TLマンガ

婚活ヤクザ、純情派。生涯あなたを愛し貫きます。【ネタバレ5話】怖いくらいに満たされる日々

『婚活ヤクザ、純情派。生涯あなたを愛し貫きます。』
OLの千歳は過去の恋愛を忘れようと街コンに参加しますが、あまり乗り気ではありませんでした。そんな時、統真と名乗る美青年に話しかけられ・・・?!

桃香が組長の後妻だと知り千歳は自分の勘違いだったと気づきます。

統真は千歳がやきもちを妬いたことが嬉しくてたまらなくなり、、、!?

『婚活ヤクザ、純情派。生涯あなたを愛し貫きます。』5話のネタバレを紹介します!

\新規登録限定50%OFFクーポン☆/
コミックシーモア公式サイトバナー

『婚活ヤクザ、純情派。生涯あなたを愛し貫きます。』5話 ネタバレ!

朝、起きなくてはいけない時間なのに、

統真は千歳を愛撫します。

「あと少しだけ」

そう言って統真は千歳の首筋にキスをします。

すると、

「若頭起きて下さい!」

と統真を呼ぶ声が聞こえてきました。

統真は渋々起き上がると、

空閑組の組長が戻って来たと言います。

千歳も着替えてお出迎えに向かいます。

すると、和装でバリっと決めた

統真の親父さんが立っていました。

組長は「あの子か?」と言うと、

千歳の目の前までやって来ます。

可愛い子だと認めた後、

「どこの組の子だ?何の目的があって近づいた?」

と千歳に聞きます。

統真が間に入りますが、

ちゃんと調べたのか?と詰められます。

千歳はちゃんと答えなきゃと思い

勇気を出して言いかけると、

桃香が入って来て、

千歳をかばいます。

桃香には弱い会長は、

あっさりと認めてくれるのでした。

そして、来月の寄合でお披露目するように

と言うと会長は桃香と消えて行きました。

千歳は統真と書斎に戻ると、

本棚の拭き掃除をします。

そして寄合のことを考えてしまいます。

今度の寄合で千歳が認められれば、

正式な恋人になることができるのです。

しかし統真は、

例え反対されたとしても、

千歳は大切な恋人であることに

変わりはないし結婚するつもりだと言います。

それに出席者は皆極道者だし、

なるべく千歳を深入りさせたくないのだと言います。

確かに統真はいずれ極道一家の組長になる人です。

千歳は何も知らない自分が、

統真に恥をかかせてしまうのではないかと

不安になります。

「私、皆さんに認めていただけるように、

頑張ります!」

すると、統真はそう気負わずに、

そのままの千歳でいいんですよ

言うのでした。

そして、

いい機会だから何か質問があれば

答えますよと統真が言うので、

千歳は統真の刺青について聞きました。

「統真さんは、、、そのしないんですか?」

あまりにも真剣な顔で聞いてきた千歳が

あまりにも可愛すぎて、

統真は笑いを必死にこらえます。

そして「好きじゃないんです」と

統真は答えました。

そして真顔になって、

「あれがあると温泉に入れません。」

と言いました。

千歳はそんな理由でですか?と聞き返すと、

大事な事ですよと言って、

千歳の指先にキスをしました。

「好きな人とできることが

減ってしまうのはツラいですから」

千歳は恥ずかしくなって、

くるっと踵をかえすと、

本棚の整理を始めます。

すると、写真を1枚見つけました。

統真のお母さんの写真でした。

産後の肥立が悪くて、

統真が一歳になる前に亡くなったのだそうです。

統真は父と父の舎弟たちに育てられたので、

色々とあったものの、

賑やかで寂しい思いをすることなく

育ったのだと言います。

また、統真にだけは堅気の仕事

することを許してくれたのだそうです。

千歳が「素敵な家族ですね」と言うと、

統真は後ろから千歳をそっと抱きしめて、

耳元で「千歳さんもそこに加わるんです」

ささやきました。

千歳の胸がドクンと高鳴ります。

すると統真は千歳にキスをします。

そして今度は舌を入れて絡ませます。

机の上に胸を出した状態で、

千歳を寝かせると、

「いい眺めですね」と言って、

胸にキスをします。

片方の胸は吸われて、

もう片方の胸は指で弄ばれます。

千歳は気持ちよくて声が漏れてしまいます。

そして統真の手は下腹部に伸びて行き、

パンツを脱がされます。

千歳はすでにぐっしょりと濡れていました。

統真は千歳のアソコを舐め始めます。

気持ち良すぎて、声が出てしまいます。

あっ、うん、だめえ、、、

「声をあまり出すと誰か来ちゃいますよ」

と言って統真は開けっ放しの窓を指さします。

千歳は口に手を当てて、

声が漏れないように必死でこらえます。

そんな千歳の姿をみて、

統真は普段はお淑やかな千歳が、

俺とのセ◯クスでこんなに蕩けるなんて、

もっと乱したいという衝動に駆られます。

「ここですよね?」

千歳のクリ◯リスを激しく舌で攻めます。

あまりの気持ち良さに、

千歳はもう我慢できず、

体をそらしながら「ああっ」

と声を出しながらイってしまいました。

そして、「続きはお部屋じゃだめですか?」

と千歳が言うと、

統真は完全に燃えてしまいます。

「おねだり上手ですね。

一回で離せなかったらすみません」

そう言ってお姫様抱っこをすると、

千歳を部屋へと連れて行きました。

昼下がりの少し危険な睦み合いも

夜になって終わらない情事も

千歳にはもったいないくらい愛おしい時間でした。

いつか罰が当たりそうなくらい、

毎日が統真さんの思いで溢れています。

天気の良いある日、

桃香が手を振りながら千歳を呼びます。

仕事終わりの千歳と桃香は待ち合わせをしました。

組長であり統真の父親である統玄の

誕生日プレゼント買いに二人で出かけたのでした。

そして、デパートを歩いている時のことです。

「もしかして、ちぃ?」

「、、、将生くん」

毎日統真に満たしてもらって、

罰が当たりそうなくらい

幸せな日々を

過ごしていた千歳ですが、、、?

『婚活ヤクザ、純情派。生涯あなたを愛し貫きます。』5話 感想

極道の若頭でありながら品があって統真さんが素敵です!

昼間の書斎、しかも窓の空いた机の上での愛の営みが

刺激的でロマンがあって良かったです!!

*まとめ*

『婚活ヤクザ、純情派。生涯あなたを愛し貫きます。』5話のネタバレを紹介しました!

幸せな日々を過ごしていた千歳に暗雲が立ち込めそうですね。

千歳と統真の間に誤解が生じないといいのですが、、、次回も楽しみです!

\今すぐ無料で試し読み!!/
コミックシーモア公式サイトバナー