ファンタジー

拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ【ネタバレ8話】これが最後だと決めていたのに!?

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』優秀な兄姉の影で「はずれ姫」と称される第4王女のリデル。ずっと好きだったオスカーと結婚することになったのだか、その幸福な時間は長く続かなかった・・・

ジュリエットはこれで最後だと自分に言い聞かせてアッシェン城を訪れますが、

そこで思いもよらぬことが起こる・・・!

 

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』8話のネタバレを紹介します!

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』
今すぐ無料で試し読み!!

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』8話 ネタバレ!

招待状は「ヘンドリッジ」宛で届いたのに、グレンウォルシャーの令嬢

だとバレていてジュリエットは驚きました。付き人に聞けば、オスカーがあの後

調べたんだと聞かされました。事情を知っている付き人は安心してくれと優しく微笑みました。

食事の会場へ向かいながら付き人にオスカーについて聞くと、

それは以前ジュリエットがリデルだった時に知っていたオスカーとは

印象が全然違いました。「親バカ」だと聞かされ、この11年で何が起こったのだろう?と

と不思議に思ったのです。

廊下を歩いていると、エミリアに再会しました。

先ほど女性と言い合いしていたエミリアに付き人が、また家庭教師を

追い払われたのか?と聞くと、だって話が長いんだもの!と

エミリアはプイっと横を向きました。

そしてエミリアはジュリエットの手を引いて食事会場に向かいました。

そんなエミリアを見たジュリエットは、以前も思ったけどなんだか

自由奔放すぎてこの子が心配だな・・・と思ったのでした・・・。

ーーー会場に入るとオスカーが挨拶をしてきました。

早速だがまずは食事の前に謝罪させてほしいと

事情を知ろうともせず勝手な決めつけで酷い物言いをして本当にすまなかったと

謝ってきました。その言葉を聞いたジュリエットは自分は両親が

世界で一番大好きで尊敬してるのですぐに許せるかは分からないと返しました。

それはもっともだし、今はただ食事会を承諾してもらった事に感謝していると

オスカーが言うので、それはエミリアからあんな可愛らしい文章を

貰ってしまったらら断る事なんてできませんからとジュリエットは答えました。

でも、新しい人生を歩むんだと決めたのにどうして前世の夫と娘に

関わる方向に話しが進んでいるの!?ジュリエットは2人のペースに巻き込まれていく

自分を感じ困惑しました。

食事会が始まると、エミリアの食事の食べ方の汚さが目につきました。

しかもオスカーはあまりそれに対して注意をしません。

食事はいつもこんなのなのか?と聞くと、家庭教師にマナーを教えてもらってるが、

中々エミリアが言うことをきかないんだとオスカーは答えました。

これはどちらかというと甘やかして放置しているように見えると思ったジュリエットは、

どうしても放っておくことができず、エミリアに食事のときは姿勢よくしてナイフとフォークの

正しい持ち方を教えました。

ジュリエットに注意されても嫌な感じがしない!エミリアはパアっと明るい顔になりました。

その後、オスカーが少し席を外したので2人で食事していると

家庭教師の男爵夫人は後妻を狙っていてあまり好きじゃないんだとエミリアは話し始めました。

男爵夫人は三年前に夫を亡くし、未亡人の様ですがエミリアは

オスカーの妻は自分の実の母親じゃないと嫌なんだと寂しそうな顔で言いました。

その後、オスカーが返ってきたので何かあったのか?と聞くと、

男爵夫人が怪我をしたと言ってきました。それを聞いたエミリアは

その様子じゃしばらく仕事が難しそうなのでいいこと思いついた!とニマッと笑いました。

そしてュリエットに家庭教師をしてもらえばいいのよ!と言ってきたのです!

ジュリエットはそんな事自分にはとても・・・とやんわり断ろうとしましたが、

オスカーはエミリアが素直に言うことを聞く相手などなかなかいない逸材なので、

頼めないか?と言ってきたのです。

これで関わるのは最後だと決めてここに来たのに、

どうしてかエミリアの家庭教師に抜擢されてしまったのです・・・!

 

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』8話 感想

父子家庭だったので、どう躾けていいか分からなかったのでしょうね。

娘可愛さに強く言えないオスカー・・・親バカ可愛すぎる(萌♡)。

エミリアはジュリエットに本当に懐いていて、ジュリエットの言うことなら

素直に聞いてくれる感じですね~。まぁ中身は本物の親子なんですし、波長が合うのかな?

そしてイケメンオスカーの後妻に収まろうとしてくる女性が

今まで何人もいたからエミリアも警戒してるんでしょうね~。

信用できるジュリエットなら!みたいな雰囲気になってしまったけど、

前世のことは忘れて生きようとしていたジュリエットには寝耳に水ですね(汗)。

*まとめ*

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』8話のネタバレを紹介しました!

エミリアの家庭教師代打に抜擢されてしまったジュリエット。

関わるのはこれが最後と決めて来たのに!次回の話の続きが気になります。

『拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ』
今すぐ無料で試し読み!!