漫画ネタバレ

レス~幸せなんてなかった~【ネタバレ前編】理想と現実

『レス~幸せなんてなかった~』 第一子が生まれた時「これから幸せな家庭を作っていこう」そう誓い合ったはずなのに、現実は非協力的な夫に苛立ちを募らせるばかり。そんな時同窓会に出席した友里は不倫でもしないかと誘われて・・・!?

「幸せな家庭を作っていこう」と言ったのは夫なのに、身勝手な毎日に苛立ちを

募らせる友里。そんな時同窓会へ行ってみると不倫でもしないかと誘われてしま

い・・・!?

『レス~幸せなんてなかった~』前編のネタバレを紹介します!

『レス~幸せなんてなかった~』
今すぐ無料で試し読み!!

『レス~幸せなんてなかった~』前編 ネタバレ!

第一子が生まれた時、

「ありがとう友里、これから

幸せな家庭を作って行こうな」そう言って

夫は子供の誕生を心から喜んでくれて、

私たちは幸せいっぱいでした。

台所に立ったママは大根を切る手に

力が入りタンッと大きな音を立てます。

そしてため息まじりで皮を剥いていると、

「おーい、小春が呼んでるぞ」

と夫が言います。

すると娘は画用紙を持って

「お絵かきしよう」と言います。

夕飯の準備をしていたママは、

ご飯が遅くなっちゃうからパパに遊んでもらってと

娘に言い聞かせると、

「明日は休日だからゆっくりで大丈夫だぞ」

とパパが言います。

ならお前が遊べよ!

と腹の中で思いながら、

ママは娘のお絵かきをすることになるのでした。

そして、来週の土曜日に高校の同窓会があることを

パパに伝えると、

「夕飯は作ってくれるんだよね」

とパパが言います。

作るのが当たり前のような言い方にイラついて

ママは鉛筆を持つ手に力が入り、

筆圧が高くなります。

「・・・ちゃんと用意しとくよ」

我慢してそう答えます。

「まぁ息抜きも必要だからね。

何かあれば親にお願いするから行っておいで」

そう言われたママはさらにイライラします。

そして夫はソファーに座ったまま、

スマホをいじり、

明日は友達と出かけるから、

夕飯も済ませてくるしゆっくりしてよ

と言うのでした。

そう言われてもママは子供の面倒を見なきゃならないので、

ゆっくりなんてする暇ないと思うのでした。

夫は自分の都合だけで予定を決めるし、

身勝手すぎない?なんで私ばっかり・・・

そう思っていると、

鉛筆の芯がパキッと折れてしまうのでした。

すると娘が

「ママ、折っちゃダメ」と言って

泣き出してしまいました。

ママは私だって泣きたいよと思うのでした。

娘を寝かしつけ、

やっと今日も1日が終わりました。

全身が疲れています。

ようやくベッドに横になり、

目を閉じようとした時でした。

夫の手が動き出し、

私の胸を揉み始めます。

嫌だ!!

全身に拒否反応が巡ります。

「ごめん、今日は疲れてるから」

「そっか・・・おやすみ」

そして二人は背を向け合って眠るのでした。

幸せな家庭って何?

虚しさが込み上げるのでした。

同窓会の日です。

お料理が並び、お酒も少々入った席で、

女子トークが始まります。

「え!!もう半年もしてないの?!」

みんなはそれが意外のようです。

はたから見れば幸せな夫婦に見えていたのでした。

私も幸せな夫婦になれると思ったんだけどさ・・・

と言って深いため息をつきます。

いつも家事育児は、やるのが当たり前で、

気遣ってはくれても、何もしてくれない夫に対して、

する気が失せてしまったのでした。

これにはみんなも共感してくれました。

友里は仕事もしてるし、

離婚は考えないの?と聞かれて、

自分が小さい頃に親が離婚してて、

辛い思いをしたので、

子供にはそんな思いをさせたくないのだと答えます。

お酒も程よくまわり、

みんな同情して抱きしめてくれるのでした。

「おー盛り上がってるね」

そう言ってやって来たのは桧山くんでした。

友里の隣に無理矢理陣取ると、

「レスになるほどストレス溜まってんの?」

と言ってきます。

相変わらず自由な人だと思うのでした。

「我慢するのは良くないよ。

人生一度きりなんだから、自分のために生きなきゃ。

自分を犠牲にする人生なんて嫌じゃない?

そこに幸せなんてないと思う」

と言われると、返す言葉が見つかりませんでした。

「気晴らしにオレと不倫でもする?」

そう言われた友里は、

醤油とウスターソースを間違えて、

オエッとなるのでした。

すると桧山くんは

「そういう抜けてるとこ、

可愛くて好きだったんだよね」

そう言って友里を見つめてきます。

なぜか桧山くんがキラキラして見えました。

すると、自分のグラスを持つと、

桧山くんはフラフラと別の場所に行ってしまうのでした。

友里は一瞬動揺したものの、

そんな道をそれたこと、するわけない!!

と握った手にぎゅっと力が入るのでした。

『レス~幸せなんてなかった~』前編 感想

同じ悩みを抱えた方がたくさんいそうですね。

共感できる方が多いと思います。同窓会で桧山くんに「好きだったんだよね」

と言われたシーンがドキドキしました!

*まとめ*

『レス~幸せなんてなかった~』前編のネタバレを紹介しました!

家庭に幸せを見出せず、不満を募らせている有利ですが、

果たして桧山くんと会うことになってしまうのでしょうか?気になります!!

『レス~幸せなんてなかった~』
今すぐ無料で試し読み!!