ファンタジー

ネタバレ3話『身に覚えのない理由で婚約破棄されましたけれど、仮面の下が醜いだなんて、一体誰が言ったのかしら?』婚約条件

『身に覚えのない理由で婚約破棄されましたけれど、仮面の下が醜いだなんて、一体誰が言ったのかしら?』 国の第一王子から婚約破棄を告げられた仮面の侯爵令嬢・カティア。しかもそれは彼女にとって覚えのないことが理由で・・・?

実はカティアとクロムラインは本当の兄妹ではなかった!?

由緒正しき家の一人娘として生まれたカティアとクロムラインの関係とは・・・?

 

『身に覚えのない理由で婚約破棄されましたけれど、仮面の下が醜いだなんて、一体誰が言ったのかしら?』3話のネタバレを紹介します!

『身に覚えのない理由で婚約破棄されましたけれど、仮面の下が醜いだなんて、一体誰が言ったのかしら?』
今すぐ無料で試し読み!!

『身に覚えのない理由で婚約破棄されましたけれど、仮面の下が醜いだなんて、一体誰が言ったのかしら?』3話 ネタバレ!

カティアの曽祖父である大祖父は子だくさんで、カティアは大勢の

従兄弟たちに囲まれて暮らしていました。

その中にクロムラインはおり、カティアとは「従兄妹」の関係でした。

血筋なのか女性が生まれにくい家系のため、カティアは大事に大事に一族の中でも育てられました。

ある日、ちょっとした出来事がありクロムラインだけ王国に在住しなければならなくなり、

クロムラインを慕っていたカティアは12歳の時に一緒について行くことを決めたのでした。

そんなある日、王国に来たまだ仮面をつけてないカティアを見て一目惚れしてしまった

幼き日の王子に求婚されてしまったのです・・・!

考え無しの宣言に頭が痛くなりましたが、王国との関係強化とちょっとした

腹いせであろう”王命”により、そのまま正式に王子と婚約させられたのでした。

(まぁやってきたのは仮面令嬢だったので、あの時一目ぼれした女の子とは

王子は分かっていなかったみたい)

カティアの家のしきたりとして14歳までは仮面の着用を義務付けられており、

女性のカティアが渡されたのはフルフェイスの仮面でした。

14歳の時に外す予定でしたが、12歳の婚約の際に国王から出された要求が2つあり

①成人するまで家族又は家族として自信が認める者など親しい者の前以外で仮面を取ることを禁止する

②成人まで国外に出ることを禁ずる

でした。この2点のせいでカティアはこないだまで仮面を着用することを

義務付けられていたのでした。

その要求を出された際にクロムラインが少し考えて条件付きで手を打ったのですが、

その内容はカティアから婚約破棄を求めることが出来る項目を複数用意し、

そのどれかに触れた場合即刻婚約破棄といった内容でした。

①王子が正当な理由なくカティアを非難した時

②王子が話の過失によりカティアに害が及んだ時

その2点の条件を飲むならそちらの条件を飲もうというと、

国王は王子が抵触する可能性は微塵もないとおもったのか即決してきました。

しかし、今回の婚約破棄騒動で全部違反してきたのは王子側だったのです。

12歳から婚約破棄されるまで王妃教育を受けましたが、

カティアは王子に微塵も興味がありませんでした。

カティアとしても王子が何かやらかしてくれるか、または婚約を無かったことに

してもらいたかったので歩み寄りの精神はあまり持ち合わせてなかったのです。

でも王子はこちらを嫌ってるくせに一向に婚約破棄をしてこなったのです・・・!

どうやら友好のために婚約という事実は理解していたのか、

王子としては正しい判断をして婚約したままだったのでした。

しかし、個人の感情で一方的に責めたてカティアの疑惑など王子はきちんと

調べませんでした。ちゃんと調べたなら虚偽であると分かったはずなのに

それをしなかった王子をカティアはバカだな・・・と思っていました。

12歳で初めて対面した際、王子はカティアの素顔を見てそのまま求婚してきました。

でもつい前日王子は目に見える美(アメリ)に食いつき、その手を取りました。

成人式では仮面を取ったカティアと知らずにダンスを申し込んできて、

その後カティア本人だと知って愕然としていた王子に、見た目は美形王子なのに

その行動は果たして美しいのだろうか?とカティアは思いました。

その後、長々綴った”手紙”を魔法でとある方に送り、カティアは今日も異国の地で

楽しく過ごすのでした。

 

『身に覚えのない理由で婚約破棄されましたけれど、仮面の下が醜いだなんて、一体誰が言ったのかしら?』3話 感想

カティアの家系は14歳まで仮面をするっていう伝統?があるんですね。

クロムラインは片方だけ仮面なので、その美しさはバレバレだけど

女性のカティアはフルフェイスって酷だよね。日本でいう鉢かづき姫みたいだなって

思いました。っていうかクロムラインは従兄妹だったんですね~。

じゃあ、カティアが恋しているのはクロムラインってことなのかな?

だって12歳でクロムラインについてく!って言うぐらいだから、

そう感じちゃいますね。王家と公爵家でちゃんと条件を交わしていたのに、

バカ王子が一瞬にしてその条件を破ったから、これは真っ当な婚約破棄理由になりますね。

こんな息子をもって国王が不憫だ・・・(苦笑)。

*まとめ*

『身に覚えのない理由で婚約破棄されましたけれど、仮面の下が醜いだなんて、一体誰が言ったのかしら?』3話のネタバレを紹介しました!

カティアが手紙を送った相手とは誰なのか?気になるぅ~!!

次回の話の続きを見るのが楽しみです!

『身に覚えのない理由で婚約破棄されましたけれど、仮面の下が醜いだなんて、一体誰が言ったのかしら?』
今すぐ無料で試し読み!!