漫画ネタバレ

明治蜜恋ロマン【ネタバレ1話】人生を変えた事実

『明治蜜恋ロマン』子爵一ツ橋家に生まれたあやは、幼い頃に自分が妾の子だと知ってしまう。肩身の狭い状況で、育ての親に疎まれつつ女中の様に働く日々・・・。ある日、街に出かけた先で運命を変える男性に出会って・・・?!

普通に生活をしていたある日、母親だと思っていた人に「お前は妾の子だ」と

言われてしまい・・・?!

『明治蜜恋ロマン』1話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『明治蜜恋ロマン』1話 ネタバレ!

時は明治・・・生まれ落ちた家柄によって人生が大きく左右される時代に、

あやは次女として子爵一ツ橋家に生を受けました。

しかし、自分の出征の秘密を知った幼きあの日から

あやの運命は大きく変わってしまいました。そう・・・母親だと思っていた人は

自分の本当の母親ではなく、自分は妾の子であるということを知ってから・・・。

姉妹として仲良くしていた初子と自分とでは態度が違うと

少し違和感を感じつつも、直接そう言われるまでこの家のちゃんとした子だと

信じていたあやでしたが、普通にこれからは過ごせないと思い、

一ツ橋家で女中として過ごすようになりました。

母親に認めてもらうために初めた女中の仕事ですが、一度として褒められた事はありませんでした。

この家では父親の言うことが一番で、そして次に母親であり

2人に認められるまで高等小学校に行きたいだなんて我儘は言えません。

初子は相変わらず優しくて、あやには好きなように生きて欲しいといつも言ってくれていました。

そんな初子の恋人は庶民の出の人で、家族と庶民では身分が違うので

2人の関係が母親に知られては大変だと思い、あやは初子に入れ替わり出かけるようにして

変な噂が立たないようにしていました。

帰還者が通るころに神社で待ち合わせることにして3人は別れ、

あやは1人待ちをウロウロすることにしました。

橋を渡った所には「津田紡績」の立派な屋敷があり、なんでも跡取りの

副社長が経営を行うようになってから海外との取引が増え、

国も注目していると聞いていました。

自分なんかとは住む世界が違うんだろうな~と思いながら、

これから一生女中として働くしかないと思うと、気が重たくなりました。

そうそうしているうちに、待ち合わせの蒸気機関車の汽笛の合図が聞こえてきました。

「いけない!」慌ててあやは初子と待ち合わせしている神社へ走って向かいました。

すると、目の前に通りかかった人力車に引かれそうになり、

その場で倒れると人力車から男性が降りてきました。

男性は長身で整った顔立ちをしており、少し怪我をしているあやに

「大丈夫かい?」と優しく声を掛けてきたのでした。

 

『明治蜜恋ロマン』1話 感想

普通に生活していたのに、ある日母親に「お前は妾の子だから」と

酷くぶたれてしまったあや。まさかの出来事に唖然としてしまいます。

突然そんな事言われたらどうしていいか分からないですよね・・・。

妾の子って・・・まぁお金持ちだし、当時はよくあった話なんでしょうが、

そんな酷い仕打ちをしなくてもいいのにと思っちゃいます。

一生女中で暮らしていくしかない・・・そう思った矢先、なんだか

お金持ちそうな男性との運命の出会い!?この男性は一体なにものなんでしょうか?

*まとめ*

『明治蜜恋ロマン』1話のネタバレを紹介しました!

人力車に引かれそうになったあやに優しく手を差し伸べるこの男性は・・・?

次回の話の続きが気になります。

明治蜜恋ロマンアイキャッチ画像
明治蜜恋ロマン【無料・お得】に読みたい!を調査!!明治蜜恋ロマン【無料・お得】に読む方法を調査!あなたの悩みを解消します!幼い頃に自分が妾の子だと知ってしまった、没落華族の令嬢・あや。16歳になったあやは、亡くなった姉の身代わりに、日本経済をけん引する紡績会社の御曹司・行基と政略結婚することに…...