女性漫画

黒崎さんの一途な愛がとまらない【ネタバレ2話】知人は可能性0?

『黒崎さんの一途な愛がとまらない』~ 「この10億円で、僕と結婚してください。」とまだ恋愛未経験な高校2年生の小春は、実家の弁当店の常連客・黒崎から突然プロポーズをされてしまう。きっぱり断った小春でしたが・・・?

黒崎は仲のいい担当編集者の桐矢に惚れている小春に

10億円用意してプロポーズした結果、

会話を許可され知人になったことを説明するが・・・?

『黒崎さんの一途な愛がとまらない』2話のネタバレを紹介します!

\最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み/
BookLive公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

『黒崎さんの一途な愛がとまらない』2話 ネタバレ!

黒崎の話を聞きながら、桐矢は大きなため息をつき

「残念だがお前はもうフラれている。」と言いました。

知人から始めましょうと言われたのに、なんでフラれたことになるのか

黒崎には理解できません。

そんな黒崎に桐谷は友達でいましょうなんて断り常套句なのに

知人なんてそれ以下だぞ?とハッキリ言いました。

でも会話から始めましょうと前向きな言葉を貰ったことを話すと、

その女性とどうにかなる可能性は0だと言われてしまい、

黒崎は落ち込みました。

ーーー黒崎と小春が知人になってから1週間が経ちましたが、

それから黒崎は一度も店に顔を出しに来ません。

小春は仕事が忙しいとか何か事情があるのかな?と悶々としてしまいました。

引き止めたのは自分だし、待ってないで連絡してみようかな・・・

そう思って黒崎に渡された電話番号が書かれたメモ用紙と

にらめっこしていると、弟の千冬に連絡するのを止めろと言って、

メモを取り上げられそうになりました。

必死に抵抗してくる小春に何でそんなに必死なんだと聞かれた千春は、

「このまま会えなくなるのは嫌だと思っちゃったの!」と返しました。

とにかく安全確認がしたい!勇気を振り絞って連絡すると、

留守番電話のメッセージに「ただいま僕は入院してます。」

入れられており、そこに入院先の病院の名前も入っていました。

翌日、心配して小春が病院に見舞いに行くと

まさか来てくれるなんて夢にも思っていなかった黒崎が

病室に入って来た小春を見るなり、驚いてベッドからずり落ちてしまいました。

落ち着いた後に、どうして入院することになったのか?と聞くと、

あれから買って帰った小春の料理を一気に食べてしまったためです

黒崎が答えてきたので、あんなに大量に買って帰った料理のせいだったんだと

小春は唖然としました。

小春のおにぎりやお弁当への禁断症状が出て一気に食べてしまったんだ・・・

と黒崎が言うので、父親と自分が愛情込めて作ってるので

普通に食べてくださいと返しました。

全部小春が作っていたと思っていた黒崎は、メインは小春の父親が

作ってるのを知ってかなりショックを受け、

その様子を見た小春は見舞いに来たのにダメージを与えてしまったと

焦りました。

もうご飯が食べれるようなら・・・そう言って、

見舞いの品にと小春は自分で焼いたクッキーを渡しました。

「小春さんが・・・僕のためなんかに・・・?」

嬉しそうな顔を黒崎がするので、

「だって私たちお知り合いになったじゃないですか。

元気になったらまたお店に来てくださいね。」

と小春は言いました。黒崎は桐矢に言われた”知人は可能性0”という

言葉を思い出し、これは受取れないと断りました。

なぜならこれ以上小春の優しさを受け取ったら諦められなくなるからです・・・。

桐矢に言われたことも、自分が想ってることも小春に話すと

「・・・すみませんでした。お断りしたのに引き止めたり

真剣な気持ちを振り回したりしてしまって・・・。」と小春が謝ってきました。

あの時、黒崎がこの先もう店に来ないと言った時

このまま会えなくなるのは嫌だと思ってしまった事・・・

そして自分は恋をしたあことがないのでどうしてそう思ったのか

自分の気持ちもよく分かってない事を小春は正直に話しました。

「でもまた会いたい 話がしたい・・・

黒崎さんをもっと知りたいって思ったことは本当です。」

真っすぐな目で小春が言うと、黒崎は顔を真っ赤にして幸せそうな顔をし

「幸せすぎて胸が苦しいです。」と俯きました。

その表情に小春はドキッとし、身体の事もあるのでもう休んでくださいと

お暇しようとしました。

色々あったけど今日会えてよかった・・・そう思いながら病室を

出て行こうとすると、腕を掴まれ引き止められました。

驚いた小春が振り向くと、

「僕も小春さんと同じで恋をしたことがなかったんです。

可能性が一欠片でもあるなら僕はもうあなたを諦めません。

小春さんと一緒に、最初で最後の恋がしたいです。」

と真剣な目で黒崎はそう言いました。

・・・だから手始めに今後は1日3回店に通うと言い出した黒崎に、

それは猪突猛進過ぎる!とツッコみました。

まず普通はいきなりプロポーズとかしないし、そもそも自分は

結婚を考える年齢じゃないからもう少しスピードを緩めて欲しいとお願いすると、

「では次はどんな行動なら許可していただけますか?」

聞かれてしまいました。色々初心者なんだからそう言われても困る!と

あたふたしていると、病室のドアが開き

「まさかプロポーズの相手って・・・子供なのか!?」

驚いた顔の桐矢がそこに立っていたのです・・・!

 

『黒崎さんの一途な愛がとまらない』2話 感想

知人は可能性0と言われ、ショックを受けた黒崎。

ショックで倒れたのかと思いきや、大好きな小春の店の弁当を

一気食いしたからでした(苦笑)。

てか黒崎が真面目過ぎて真っすぐすぎて

カッコよすぎて可愛いすぎて困る・・・♡(←えっw)

黒崎も小春も恋愛初心者のため、どうこれから関係を進めたらいいのか

よく分かっていないところがまたいい・・・♡

今まで小説ばかり頑張って、恋愛なんてしてこなかったんですね~。

こんなイケメン&お金持ちがずっと世に放たれてなかったなんて・・・

小春ラッキーすぎ!!

*まとめ*

『黒崎さんの一途な愛がとまらない』2話のネタバレを紹介しました!

黒崎の友人編集者・桐矢が高校生の小春との恋愛を否定してきて・・・?

次回の話の続きが気になります。

\今すぐ無料で試し読み/
BookLive公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/