだ。必ず見つける。」といった話をしていました。

2人はお互いと勇希と怜斗と呼び合っており、この世界では兄弟になっていますが

実は前に居た世界で事故に合いこちらの世界に転生してやってきた幼馴染同士でした。

そして2人が探している人物・・・それは怜斗の「姉」なのです。

ーーー南花に向かう際中、カーネリアは馬車の中で眠ってしまっていました。

夢の中でなんだか懐かしい人を見た気がする・・・もうすぐ着くからと

センリに起こされ、カーネリアは目を覚ましました。

緊張しながら王宮に向かい、国王の前で四つ花の蝶に選ばれたものだと

自己紹介をしました。すると国王は快く出迎えてくれ2人の王子を紹介してきました。

「よろしくお願いします!」カーネリアがそう言って顔を上げると、

2人は驚いた顔をして「香菜!?」と思わず声を掛けてしまいました。

「え?」カーネリアが不思議そうな顔をすると、怜斗は「俺の事覚えてないのか?」と

悲しそうな顔をしました。そんな怜斗を抑えて勇希が探し人に似てただけで

すまなかったと言い、自分は南の蝶を務めているユークリッドというんだと自己紹介しました。

落ち着いた怜斗は暗い顔で自分はレイブラントと言い、「東の蝶」だと続けて

自己紹介しました。2人は先に退室させてもらうと言って出て行き、

部屋に戻って「あれは香菜に間違いない」と話しました。

前世で弟だった自分の事も、幼馴染だった勇希のことも初めて会ったという

顔をしていた香菜を見てショックだったと怜斗が言うので、

勇希はまぁ落ち着けと言いました。

自分達だってこっちでは血縁になってたように香菜が赤の他人であることも、

前世の事を覚えてないことも想定内ではあっただろ?と言われましたが、

怜斗はやっと見つけたと思ったのにそんな事ってないよ・・・と落ち込みました。

そんな怜斗を見て勇希はあることを思いつきました。

自分達の前世の共通の思い出を再現すればそれが引き金で記憶が蘇るかもしれない!

そう思った勇希はそれを夜会で実行することにしたのです。

勇希と怜斗は先ほどの態度を謝ると、カーネリア(香菜)をテラスへ誘いました。

すると、夜空に大輪の花火が上がったのです!

それを見たカーネリアは「どこかで見たことがあるかも・・・」

思い出しそうになっていました。

するとその時!魔法を発していた魔術師が謝ってこちらに向かって花火を放ってしまったのです!

咄嗟に勇希と怜斗がカーネリアを庇うと、前にも2人に助けられた・・・?!

前世の記憶が蘇り、自分が香菜であることを思い出したのです。

「怜・・・?ユーキ君?」香菜が2人を見てそう言うと、2人は嬉しそうな顔をしたのでした。

『恋唄う蝶は四つ花に舞う』1話 感想

前世も同じような爆発事故に合い、それに巻き込まれて3人は亡くなったんですね。

それによって前世の記憶を思い出した香菜。

2人は転生して早めにこちらの世界で前世のことを思い出していたようです。

でも、この世界で奇跡的に「蝶」に選ばれなかったら

再会することが出来なかったかもしれませんね~。

勇希と怜斗は兄弟だからよかったけど、香菜は遠い国のお姫様だったから

何かこういうキッカケがないと知らない存在だったかも。

血眼になって怜斗は特に香菜のことを探していたようですから、

生前はかなり仲のいい姉弟だったんでしょうね~。

*まとめ*

『恋唄う蝶は四つ花に舞う』1話のネタバレを紹介しました!

やっと記憶が蘇った香菜。そんな香菜を見て勇希と怜斗はホッとする。

ようやくこちらの世界で再会できた3人はこれからどうするのか?

次回の話の続きが気になります!

恋唄う蝶は四つ花に舞うアイキャッチ画像
恋唄う蝶は四つ花に舞う【無料】今すぐ最新刊まで読む方法!『恋唄う蝶は四つ花に舞う』無料で読む方法!西花の「蝶」カーネリア姫は、南と東の「蝶」である2人の王子と出会う。彼らは自分達と同様に転生しているだろうある少女を探していた。3人の出逢いは「香菜」の記憶を呼び覚ますことができるのか・・・...