ファンタジー

拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ【ネタバレ10話】初めての恋

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』優秀な兄姉の影で「はずれ姫」と称される第4王女のリデル。ずっと好きだったオスカーと結婚することになったのだか、その幸福な時間は長く続かなかった・・・

有望なアッシェン領主として王国に名を知られるようになったオスカー。

そんな時にリデルと出会い・・・?

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』10話のネタバレを紹介します!

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』
今すぐ無料で試し読み!!

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』10話 ネタバレ!

初めてリデルに出会って触れた時、初めての感情にオスカーは出逢いました。

周りは「はずれ姫」だとリデルのことを言いますが、

王女でありながら偉ぶることなく儚く美しいリデルに、

オスカーはすっかり心を奪われてしまいました。

初めての恋をしたオスカーは、親友のアーサーにどんな贈り物をしたらいいのか?と

相談したりしていました。そのアーサーの妹・マデリーンは、

オスカーに好きな人が出来たと知り、当時落ち込んだのでした。

ーーーその後、オスカーは王宮に向かい国王にリデルを妻にしたいと

お願いしました。すると国王はリデルはまだ14歳で、オスカーもまだ若いからと

一旦断ろうとしましたが、色々考えた末

2年ほど続くオルディア山脈での異民族の紛争を1年以内に見事収めれば

許してやると条件を突き付けたのです。

それからオスカーは一生懸命鎮圧に専念し、恐ろしいほどの冷静さで敵をなぎ倒した

ことから「氷の騎士」と呼ばれるようになってしまいました。

1年と経たずに鎮圧に成功したオスカーは晴れてリデルを妻に娶りました。

でもどれだけ功績を重ねたとしても、「妾の子」という噂が広がっていきました。

他の誰にどう思われようが構いませんが、オスカーはリデルを愛し

彼女にも愛されたかった一心で自分以外の男に会わせたくなくて、

他の興味も持たれたくなくて、つまらない独占欲から嘘をついたりもしてしまいました。

ただリデルにどう思われているのか、それを知るのだけが怖くて

屋敷の中でリデルに冷たい態度を取ってしまっていました。

そんな臆病な考えが間違っていたのか、リデルとの距離がますます離れて行きました。

なのでリデルが亡くなった後、後悔しても悔やみきれませんでした。

正直に「愛している」と言えていれば・・・

その後、リデルの部屋から剣帯を見つけた時ハッとしたのです。

自分は愚か者だ・・・リデルのことを信じられなかった罪を

一生かけて償おうと心に決めたのです・・・。

そしてリデルが残したエミリアだけは、リデルの分まで幸せにすると誓いました。

ーーージュリエットは翌日元気になってエミリアに笑顔を見せました。

エミリアは急に家庭教師だなんて無理なお願いをしたからだと

しゅんとした顔で謝ってきました。

寂しいけれど我慢するわと無理な笑顔を作るエミリアを見て、

ジュリエットは心がズキッと痛みました。

迎えの馬車が来たのでそれに乗り込む前に、オスカーがまた家庭教師の件は

一度考えてくれたらいいからと謝ってきました。

一緒に見送りに来てくれたオスカーとエミリアにジュリエットは、

家庭教師の任を受けることを承諾したのです・・・!

 

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』10話 感想

オスカーはずっと自分が無理やりリデルの気持ちを聞かずに

結婚したから、嫌われていたらどうしよう・・・好きでもないと言われたらどうしよう・・・

と臆病な考えを持っていたんですね。でもリデルはオスカーのこと好きだったんだよ?

なんて悲しいんだ・・・生前リデルが本当の気持ちを知っていたら、

もっと幸せな日々が過ごせたのに(涙)。後悔しても亡くなった人は帰って来ません。

ジュリエットが現れたのは奇跡!亡くなった人にも、その周りの人にも強い後悔があれば

記憶がないあるにせよ何かし縁で繋がれると現実でも私は思いたいです。

*まとめ*

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』10話のネタバレを紹介しました!

エミリアの家庭教師を引き受けたジュリエット。

これからどんな展開が待っているのか?次回の話の続きが気になります!

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』
今すぐ無料で試し読み!!