漫画ネタバレ

この恋、茶番につき!?【ネタバレ4話】偽装夫婦のルール

『この恋、茶番につき!?』ストーカーの元婚約者から逃れるために、何もかも捨てて茶農家の実家に帰って来た茶子。しかしそこには、見知らぬ男と謎の少女が暮らしていて・・・?!嘘まみれの「新婚生活」が始まる!

茶子が大声で叫んだ声はこだまして、ご近所さんに「あの2人結婚した!」

と噂が広がってしまった!!もう嘘です!なんて訂正が利かない!

必死でニセモノ夫婦を演じようとするが・・・・?

 

『この恋、茶番につき!?』4話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『この恋、茶番につき!?』4話 ネタバレ!

嘘をつくなら最後まで・・・と言いますが、

結婚に憧れを持っているふたばの前であまりにもイチャつきが少なめだと

すぐに変だと思われてしまうので、いつまでそしてどこまで偽夫婦を演じて

やっていくのか?と茶子は一心と作戦会議をすることにしました。

やめてもいい状況になるまでやり続けるしかないから、やぶき(茶子・兄)にも

言わないとな・・・と一心が言うので、茶子はもう言いました!と伝えました。

やぶきは何て言ってたんだ?と聞かれた茶子は真実をありのまま伝えるのは無理だと思いました。

なぜならやぶきは茶子は一心と偽りの夫婦を続けることになった経緯を離すと、

「でかした!」と喜んだのです。このまま一心がウチで働き続けてくれる

理由があればいいんだとやぶきは言い、仕事は申し分ないし面倒見もいいし、

何より信頼できるからと言いながら「なんなだ本当に一心を落としてくれ」

と茶子に言い出したのです!!この茶農園がなくなるの嫌だろう?

だったらふたばが小学校に上がるまでに仕留めろ!と言われ、茶子は

「馬鹿なんじゃないの!?」と怒りました。

やぶきはそれまでにこの茶農園が回るぐらい経営が回復できないなら、

土地を手放すことを考えてるし、それは一心にも伝えてる話だと真剣な顔で言いました。

こんな生々事言えない・・・そう思った茶子は「兄は協力的でした」とだけ

一心に言いました。とりあえずふたばが小学校になるまであと2年だなと一心は

ため息をつくと、やっぱり出来ませんじゃこの件はすまないから本当に大丈夫なのか?と

茶子に聞いてきました。ふたばを悲しませるような事は絶対しないという約束と、

偽装夫婦のルールを決め、2人はその日解散しました。

ーーーある日、ふたばを迎えに行くと幼馴染の仁が声を掛けてきました。

仁は自分の実家の茶畑の手伝いをしているようで、実はマリナは姪でした。

ふたばと一緒に幼稚園から帰って来たマリナを迎えに来ただけだと仁は

言いながら、イライラして走り込みをしていたんだと話す茶子を見て笑いながら

「茶子のそういうところ好きだわ」と言いました。

そういう事言えば女が喜ぶと思ってるでしょ?

それでいつも仁のこと好きな子からうらまれるのよ・・・と茶子がため息をつくと、

仁は普通にしてるだけだし~と言ってきました。

4年も実家に戻らずどうしてんたんだよ?と仁に聞かれたので、

茶子は実家で散々甘やかされて生きてきたから、

自分の力で生きてみたいって思っただけで、一度戻ったら色んな事から

逃げちゃいそうだったからと茶子は答えました。

そんな茶子に仁は男から逃げて来たのにそのまま結婚って矛盾してるけど?

とド正論を言い放ったので、茶子はうまく言い返せれません。

「こないだも思ったけど、なんで無理して笑ってんの?

なんで新婚がそんな顔になんの?」とじっと見つめて言われて、

茶子はギクッとしました。そんなに変だった?茶子が目を逸らすと腕を掴まれ、

茶子が幸せならいいけど、そうじゃないなら「俺奪いに行くよ」と真剣な顔で言われました。

一瞬間があったあと、仁がいつものような顔に戻り「冗談」と言ったその時・・・

「冗談じゃすまねぇだろ 仁」と言って一心が現れ、仁の手を茶子の腕から放しました。

茶子がビックリしてドキッとしていると、車に乱暴に乗せられ

仁と幼馴染ならあいつがどんな奴か分かるだろ?隙見せてんじゃねぇよ!と怒られました。

茶子はなんでそんな風に言われるのが分からなくて、

仁はいつもあんな感じだし、心配するような事ではないけど?と返しました。

これってもしかして嫉妬してる!?茶子がドキドキしていると、

ふたばが血相変えて仁に茶子を盗られちゃうかも!と呼びに来たんだよと

言われました。さっそく不安にさせてんじゃねぇよと言われ、

茶子はなんで嫉妬してるかも?なんて勘違いしてんだよ私!と恥ずかしくなりました。

なんだか意識してるのかな?と今日の事を茶子は振り返りました。

振り返ると、そういえば仁にはときめかなかったけど一心には・・・

今までなんとも思ってなかったのに吊り橋効果!?茶子は頭がパンクしそうになりました。

もう寝よう!そう思いながら部屋に戻ろうとすると、倉庫に電気がついていました。

一心がいるのかな?そう思って倉庫に近づくと中から

ぎっぎっぎっ

と何かが軋む音が・・・!もしかして女連れ込んでる!?

そんなのルール違反じゃない!とモヤッとした茶子は、ガラッとドアを開きました。

しかしそこには一心が「手もみ茶」を作ってる姿が!!

「馬鹿!早く閉めろ!」慌てた顔の一心にそう言われ、茶子はハッとしてドアを止めました。

すると中からお茶のいい香りが・・・茶子は幼いころに

父親が一生を掛けて丹精込めて作っていた手もみ茶のことを思い出しました。

扉開けちゃったから葉が冷えましたねと茶子が謝ると、

どっちみち自分はまだうまく作れないし、茶子のせいじゃないと一心は言いました。

「あんたの親父さんには程遠い。」そう言われた茶子は父親を知ってるのか?と

驚きながら聞きました。すると一心は昔縁があって勝手に恩人だと思ってるだけだと

言いながら、同じ味は無理でももう一度それでここの売店が開けるぐらいになれたらなと

遠い目をしました。茶子は立てかけてあるホイロの蓋に”3等38席”という文字を見て、

これが一心の記録ならばすごい!!と言いました。

一心は1等4席など好成績を残している茶子の父親には程遠いと言いますが、

茶子は父親が大事にしてきた手もみ茶の復活に尽力を注いでくれていたと

分かって嬉しくて仕方ありませんでした。

 

『この恋、茶番につき!?』4話 感想

仁は昔から茶子のことが好きだったけど、茶子はそれに気づかずに

ただの幼馴染としてしか見てなかったんでしょうね~。

まぁ仁からすると茶子が帰って来たからこっちにもチャンスが巡って来た!と

思った矢先に一心と結婚した噂が流れたのですから、黙ってられないですよね。

ここから茶子を奪い合う?戦いが始まりそうだな~。

茶子は大好きだった父親の大事にしていた手もみ茶を再現しようと

頑張ってくれてる一心を見て、本当に嬉しそうですね。

父親はお茶界ではすごい人だったようですし、それのお陰もあって

実家はその当時は繁盛していたようです。

それを盛り上げるために茶子も一緒になって手伝って新しい手もみ茶を

完成させそうですね~。

*まとめ*

『この恋、茶番につき!?』4話のネタバレを紹介しました!

一心と結婚したこと(偽装だけど)を良く思っていない仁。

これからどんな展開を見せるのか次回の話の続きが気になります!

この恋、茶番につき!?アイキャッチ画像
この恋、茶番につき!?【無料】で読みたいあなた!今すぐ読む方法を紹介!この恋、茶番につき!?【無料】で読みたいあなた!今すぐ読む方法を紹介!ストーカーの元婚約者から逃れるために、仕事も家も捨てて茶農家の実家に帰ってきた茶子。しかしそこには、見知らぬ男と謎の少女が暮らしていて…!? ...