ファンタジー

ネタバレ6話『身に覚えのない理由で婚約破棄されましたけれど、仮面の下が醜いだなんて、一体誰が言ったのかしら?』真実

『身に覚えのない理由で婚約破棄されましたけれど、仮面の下が醜いだなんて、一体誰が言ったのかしら?』 国の第一王子から婚約破棄を告げられた仮面の侯爵令嬢・カティア。しかもそれは彼女にとって覚えのないことが理由で・・・?

これからアメリの公開処刑が始まる・・・。自分は王子の婚約者だからと

主張するアメリに王子はどのような反応を示すのか・・・?

 

『身に覚えのない理由で婚約破棄されましたけれど、仮面の下が醜いだなんて、一体誰が言ったのかしら?』6話のネタバレを紹介します!

『身に覚えのない理由で婚約破棄されましたけれど、仮面の下が醜いだなんて、一体誰が言ったのかしら?』
今すぐ無料で試し読み!!

『身に覚えのない理由で婚約破棄されましたけれど、仮面の下が醜いだなんて、一体誰が言ったのかしら?』6話 ネタバレ!

アメリが王子に助けを求めるも、王子は目を背けたままです。

帝国の皇族にも大変な不敬を働き、カティアに不敬を働いた時点

最初からこの場においてとがめられる罪人だとクロムラインが言うと、

自分は侯爵令嬢だからすぐに婚約者として指名されるだろうし、

カティアは公爵令嬢だけど自分は王太子妃になるから、

そうすれば自分の方が身分は上になるんだとアメリは持論を展開し始めました。

哀れなアメリの前でカティアの本当の身分を明かすことにしたクロムラインは、

自分の従妹にして帝国の現皇帝陛下の曾孫で唯一の姫君だと説明しました。

つまりアメリはずっと隣国の皇族に対して喧嘩を売っていたということになり、

何かの間違いで王太子妃になった所で所詮は公爵令嬢なんだと丁寧に説明すると、

やっと自分のやって来た事がどれほどおこがましいことだったのか理解した

アメリは項垂れました。

そんなアメリを警備兵が捕まえ、刑罰は舞踏会が終わり次第に決めると伝え

王宮の牢屋に連れて行きました。

どうしようもない男好きは冷気上確かに存在しますが、皆名を残せる女傑でした。

けれどアメリはそうなれません。

もし名を遺すなら淑女の鑑としてではなく、最も淑女から遠い罪人としてだろうと

カティアは思いました。

ーーー罪人が会場を退場したところで、舞踏会が始まりました。

カティアがクロムラインと踊り終わった後、王子が今までの非礼を謝罪してきました。

今回はカティアやクロムラインが自ら間違いを証明できる実力者であったから

この程度に収まってに過ぎないが、これがもし生粋のこの国の貴族であったなら、

罪なき者を罪人にして自分はアメリの言うがままに愚王として歴史に名を残していた

だろうと王子は言いました。

他の貴族たちに聞こえない様に謝意は口頭で伝えて頭は下げない王子として

の正しい振る舞いをする彼を見て、躍らされていなければ

この王子は確かに有能なのだろうとカティアは思いました。

そんな王子に今度は間違いないようにくれぐれも気をつけてとカティアは忠告し、

アメリのことはもういいのか?と聞きました。

王子は少し考えると、アメリの事は確かに愛していたし自分の初恋だと信じていたから

卒業式の日もかばい続けたんだと話し始めました。

しかし成人式でかアティアの素顔を見てアメリは自分の初恋の相手ではないことに

気付き、自分は初恋に執着していただけで愚かだったと言いました。

王子は自分にカティアが興味がないことは知っているからもし許されるなら

友人になってくれないか?と言いました。カティアは去る際に振り返り

その申し込みを受け入れますと返しました。

ーーーあれから1ヵ月が経ち、長らく続いた騒動は一段落しました。

その後、王子はクロムラインが推薦した伯爵令嬢と婚約し、

それなりに仲良くやっているみたいです。

ある日、カティアは牢屋に入れられているアメリに会いに行きました。

罪人の処分も決まったのでカティアはクロムラインと帝国に帰ると挨拶に来たのでした。

カティアは「おにい様も知らない秘密・・・1つだけ教えてあげましょうか?」

アメリに言うと、学園に編入する前に出たパーティを覚えているか?と聞きました。

王子を自分のものにできるという確信を持ったのは、間違ってアルコールを

飲んでしまった貴女の介抱をしてくれたある女性が

ある情報を与えてくれたのではないか?とカティアは言うと、

魔法で自分の顔を変え、「こんな顔じゃなかったですか?」と言いました。

その顔を見たアメリは青ざめ、この顔の人物は

「カティアの仮面の下は目も当てられないほどに醜い」と言ったんじゃない?

と言うと、「ひ・・・」と驚いた顔をしながらアメリは後ずさりしました。

そう・・・婚約破棄をしたいと思っていたカティアはアメリを最初から

駒として使い、嵌めたのでした・・・。

アメリはそれに気づき、自分は躍らされていただけなんだと不気味に笑いました。

そんな彼女を見て、カティアはあそこまで壊れれば心神喪失で減刑されるだろうし、

子爵家の領地に戻り余生を過ごせるだろうと思いながらその場を去りました。

これは利用してしまった可哀想なアメリに対しての最後の恩情でした・・・。

 

『身に覚えのない理由で婚約破棄されましたけれど、仮面の下が醜いだなんて、一体誰が言ったのかしら?』話 感想

すっきりしたぁ!!けど、カティアが怖い・・・(震)。

最初からカティアによって仕組まれた茶番だったんですね(汗)。

さすがとしか言いようがありません。王子と結婚したくないけど

婚約破棄を言い出してくれない・・・どうしようと考えていた時に、

アメリが登場してこれを利用するしかないと思ったようです。

すげぇな・・・最初から最後まで誰も気づかない・・・怖っ!!

絶対敵に回したら駄目な人じゃん!!

*まとめ*

『身に覚えのない理由で婚約破棄されましたけれど、仮面の下が醜いだなんて、一体誰が言ったのかしら?』6話のネタバレを紹介しました!

罪人アメリは裁かれた。しかし、それを仕組んだのはカティアだったという真実!

めちゃくちゃ怖いやないかい!次回の話の続きが気になります。

『身に覚えのない理由で婚約破棄されましたけれど、仮面の下が醜いだなんて、一体誰が言ったのかしら?』
今すぐ無料で試し読み!!