漫画ネタバレ

メガネと欲情【ネタバレ5話】ライバルは元カレ

『メガネと欲情』
失恋してヤケ酒を飲んでいる時に見てしまったのは、色っぽい課長の裏の姿・・・。課長がメガネを外すのはキスをする時で、その姿に主人公は欲情してしまいます。課長との体の関係が始まって・・・?

今回の主人公は、大手会社で働くキャリアウーマン。

しかし、ライバル視している同期の男性が営業成績がよくて猛烈に気分が悪くて・・・?!

 

『メガネと欲情』5話のネタバレを紹介します!

\新規登録限定50%OFFクーポン☆/
コミックシーモア公式サイトバナー

『メガネと欲情』5話 ネタバレ!

カジュアルレストランを全国展開する会社の直営事業本部第二営業部に

主人公は勤めています。しかし、この度ずっとライバル視してきた同期の鳥海が

新規事業立ち上げメンバーとして抜擢され、異動することになってしまいました。

鳥海とはずっと競い合ってきたのに、勝手に移動してあげく出世することになり

主人公は猛烈に腹が立っていました。

・・・実は主人公と鳥海は1年前まで付き合っていました。

同期で同じ部署なので相談し合ったあり、一緒に居る時間も多く、

自然と恋人関係に発展しました。

けれど、仕事を進めていく中で鳥海と自分を比べるようになってしまった

主人公は負けたくなくて、そのせいで喧嘩が多くなり結局別れてしまったのでした。

ある日、主人公が担当のT師の直営レストランがこれ以上赤字が続くと

閉める事になりそうだと課長に言われてしまいました。

とてもいい店で、従業員一番となって頑張っている店なので

主人公は課長に「待ってください!」と反論しました。

じゃあ赤字回復のための何か案でもあるのか?と聞かれた主人公は、

苦し紛れに「あります!」と嘘をついてしまいました。

じゃあ今すぐ企画書を持って来てと言われてしまった主人公は、

あたふたしながら店長と相談してから課長に提案すると約束しました。

しかし、どう考えてもそんな案なんて思いつきません。

どうしよう・・・・主人公が落ち込んでいると、それに気づいた鳥海が

大丈夫か?と心配してきました。しかし、気の強い主人公は「ほっといて!」と

言って直営店にまず向かってみる事にしました。

その店は都心から車で1時間の所にあり、周りは民家も少なく自然が多い場所にあります。

挨拶をして店長に最近の客足の事を聞くと、ディナーの時間

なのにガラガラだと聞かされました。周りをちょっと見て回ろうと庭に行くと、

手入れが行き届いていないため雑草が生え放題になっていました。

最少人数のスタッフでやっているので手が回らないのは分かりますが、

これはマズいと主人公は思いました。

駅からも遠く、交通アクセスも良くないこの場所は

始めは南欧フレンチレストランをコンセプトにして客が入っていました。

しかし、数年も経ち目新しさがなくなると段々と客足が遠のいてしまったのです。

そもその事業計画に甘さがあったんじゃないの!?と主人公は思いますが、

今更なんて言ってもしょうがないので諦めていました。

庭の草むしりをしながら横たわり、上を見上げると満天の星空が広がってました。

それを見た瞬間、主人公は「これだ!」とあることを思いついたのです。

週末、主人公は企画書に「星の見えるレストラン」をコンセプトにして

集客してはどうか?という案を課長に提出しました。

月食などの時は天体ショーなどをしてはどうか?とドキドキしながら

話すと、課長はもう一声なところまでうなってくれました。

あとどうしたら・・・そう思っていると、後ろで2人の話を聞いていた鳥海が

「面白いんじゃないですか?」と援護射撃をしてくれたのです。

鳥海のおかげでその話は進み、リニューアルに必要な予算については

課長が部長に相談してくれることになりました。

その後、主人公は鳥海と2人きりになった時さっきはありがとうとお礼を言いました。

でも敵に塩を贈られたままじゃ嫌なので、近いうちに借りは返すと言うと、

鳥海は前から気になってたんだけど自分たちは敵同士じゃなくて

同じ職場で働く仲間なんだから、いがみ合うんじゃなくて助け会うのが普通だと

言われてしまいました。「助けたかったから助けたまでだ」と言われた主人公は、

昔と考えが変わったんだな~と思い、ドキッとしました。

ーーーその日から主人公は大忙しで、レストランのホームページをリニューアルしたり、

チラシの作成、スタッフとともに天文の勉強など必要な事を一気に取り掛かりました。

その間に鳥海は移動しあまり見かける事もなくなりました。

いよいよリニューアルオープン前日、主人公は疲れの限界が来ていました。

レストランの営業時間外に残った整備をしようと庭で仰向けに寝転んでいると、

なぜか鳥海がやってきて「残ってる所は俺がするから休んでろ」と言われました。

自分がやるし!主人公はそう言い返しましたが、いいから座っとけと強く言われ

言葉に甘えることにしたらいつの間にか眠ってしまっていました。

次に起こされた時目の前に広がっていたのは、綺麗に整備された庭と鳥海の背中だったのです・・・。

 

『メガネと欲情』5話 感想

勝手にライバル視してたけど、鳥海は主人公のことを気遣ってくれる

めちゃくちゃいい人でしたね。仕事が忙しくなって別れた後も、

鳥海は主人公のことを好きでいてくれたんじゃないか?そう思いました。

だって仕事後の時間帯に気にならない相手の手伝いなんて来ます?

しかも都心から車で1時間の所にですよ?絶対これは復縁の可能性大だわ!!

*まとめ*

『メガネと欲情』5話のネタバレを紹介しました!

リニューアルオープンの前日、主人公の事が気になって夜遅くに

鳥海は手伝いに来てくれて・・・?次回の話の続きが気になります。

メガネと欲情アイキャッチ画像
メガネと欲情【無料】で読みたい!あなたの悩みを解消します!メガネと欲情【無料】で読みたい!あなたの悩みを解消します!表面上しか見てくれない同僚の中で、気になっている課長だけが、きちんと内面まで見て評価してくれた!そんな課長と新人OLの恋の行方は???あなたの夜の顔に、私は欲情するのです…...