漫画ネタバレ

レス~幸せなんてなかった~【ネタバレ後編】偽物の幸せ

『レス~幸せなんてなかった~』  第一子が生まれた時「これから幸せな家庭を作っていこう」そう誓い合ったはずなのに、現実は非協力的な夫に苛立ちを募らせるばかり。そんな時同窓会に出席した友里は不倫でもしないかと誘われて・・・!?

家事と育児に追われて、幸せなんて全く感じられない日々を過ごしていた友里。

しかし、同窓会で再開した桧山に「好きだった」と言われた友里は・・・!?

『レス~幸せなんてなかった~』後編のネタバレを紹介します!

『レス~幸せなんてなかった~』
今すぐ無料で試し読み!!

『レス~幸せなんてなかった~』後編 ネタバレ!

食器を洗いながら、次の家事のことを考えます。

洗濯物を干して、掃除機かけて・・・

今日もため息がこぼれる友里です。

「ママー」

娘の声が聞こえてはっとします。

するとパパが公園に連れて行ってくれると言います。

友里はびっくりします。

「小春、上着着てー」

夫が小春に上着を着せます。

あり得ません。

「どうしたの?」友里が質問すると、

夫は疲れてる友里を見て、

今まで家のことも子供のことも

任せ過ぎだったと反省したのだと言います。

「これからはもっと父親として夫として

頑張って行こうと思って・・・」

そう言われた友里は涙が込み上げて来ました。

「ありがとう」

この人と結婚して良かったんだ。

間違ってなかった。

私の幸せはちゃんとここにある

確信できた瞬間でした。

仕事を終えた友里は、

ロッカールームで着替えながら、

今日の夕飯は何にしようか考えます。

すると同僚から今日は機嫌がいいね、

何か良いことあった?と聞かれます。

「幸せっていいなぁって」

友里はしみじみと思いながらそう答えます。

ほんと生きてて楽しい!と思えたのでした。

すると、後輩が彼氏ができたと言って、

喜んでいる声が聞こえて来ました。

みんなは「おめでとう!」「写真見せて!」と

はやしたてます。

友里も写真を見せてもらいます。

「年上なんですけど・・・」

と後輩は照れ臭そうにツーショット写真を

見せてくれました。

すると、友里は愕然とします。

そこには夫の顔がありました。

なるべく平静を装って、

「どこで知り合ったの?」

と聞いてみると、

駅で電車を待っている時に、

一人ですかって声をかけられて、

意気投合したのだと言います。

何それ・・・

何言ってるの・・・?

「勢いでそのままホテル行っちゃったんですけど、

後日、ちゃんとお付き合いしましょうって言ってくれて・・・」

友里は頭の中が真っ白になります。

「今度旅行に行く約束もしたんです!」

何も知らない後輩は無邪気に話してくれます。

友里は夫が急に優しくなった理由が分かったのでした。

幸せなんてなかった・・・

呆然とする友里の脳裏に桧山くんが浮かびます。

そんなに辛いならさ、

気晴らしにオレと不倫でもする?

案外スカッとするかもよ?

友里は姑に電話をかけます。

「会社でトラブルがあったので、

小春のお迎えをお願いできますか?」

そして、桧山に会いに行きます。

「お待たせ、会いたいなんてどうしたの?」

待ち合わせ場所にイケメンの桧山がやって来ました。

「・・・抱いて。もうめちゃくちゃにして」

そう言う友里の目には涙が溜まっていることに

気づいた桧山は分かったと一言言うと、

そのままホテルへ向かいます。

ドアを閉めると、

カバンを放り投げて、

キスをしながらネクタイを外します。

そのまま友里をベッドに押し倒し、

服を脱がせます。

友里はものすごい開放感を感じ、最高な気分です。

「あっ、もっとして」

快楽を味わうと二人はベッドで横になります。

午後10時を過ぎると、

夫からメッセージが入りました。

友里は服を着て帰る支度をします。

桧山は切り替えが早いし、

後悔してるのかと心配になりますが、

「今度いつ会う?」と友里が言います。

桧山の不安は吹き飛び、笑みが浮かびます。

「いつでも大歓迎だよ」

友里はまた連絡すると言って帰って行きました。

いつものように台所に立って料理をしていると、

娘がパパとママと私の絵を描いたから、

ママにあげると言って持ってきます。

見ると3人が仲良く手を繋いでいる絵でした。

友里は笑顔で「ありがとう」と言います。

すると夫が来週出張に行くことになったと言います。

「あー、・・・彼女でしょ?」

夫は慌てます。

娘はカノジョの意味がまだわかりません。

今も変わらず不満だらけの毎日です。

だけど、もう大丈夫。

友里は夫と娘を家に残し、

堂々と出かけて行きます。

玄関先で夫は「ごめん、オレ・・・」

と言いかけますが友里は言葉を遮ってこう言います。

「ふふ、安心して。私もあなたと同じように

これから頑張るから。

そして最高の笑顔を作り

「母親として妻としてね」と言うと、

夫は顔面蒼白になり言葉が出て来ません。

娘はパパ抱っこーとおねだりをしています。

そして友里は生き生きとした表情で

出かけて行くのでした。

『レス~幸せなんてなかった~』後編 感想

幸せの形は人それぞれですが、胸が痛いラストでした。

会社の後輩が夫と付き合っていると知ったシーンがすごく残酷で、

リアルで衝撃的でした。

*まとめ*

『レス~幸せなんてなかった~』後編のネタバレを紹介しました!

幸せって目に見えなくて感じるものだから、手に入れるのも難しいですが、

考え方次第で意外とすぐに手に入るものなのかもしれませんね!

『レス~幸せなんてなかった~』
今すぐ無料で試し読み!!