ヒューマンドラマ

マッチング・ウィズパレード【ネタバレ3話】イケメンとデート

『マッチング・ウィズパレード』アラサーひなこは友人の勧めでマッチングアプリに登録します。それほど期待はしていませんでしたが、なんと奇跡のように条件が揃ったイケメンの春斗とデートをすることになり、、、。

3話では、美月がマッチングアプリでイケメンの洋介と出会います。

美意識高い系の美月が彼と初デートに出かけますが、、、?

『マッチング・ウィズパレード』3話のネタバレを紹介します!

\最新刊★独占先行配信!!/
BookLive公式サイトへ

『マッチング・ウィズパレード』3話 ネタバレ!

マッチングアプリ『ウィズパレード』

ニックネーム:みー(27) 東京在住

職業:美容部員

結婚歴:なし

理想のタイプ:美意識が合う人

結婚相手の条件はイケメンであること。

見た目に気を遣える人は、

美意識も合うし、

モテる人は言動も洗練されている。

喧嘩してもキレイな寝顔を眺めれば、

なんとなく許せるし、

一生一緒にいるからこそ顔は大事と思って、

数々のイケメンにいいねをしてきた美月ですが、

やっとマッチングしました。

ニックネーム:洋介(26) 東京在住

職業:建築系

美月にとってすごい好みのイケメンです。

ドキドキしながら挨拶のメッセージを送ってみます。

返信が来ないまま20分、、、90分と経過した時でした。

やっと洋介からの返信がきました。

初めまして、よろしくお願いしますと

待たされた割に、超あっさりのメッセージでした。

イケメンだし、引く手あまただろうから、

望みは薄いかと思いましたが、

美月は続けてメッセージを送ってみます。

マッチングが初めてだということ、

緊張していること、

楽しくお話したいことを伝えます。

すると、洋介もこういうやりとりは初めてで、

不慣れなのだと返信が届きます。

美月は”不慣れ”という言葉が信じられず、

遊んでませんアピールじゃないかと疑います。

文章がそっけないし、

相手のテンションが分かりにくいため、

あんまり真剣ではないのかもと気を落としますが、

こんなイケメンは放流するのが惜しい美月は、

本人かどうか不安なので、

写真を何枚か送って欲しいと伝えます。

30分経過しましたが返信が届きません。

釣りだったのかとがっかりしたその時、

通知オンが鳴りました。

写真は苦手だと言って、

他撮り、無加工の写真が3枚ほど届きました。

美月はあまりのイケメンぶりに感激します。

本物のイケメンだと確信しました。

そして、親友の桜とひなこにも連絡すると

二人とも喜んでくれました。

美月はマッチング一人目で大当たりなんてそうそうないし、

期待してないでおこうと自分にブレーキをかけておきます。

それでも、どこか浮き足立ってしまう美月。

仕事にも気合が入りますが、

その後、洋介からの連絡はなく、

会話も止まったままです。

化粧品売り場にやってきた一人の女性が、

新色のリップを試します。

すると、子供を抱っこした旦那さんがやって来て、

似合っているから買うといいよと促します。

美月はそんなご夫婦を見て素敵だなと思いました。

今までそれなりに彼氏はいたけれど、

結婚まで踏み切れる人とは出会わなかった美月。

振られる理由は、

美月が悪いわけじゃないんだけど、、、

食事と美容とか意識高すぎて息が詰まる、、、

結婚するって考えると疲れる、、、

過去を振り返ってみると自分が選ばれなかっただけだと気づきます。

そして、洋介にもう一度連絡をしてみます。

「いきなり写真を送ってとか失礼でしたね、

気を悪くされていたらすみません。」

すると返信が届きました。

「会話を止めてしまってすみません、

顔が見えないやり取りだと

なんて言ったらいいかわからなくて、、、」

美月は自分が嫌われていたわけではないと分かり、

直接会ってお話しませんかと誘ってみることにしました。

すると、今までにない即レスで日にちの打診がありました。

騙されているのではないかという気持ちもありますが、

せっかくのチャンスなので、

勇気を出して会ってみることにしました。

土曜日13時渋谷でランチをすることになり、

お店は洋介が探してくれることになりました。

美月は週末のデートに向けて、

夜な夜なランニングをしてシェイプアップします。

エステも予約しようか迷うほどです。

相手はモデル並みのカッコ良さだから、

そこに少しでも近づきたいのです。

美月は学生の頃から、真面目で、

実行委員をやるほどの優等生でした。

最善を尽くさねばと気合が入ります。

洋介からランチのお店の予約ができたと連絡が入ります。

自宅で筋トレ中だった美月は、

洋介からのメッセージを読んで、

さらに腹筋をワンセット追加します。

やっぱりイケメンは行動がスマートで、

モテる人はリードしてくれるから助かるし、

お洒落なお店やスポットにも詳しいのだろうなと、

美月の妄想が膨らみます。

そして、待ちに待った土曜日です。

髪型も服装もバッチリと決めた美月は、

鏡を見ながら香水をふりかけて、

デートへと向かいます。

いざ、勝負!

美月は気合十分です。

待ち合わせ場所に先に到着した美月は、

あたりをキョロキョロろ見回します。

すると、とりわけ長身でスタイルの良い男性と目が合います。

その男性はマスクをつけていて顔がわかりません。

スタスタとこちらに向かって歩いて来ます。

もしかしてこの人が、、、美月はときめきます。

「みーさん?」

「はいっ!!!」

加賀洋介です。

藤島美月です。

二人は挨拶を交わし、お互いを確認します。

美月はすっかり洋介に見惚れてしまいました。

顔良し、スタイル良し、はにかんだ笑顔良し

美月はマッチングアプリに感謝をしました。

そして、二人はお店へと向かいます。

すると、着いた場所は、

ファミレスでした。

ここを予約って意味が分かりません。

以前、職場の先輩に連れて来てもらって、

安くてうまくて感動したのだと、

目を輝かせながら洋介が話します。

美月はがっかりします。

どう考えてもビジュアルとファミレスが合いません。

もしかしてファミレスとか行かない富豪なのかと質問すると、

洋介は普通の庶民だと答えます。

そして、昼飯は安くて美味いが正義だと言います。

美月はマッチングの顔合わせで、

ファミレスはないだろうとがっかりします。

今日の日のために頭の先から爪の先まで、

入念に手入れをして来た美月は、

怒りが込み上げて来ました。

洋介は無邪気にメニューを選んでいます。

そしてとうとう美月は、

「おいコラ顔面詐欺!!」

と暴言を吐いてしまいました。

アラサーで婚活中なのに、

中学生みたいなデートコースは許せません。

「バカにしてんの!?」

と怒りを爆発させますが、、、?

『マッチング・ウィズパレード』3話 感想

待ちに待った顔合わせ場所がファミレスだとがっかりしますね。

とはいえ、初対面で「顔面詐欺」といきなりブチギレる女性は、

もっとやばい気もします、、、汗

外面だけではなく内面も綺麗になりたいところですね。

*まとめ*

『マッチング・ウィズパレード』3話のネタバレを紹介しました!

洋介はキレた美月にどのように接するのか、

美月の恋の行方はどうなるのか楽しみです。

\今すぐ無料で試し読み!!/
BookLive公式サイトへ