漫画ネタバレ

この匂い、反則です!【ネタバレ1話】極度の匂いフェチ

『この匂い、反則です!~フェチと恋愛は似て異なるものか~』芳乃は極度の匂いフェチ。彼女はこの匂いフェチのせいで大好きだった元カレと別れた過去がある。そんなある日、とびきり自分好みの香りを嗅いでしまった芳乃は・・・?!

仕事なども恵まれた環境にいるけど、ただ1つ満たされない・・・

そう、それは好みの香りを放つ男性にまだ出会えていない事!

 

『この匂い、反則です!~フェチと恋愛は似て異なるものか~』1話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

スポンサーリンク

『この匂い、反則です!~フェチと恋愛は似て異なるものか~』1話 ネタバレ!

志乃は企画デザイン会社に6年勤めており、仕事もまぁまぁ慣れてきて

指導する後輩もでき、そしてイケメン上司に気に入られていました。(と思う)

周りからすればきっと恵まれている人生だと思われていると思いますが、

それでも志乃の心は満たされずにいました。

そう、志乃は極度の”匂いフェチ”で未だに大好きだった元カレの事を忘れられないのです。

昔、元カレの家に行った時に脱ぎ捨ててあった汗だくのTシャツを

隠れて嗅いでいたのを本人に見られてしまい、

「キモい」と言われフラれてしまったのです。

それから1年、志乃はあれ以元カレ以上の匂いの持ち主には出会えておらず、

誰とも付き合っていません。

でも、いつかはまた匂いフェチの自分に最高の癒しと幸せを与えてくれる

人がいつかは現れてくれるはず!その希望は捨てきれませんでした。

そんなある日、オフィスで前から焦って走ってくる男性に志乃はぶつかってしまいました。

「す すみません!」

「あ・・・平気です。ちゃんと前見てなくって・・・。」

その人は急いでたからか汗だくで、その汗をハンカチで拭いながら

「僕の方こそ急いでたので・・・良かった。怪我がなくて。」

と言いました。その瞬間、その男性から凄くいい匂いが・・・!

急ぐのでこれでと言って去って行った男性の後ろ姿を見送ってからも、

志乃の心臓はドキドキが止まりませんでした。

 

『この匂い、反則です!~フェチと恋愛は似て異なるものか~』1話 感想

極度の匂いフェチかぁ~。なんで元カレも志乃のこと振っちゃったんだろう?

別にいいじゃん!好きな人の匂いが嗅ぎたいってない?(え 私だけ?w)

そこまで愛してるんだから別にキモくないしと言いたい!

志乃は極度だから、本気で匂いが合う人じゃないとお付き合い出来ないんですね。

上司に気に入られてるようだけど、この人は運命の人ではないようです。

しかし、ある日前から走って来た汗だくイケメンが!

これは運命の出会い!!志乃もいい匂いだと久しぶりに思ったみたいだし、

恋の予感ですね♡

*まとめ*

『この匂い、反則です!~フェチと恋愛は似て異なるものか~』1話のネタバレを紹介しました!

あのいい匂いをさせていたイケメン男子はどこの部署にいるのだろう?

次回の話の続きが気になります!

この匂い、反則です!~フェチと恋愛は似て異なるものか~アイキャッチ画像
この匂い、反則です!~フェチと恋愛は似て異なるものか~【無料】で読む!この匂い、反則です!~フェチと恋愛は似て異なるものか~【無料】で読む!極度の匂いフェチの藤森芳乃は、ある日、オフィス内でとびきり自分好みの香りを嗅いでしまう。その香りの持ち主は、同じ部署に異動してきた恋人もちの中島涼だった!?...
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/