漫画ネタバレ

みんなに言えないことがある【ネタバレ1話】友達ってどうやって作るの?

『みんなに言えないことがある』誰とも深く関わる事を避けている転校生・堂島祥子。祥子の回りに集まるメンバーもそれぞれに秘密を抱えている。ある日、校長に「友達を作れ」と言われて、青春はよきせぬ展開に・・・?!

転校してきてから1人で誰とも話さずいると、隣の席のイケメンが

なぜか馴れ馴れしく話しかけてくる・・・!もう鬱陶しい!と思っていると、

校長に「1週間以内に友達を3人作れ」という指令を出されて・・・?!

『みんなに言えないことがある』1話のネタバレを紹介します!

『みんなに言えないことがある』
原作:兎山もなか★独占先行配信

『みんなに言えないことがある』1話 ネタバレ!

転校して同じクラスになって1週間が経ち、隣の席のイケメン・折橋聡太朗はなぜか

祥子に絡んで来るので鬱陶しいと思っていました。

最初は放っておけばいいと思っていましたが、なまじ顔がいいだけに

変な注目を浴びてぶっちゃけ迷惑をしていました。

なんで転校してきたの?と聞かれますが、「ここしかなかったから」としか

祥子には答えられません。ある日、聡太朗に「誰にも深く関わるつもりはない」

と言い放った事を知られ校長室に呼び出されました。

そんな事言ったらクラスから浮いてしまうし、普通の女子高生はそんな事言わないよと

言われ、恋がしたくなったら自由にしたいいんだからねと言われました。

「”できない”と知ってるくせに意地が悪いです」と祥子が言うと、

まぁ恋をするより先に1週間以内に友達を”3人”作らなければ

分かるよね・・・?と脅されてしまいました。

困った祥子はクラスに戻り、辺りを見回しましたが苦手なタイプばかりで

頭が痛くなりました。1人ずつ声をかけて行くしかないか・・・と思っていた矢先、

教室の端っこで1人本を読んでいる女の子・佐藤桃が目に止まりました。

見た目は良い感じに地味で性格も大人しそうだしちょうどいいと思いながら

桃に近づいて行って、「よかったら友達になってくれない?」とお願いすると、

丁寧に断られてしまいました。まさかの断られるパターンに祥子はショックを隠せません。

誰かと友達になって群れるとかそういうのが嫌いなのかな・・・と

思っていると、後ろから聡太朗に話しかけられました。

彼ならすぐに友達になってくれるかも!そう思いましたが、

やっぱり友達くらいは相手を選びたいよね・・・と思って声をけませんでした。

この学校に来て暫く経つけど相変わらず1人なんだね~と言われてしまったので、

仲良くなりたいと思ってる人は1人だけいるんだけど

友達の作り方を忘れてしまったのかうまくいかないんだと話すと、

忘れちゃったんじゃなくて元々ヘタなだけじゃない?と言ってきたので、

カチンときた祥子はいちいち癪に触る事言うのねと睨みました。

そして聡太朗といると目立って困るから近づかないでと言ってその場を去ったのです・・・。

確かに元から友達を作るのがヘタで社交的ではないし気の利いた事も言えませんが、

校長の言いつけを破るわけにはいかないのです。

ーーーその頃、聡太朗は目の前を通りかかった桃に話しかけました。

どうして祥子と仲良くしないんだ?と聞くと、

「あの人とっても失礼なんですよ!」と答えてきました。

あんな綺麗な子が近づいてくるからおかしいな~と思ったら、

自分を選んだ理由が「地味だしこいつにしとくか」みたいな感じだったから

腹が立ったんだと桃は話しました。でも別に嫌いってわけでもないんだけどね・・・と

ボソッと桃が言うので、そもそも地味だって直接言われたの?と聡太朗が

不思議に思ってそう聞くと、桃はそうではないけど・・・と言いにくそうに

モゴモゴし始めました。無理強いはしないけど祥子は良い子だと思うよと聡太朗は言い、

すっきりしないんなら屋上にのぼってみるのがいいかもよとアドバイスをしました。

何か発見があるかもと聡太朗が言うので、なにそれ~と桃は笑いました。

まぁ神様のお告げってやつ?と聡太朗が変な事を言うので、まぁ天気もいいし

行ってみようかなと桃は思いました。

ーーー放課後、祥子はため息をついていました。今日1日手あたり次第

声をかけてはみましたが、断り続けられもう友達というのを

どうやって作ったらいいのか本当に分からなくなりました。

掃除を終えて教室へ帰ると、桃がそこにいました。

昼間は急にゴメンと謝ると桃は「さっちゃんって呼んでもいいかな?」と言ってくれ、

友達になってくれると言うのです!

たった1日の内にどういう心境の変化何だろう?と祥子は驚きながら、

少し嬉しくて「よろしくね」と笑顔で返しました。

その後、聡太朗が桃と入れ違いに教室に入ってきて嬉しそうな顔をしている祥子に

どうしたの?と聞いてきました。桃が友達になってくれたと言うと、

よかったじゃん!と言ってくれました。

校長に言いつけられたのは1週間以内に3人の友達を作る事なので、

達成までこの調子でどんどん人数を増やしていこう!と祥子は自信が持てました。

そしてなんだかんだ気にかけてくれる聡太朗をチラっと見て、

彼が友達っていうのも悪くないかもしれない・・・と思えるようになり、

「あなたも友達になってくれたら・・・」と恥ずかしそうに言うと、

「君の友達だけは死んでもごめんだね」とニッと笑いながら言われ、

死んでもゴメンってかなり否定的じゃん!と落ち込みました。

すると・・・聡太朗は後ろから祥子に気付かれない様に

祥子の綺麗な長い黒髪を一筋すくい上げ、そこにキスをしたのです!

「何かした?」と祥子が振り返って聞くと、「何も」と聡太朗は笑顔で言いました。

この時祥子は普通の青春がこれから始まるような気がしていましたが、

その後あんなことになるとはまだ知る由もなかったのです・・・。

 

『みんなに言えないことがある』1話 感想

なんで校長がこんなに祥子のことを気にかけるのでしょうか?

2人はどんな関係?そこが気になる・・・・。

何か秘密を抱えてこの学校に転校してきた祥子ですが、友達を作れという指令を受けて

まずは桃に話しかけます。というか、祥子の心の声を桃聞こえてない!?と

思ったのですが、なんか特殊能力者なのかな?そして聡太朗も最初から祥子に

興味ありで近づいて来てるのに友達になりたくないってどういうこと?

謎すぎる1話を読んでこの先どういう話になっていくのかまだ予想できませんね~。

*まとめ*

『みんなに言えないことがある』1話のネタバレを紹介しました!

1週間で友達を作れという指令にまず1人目の友達・桃をゲットした祥子。

あと2人は誰が友達になってくれるの?!次回の話の続きが気になります。

『みんなに言えないことがある』
今すぐ無料で試し読み!!