女性漫画

黒崎さんの一途な愛がとまらない【ネタバレ5話】週刊誌

『黒崎さんの一途な愛がとまらない』~ 「この10億円で、僕と結婚してください。」とまだ恋愛未経験な高校2年生の小春は、実家の弁当店の常連客・黒崎から突然プロポーズをされてしまう。きっぱり断った小春でしたが・・・?

黒崎がイケメン作家の「CURO」として授賞式に顔を出した時、

公の場で1人の女性に告白したことがたちまち大騒ぎになる。

「しらせ」の事も公言したため、小春の実家の店にどっと客が押し寄せてきて・・・?!

 

『黒崎さんの一途な愛がとまらない』5話のネタバレを紹介します!

\最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み/
BookLive公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/ \画像クリックで無料試し読み/

『黒崎さんの一途な愛がとまらない』5話 ネタバレ!

皆黒崎のファンなのか、女性が多く店に押し寄せ

そして記者のような人物もやってきて、てんやわんわになってしまいました。

どうしよう・・・と困惑していると、普通の顔をして

「今日は大繁盛ですね。」と黒崎がやってきたので、

小春は慌てて黒崎を店の奥に引っ張って行きました。

店にも黒崎目当ての人がいっぱいだし、時の人なんだから

出歩いたらまずいですよ!と注意すると、黒崎本人は全くそれを知らず

先程気付かれなかったから大丈夫じゃないかと言ってきました。

確かにテレビに映った時は、かなりきっちり綺麗に正装していたので

いつものもっさり頭の黒崎がまさか「CURO」だなんて誰も気づきません。

それでもバレた時大変な事になる・・・と小春が考えていると、

桐矢がやってきてある記者が小春と黒崎のツーショットを

週刊誌に掲載すると言ってきたんだと報告してきました。

それを聞いた小春は、そんな事されたら大騒ぎになっちゃう!と

青ざめました。記事は必ず差し止めるが少し時間がかかるので、

迷惑をかけてしまって申し訳ないと桐矢が謝ってきてくれ、

黒崎には事態が終息するまで小春に会わない様にと言いました。

しょんぼりする黒崎に、お店に来れない間の弁当は配達するし

自分の事なら心配しない小春が笑顔で言うと、

また会える日を待ってると黒崎は俯き加減でそう言いました。

ーーー翌日、小春の通う高校でもCUROの噂で持ちきりで

人生でこんなに注目を浴びる事がない小春は、こんなの身が持たない!と

思って親友の莉々と美香に相談しました。

才色兼備でお嬢様の莉々は、公開告白の相手が小春だと知り

そんな人は最悪だ!と黒崎を批判し、

高校生もモデルで大人っぽい美香は素敵♡と言ってくれました。

騒動の発端のくせに小春にばかり苦労させる黒崎なんか、

付き合ってもいないならもう関わるのは止めたら?と

莉々に言われましたが、大変な事もあるけど

関わりを止めたいとは思わないんだと小春は返しました。

そんな小春の様子を見た莉々と美香は、恋が芽生え始めている

小春を陰ながら応援することにしました。

ーーーある日、いつものように店に立っていると

1人の記者がしつこく取材をさせてくれないか?と聞いてきました。

小春が困っていると、取材お断りの張り紙を見せながら

弟が記者を追い払ってくれました。その後、桐矢から写真と記事の

掲載を止める事が出来たと連絡が来て、

ようやく小春はホッとしました。

するとすぐに黒崎からも桐矢から小春に会う許可が出たので、後で

店に向かうと連絡が入りました。

相変わらず猪突猛進だな~と思いながら、

会いたいと思っていてくれた事は嬉しく感じました。

学校の帰り道にいつも通らない道を通って近道しようと公園に入ると、

そこで前にしつこく取材したいとやってきた記者に声を掛けられました。

話すことは何もないです!と小春が言うと、

黒崎との交際の事を聞きたいんだと言って記者が2人で

一緒に写った写真を見せてきたのです!

せっかく掴んだスクープだったのに、編集長が急に掲載しないと

言ったから大金手に入れ損ねちゃったんだよねと記者は言うと、

「でもいい事思いついたんだ。君この写真買わない?

流出したらまずいでしょ?」と言って、ニヤッと笑ってきたのです。

CUROが未成年淫行・JK大好き作家だって他に持ち込むよ?

脅された小春は、

「黒崎さんは誠実な人です!あなたみたいな人にバカにされたくない!」

と大きな声で反論しました。言い過ぎた!と思った小春は、

その場からダッシュで逃げましたが、逆切れした記者がその後を追いかけてきます。

どうしよう・・・と思っていると、目の前に黒崎が現れました。

記者は目の前に現れた男がCUROだと分かると、

交際の件で話が聞きたいとへこへこしてきました。

そんな事を言ってきた記者に黒崎はキレて、

「小春さんに手を出しておいて許せない・・・!

僕の全てを使ってお前を潰してやる。」と睨みました。

すると記者がやれるもんならやってみろよ!と煽って来たので、

黒崎は小春に「大丈夫だから心配しないで。」と声を掛けると、

スマホを取り出しどこかに電話をかけ始めました。

電話をかけた先はあらゆる週刊誌の編集長たちで、あなたの所の

記者に追い回されて非常に迷惑してるんだと黒崎が一言だけ言うと、

慌てた編集長たちは、記者に電話をかけてきて金輪際アンタの記事は

載せない!と激怒してクビを切って来たのです!

青ざめた記者に黒崎は、

「お望み通りやってみましたが?ご満足いただけましたか?」

と不敵な笑みを浮かびました。記者は「くそ!」と言いながら、

小春にぶつかって逃げて行き、その反動で後ろに倒れそうになった

小春を黒崎が受け止めてくれました。

怪我はないか?と聞かれた小春が大丈夫だと答えると、

ホッとした顔で黒崎は千春の手を握り締めました。

ずっと陰から見守っていたのに公園で見失ってしまって

怖い思いをさせて申し訳ないと黒崎が謝ってくるので、

ステイ中ずっともしかして陰から見ていたのか?と疑いの目で

小春は黒崎を見ました。慌てて黒崎は心配だったからであって

お叱りはしかと受け止めると言ってきたので、

小春は思わずクスッと笑ってしまいました。

お陰で助かったし守ってくれてありがとうと笑顔でお礼を言うと、

小春は黒崎の右手が腫れているのに気づきました。

自分を受け止めた拍子に大事な手を怪我させたと気づいた小春は青ざめ、

すぐに救急車を呼んだのです・・・!

『黒崎さんの一途な愛がとまらない』5話 感想

黒崎がイケメン過ぎてたまらない・・・♡

今日も可愛いしカッコいいしどうなってんの!!小春が羨ましすぎる!

商売繁盛なのはいいけど、変な記者とかしつこい人とか店や家に来たら

大変だよね・・・記事掲載は免れたけど、この先大丈夫かな?

黒崎は頼もしいけど、ずっと一緒に居れるわけじゃないし

小春は大丈夫だと言うけど、そこが気になりますね~。

*まとめ*

『黒崎さんの一途な愛がとまらない』5話のネタバレを紹介しました!

小春を受け止めた拍子に大事な右手を怪我してしまった黒崎。

仕事に支障が・・・次回の話の続きが気になります。

\今すぐ無料で試し読み/
BookLive公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/