漫画ネタバレ

ここからはオトナの時間です。【ネタバレ9話】想いが通じ合った夜

『ここからはオトナの時間です。』 「俺と寝て欲しい」旦珠日の翌日、憧れの上司からの衝撃のお願いをされたみかん。片思いの上司・阿久津部長に大量の悪霊が取り憑いていることに気付く。しかも最近は何か邪悪な気配を感じていて・・・?!

阿久津の奥さんが亡くなっていた事を知ったみかん。

傷付いている阿久津の代わりにみかんは涙を流します。

どうしたら阿久津の傷は癒せる?考えたみかんは阿久津を抱きしめるが・・・?

『ここからはオトナの時間です。』9話のネタバレを紹介します!

『ここからはオトナの時間です。』
最新刊★独占先行配信中!

『ここからはオトナの時間です。』9話 ネタバレ!

抱っこしてください!みかんがそう言うと、阿久津は顔を赤らめて

何を言ってるか分かってる?と聞いてきました。

分かってるつもりです!とみかんが答えると、そんなに自分は理性的じゃないよ?と

言って熱いキスをしてきました。キスだけでとろけてしまうみかんに

本当に大丈夫?と阿久津が聞いてきましたが、みかんは「はい・・・」と答えました。

自分で言い出したことなのに頭がおかしくなりそうで、

服を脱がされそうになってみかんは自然に震えてしまいました。

そんなみかんを阿久津は優しく抱きしめてやっぱり止めておこうかと言いました。

みかんは慌てて大丈夫です!と自分から上着を脱ぎました。

するとその下はブラジャーをつけていないので、

インナーにくっきり形が分かるほど立った乳首が主張してきていて、

それを見た阿久津は顔を真っ赤にし、見られた!とみかんは恥ずかしくて

おかしくなりそうでした。そして阿久津は冷静に来たのが自分だったから

よかったけど、そんな無防備な格好でしかもあの状態で出てきたらダメだよ?と

注意しました。阿久津は「そうだ!」と思い出したように言って、

先ほどみかんが食べていたチョコレートを掴んで「これ俺がお貰ってもいいの?」と

聞いてきました。みかんは、阿久津に渡そうと思って用意してたチョコレートだけど、

それは食べかけなのでまた今度改めて渡しますと止めました。

しかし、阿久津はそのままチョコレートを口に運んでしまい「美味いよ」と

笑いかけ、そのまままたみかんにキスをしました。

あの時は受取ってあげられなくて傷つけてごめんねと阿久津が謝ると、

みかんは奥さんを大切に想う阿久津を好きになったんだからいいんですと笑顔で答えました。

阿久津はそんなみかんを見て、強いし優しいねと言い

本当にその真っすぐな所に自分は救われたんだと思いました。

ーーーそれからインナーの上から阿久津はみかんの胸を口で吸ったりして愛撫すると、

次はめくって直接触りました。

感じているみかんの可愛い声にやられて、阿久津も我慢の限界です。

ズボンを脱がせるとみかんの下着の上からソコを指でなぞりました。

「嫌だったら言ってね?」そう耳元で囁かれて、みかんはゾクゾクします。

ずっと憧れていた阿久津とこんなことをしてる自分がまだみかんは信じられません。

あっと言う間にイカされてしまい、阿久津はもう疲れたから寝ようかとそこで

手を止めました。どうしてそんなに余裕があるの!?とみかんが

驚くと、阿久津は笑いながら一緒に寝ようと言って

みかんを抱き枕の様に抱きしめました。いつの間にか安心したのか

阿久津はそのまま眠ってしまい、穏やかなその寝顔を見ながら

みかんは彼には辛かった分も悲しんだ分もたくさん幸せになってもらいたいなと

思いました。そんな時・・・・

眠った阿久津の身体を借り、”アイツ”が出てきました。

悪霊が「続きは俺としようぜ」と言ってみかんの腕を掴んで

押し倒してきたので、みかんはこの霊を2人で幸せになるためにはなんとかしないと!

そう決意したのでした。

『ここからはオトナの時間です。』9話 感想

みかんがとてもいい子だし、人の心をちゃんと分かる子だから

阿久津の今まで傷ついて前を向けなかった心を溶かしてくれたんですね。

みかんは亡くなった奥さんを大切に想う阿久津を好きになったんだからと

言いました。その台詞ぐっときますね・・・。

きっと奥さんもずっと自分のせいだと傷ついている阿久津を天国から

見てられなかったでしょうね。ようやくその心をどうにか癒してくれる相手が

見つかってうかばれたのではないでしょうか?

しかし、2人の間にはまだまだ強大な壁が!!それは悪霊!!

どうにかこの悪霊を成仏させないと幸せはやってきません。

どうやって祓うのか?見ものです!!

*まとめ*

『ここからはオトナの時間です。』9話のネタバレを紹介しました!

絶体絶命のピンチ!!みかんVS悪霊!勝利はどちらの手に!?

次回の話の続きが気になります!

『ここからはオトナの時間です。』
今すぐ無料で試し読み!